2006年01月03日

箱根駅伝と「ミッション」の関係

こんばんは、「午後から社労士」です。

今年の箱根駅伝は、亜細亜大学の終盤の逆転初優勝という大
サプライズで幕を閉じましたが、ここで話題にするのは箱根
駅伝の結果等ではなく、箱根駅伝と「ミッション」の関係を
書きたいと思います。

箱根駅伝の最大のミッションは「タスキを全10区間つなぐ
こと」です。タスキがつながらないと優勝もなければシード
権確保という結果もないからです。この「タスキをつなぐ」
ために毎日厳しい練習をこなし、予選会を走り、出雲などの
駅伝を走り、その結果選ばれた10人プラスαの選手はその区
間をしっかり走りきることでタスキをつなぎ、選ばれなかっ
た選手は走る選手のサポートをすることで心の中でタスキを
つなぐことをしています。だからこそ全部員の魂の象徴であ
るタスキをつなぐことが「ミッション」として捉えることが
できるのだと思っています。今年は8区で順天堂大学の選手
が脱水症状になって走るのがやっとという状況になりながら
も何とかタスキをつなぐことができたのは、この「ミッショ
ン」を達成しなければならないという強い意思があったから
こそできたのだと思います。

話がかなり長くなりましたが、ここからが本題になります。
「あなた(の会社等)のミッションは何ですか?」という質
問に答えることができますか?

「ミッション」はある意味経営理念とほぼ同じ考え方でいい
と思いますが、「〜することで最良の結果を生み出す」ため
の基本方針である、と考えておいたほうがいいでしょう。よ
い会社等の経営を行うためには、必ずこの「ミッション」が
ないとできません。しかも誰にでもわかるものでなければな
りません。箱根駅伝で言えば上記のとおり「タスキをつなぐ」
です。

上の質問に答えられなかった方、未だに「ミッション」とい
うものを知らなかった方、この記事を読んだことをきっかけ
にして「ミッション」というものを考えてはいかがでしょう
か。「ミッション」について考える際の参考になれば幸いで
す。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。