2006年12月16日

ホワイトカラーエグゼンプション対象者の年収の範囲

昨日の「ボストン・レッドソックス 松坂大輔誕生」に続き、今日も日本人メジャーリーガーが誕生しました。「タンパベイ・デビルレイズ 岩村明憲」です。松坂投手の巨額契約の後ですからどうしても影が薄くなってしまう岩村選手ですが、チームも弱小チームということであまりプレッシャーを感じずにプレーできるのではないかと思います。松坂投手との対戦で結果を残せばそれで注目が集まるでしょうから、早く両者の対決が見たいものです。

今年誕生した日本人メジャーリーガーで共通するのは、日本時代の背番号を継続して背負うことですが「松坂=18、岩村=1」、岡島投手の場合「40→28?」はどうなるのでしょうか。というのも背番号28を背負っていたナックルボーラーのウェークフィールド専用捕手のミラベリ捕手がFAしたもののレッドソックスと再契約したからです。じつはこれが最大の補強ではないかと思っています。ウェークフィールド投手のナックルボールはミラベリ捕手しか捕れないため、今シーズンは今シーズンはパドレスに移籍したもののすぐにレッドソックスに呼び戻されていますから、同じ愚を繰り返さなかっただけでもプラスだと思います。

前置きが長くなりましたが、ここから本題に入ります。何度も書いているホワイトカラーエグゼンプションのことですが、導入するにあたって唯一ペンディングになっていた年収の範囲を厚生労働省が具体的に提示しました。日経新聞からの引用です。

(NIKKEI NETより)

年収800―900万円以上で調整、労働時間規制の除外対象者

 厚生労働省は一定の条件を満たすホワイトカラーの会社員を労働時間規制から外す新制度について、対象者の年収の下限を800万―900万円程度とする方向で最終調整に入る。経済界は年収400万円以上への導入を主張していたが、対象者を絞り込んで働き過ぎや健康管理に対する監視を徹底する。一方、解雇紛争の金銭解決制度は労使合意のメドが立たず、導入の見送りを決めた。

 労働時間規制の適用除外制度(日本版ホワイトカラー・エグゼンプション)は、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)が年内の最終報告を目指し、導入の是非を審議中。労働基準法が定める1日8時間・週40時間を上限とする労働時間規制を一部緩和し、時間に縛られない自由な働き方を可能にするものだ。

(引用ここまで)

ホワイトカラーエグゼンプションに関する過去の投稿

11月9日  「ホワイトカラーエグゼンプションの審議
11月11日 「ホワイトカラーエグゼンプションの審議 続編
11月22日 「ホワイトカラーエグゼンプション 経済団体でも意見対立
12月11日 「ホワイトカラーエグゼンプションの審議 さらに続編
12月14日 「ホワイトカラーエグゼンプション、監督官も6割が反対

ホワイトカラーエグゼンプションの導入の条件で「年収が相当高い者」ということで対象者をぼかしてきたものが具体的になったわけですが、年収800−900万円の労働者は雇用者全体の5%程度にすぎず(経団連が主張している年収400万円以上は雇用者全体の4割程度)、労働基準監督署による監視の徹底も考慮した結果引用記事の年収の範囲になった模様です。

そうなると、「たった5%程度の対象者のために制度を導入するのか」という声も聞こえてきそうですが、そもそも業務上の権限を伴う地位にある労働者自体がかなり限定されるわけですからそういったものと年収のバランスを整合させるのはかなり難しいような気がします。

そろそろホワイトカラーエグゼンプションの導入についての最終報告が労働政策審議会を通して出されますが、その具体的内容がどのように記載されるのか、人事労務に携わる人は目が離せないものと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 13:34| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

NPOの経営感覚は

こんばんは、「午後から社労士」です。

昨日の日経新聞の5面「オピニオン」で伊藤忠商事の
会長である丹羽宇一郎さんがNPOに関心があるという
ことでインタビューに答えていました。具体的な内容
の要約は「マネジメントが弱く、発展するためには経
営手法を導入する必要がある」「利益を上げるNPOを
罪悪視したり、経営を毛嫌いするのはおかしい」「透
明性・情報開示が不可欠であり、企業以上に信頼性が
求められる」「免税措置を受けられるNPOを何百という
レベルまで増やしていく必要があるが、そのためには
企業側の支援と理解が不可欠」「NPO活動は継続性が求
められるから、企業の支援も少額でいいから長くとい
うことを念頭に置いてほしい」ということで、企業マ
ネジメントのトップという立場からNPOについて語って
います。

ということは、経営感覚を持っているNPOが非常に少な
いということの裏返しなのでしょう。NPOといっても、
活動するためには企業と同じく人、モノ、金が欠かせ
ませんし、それらを満たすためにはやはり経営感覚と
いうものは必要なものだと思います。

問題は、上記のことを自覚しているNPOはどれほど存在
するのかということです。おそらく大部分は自覚はして
いると思います。しかしどうすれば経営感覚を持った人
材に出会うことができるか、ということに苦労している
のでは、と考えられます。しかしこの困難を乗り越えな
いとNPOは定着しないと思います。

私も微力ながらNPOの定着が進むように、基本的には労務
の点からサポートしていきたいと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

古田敦也「監督兼選手」の処遇は? その2

こんばんは、「午後から社労士」です。

古田敦也・ヤクルトスワローズ監督兼選手は現時
点では選手会の会員として残るようですね。

(YOMIURI ONLINEより引用)

労組・日本プロ野球選手会の総会が1日、大阪市
内のホテルで開かれ、古田敦也会長(ヤクルト)
の退任を承認し、第6代会長に宮本慎也(ヤクル
ト)を選出した。

 任期は1年。ヤクルトの選手兼任監督である古
田は、引き続き会員としてとどまる。

(引用ここまで)

以前に古田監督兼選手についての処遇について投
稿しました
が、私の考えは投稿時と基本的には変
わっていません。つまり、「監督」としての報酬
を得るような人が、また待遇としても選手とは別
待遇(監督室の存在など)をされている人が「労
働者としてのプロ野球選手」と呼ぶには無理があ
る、ということです。

また、先の投稿のソースである日経新聞で指摘さ
れていた「監督という管理監督者と解釈されかね
ない人が労働組合にいることは問題視されないか」
ということが読売新聞の記事にも書かれています
が、古田氏は「問題になったら考える」と答えて
います。経営側はこのことについて現時点では何
のアクションも起こしていないようですが、将来
的には問題視するアクションを起こす可能性は大
いにありうるので、私としては古田氏は会員を脱
退したほうがいいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

選ばれた人の「使命と倫理」

こんにちは、「午後から社労士」です。

皆さんご承知の通り、ある国会議員兼弁護士が
弁護士法違反で逮捕されました。

(YOMIURI ONLINEより引用)

西村真議員を逮捕…弁護士名義貸し190件


大阪府警に出頭する西村真悟議員 西村真悟・民主
党衆院議員(57)(比例近畿ブロック)をめぐる
弁護士法違反事件で、大阪地検特捜部と大阪府警警
備部は28日、非弁活動に弁護士名義を貸したとし
て、西村容疑者ら3人を同法違反(名義貸し)の容
疑で逮捕した。

 西村容疑者の名義貸しは、1998年5月から計
約190件に上っており、自らの法律事務所元職員
鈴木浩治容疑者(52)(同法違反容疑などで逮捕
済み)に「残務処理」を指示した2000年末以降
も、鈴木容疑者が新たに請け負った事件の受任時期
が明記されたリストで報告を受けていた。特捜部は
リストを押収し、非弁活動の容認を裏付ける物証と
している。

 ほかに逮捕されたのは、政策秘書の佐々木俊夫
(47)と、議員事務所事務員の寺沢秀美(44)
の両容疑者。

 特捜部と府警の調べによると、西村容疑者らは、
鈴木容疑者が弁護士資格がないのに、98年5月〜
昨年2月の間、43件の交通事故の損害賠償請求や
示談交渉などの非弁活動を行っていることを知りな
がら、弁護士の名義を使わせた疑い。

 西村容疑者は逮捕容疑を認めているという。

 佐々木容疑者は、鈴木容疑者から非弁活動の報告
を受けるなどし、寺沢容疑者も加担したという。

 西村容疑者は、鈴木容疑者が非弁活動で得た犯罪
収益から、計約800万円を名義貸しの対価として
受け取ったとされ、特捜部などでは、組織犯罪処罰
法違反(犯罪収益の収受)容疑でも立件する方針。

(引用ここまで)

弁護士法の懲戒は第56条・57条に規定されているとおり
相当重い処分が科せられることになります。上記記事か
ら推測すると相当悪質ですから、例の国会議員兼弁護士
が弁護士会に退会届を提出したけど認められなかったの
は当然といえるでしょう。また、所属政党に離党届を提
出したけど受け入れられず除籍処分を食らったのも当然
でしょう。

さらに例の議員兼弁護士は「議員は続けたい」と言って
いるようです。そのロジックはおそらく、「弁護士とし
てはとんでもないことをしてしまったことに間違いはな
いが、国会議員としては何も間違ったことはしていない」
というロジックだと考えられます。そのようなロジックは
絶対に通用しないと思います。

士業の懲戒について」の最後の方に士業の使命・倫理
観について少し書いていますが、国会議員も士業とほぼ
同様に「選ばれた」人です。選ばれた人としての使命・
倫理感が存在するはずです。彼は近畿比例ブロック当選
ということでそのエリアの「所属政党」と投票してもら
った多数の有権者に対して背信行為をしたのです。背信
行為をした以上、議員を辞めるのが当然のロジックであ
ると考えます。

例の建築士の件もそうですが、今回の件も「選ばれた人
の使命・倫理とは何か」ということを本当に考えさせら
れます。私も一応「士業」を名乗っている以上、気を引
き締めなければならないと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

研修旅行は・・・

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は先日セミナーに参加したオンリーワンフォーラム
からメーリングリストのお誘いがあり、早速参加させて
いただき、投稿もさせていただきました。先日初めて参
加しただけなのにこういう形のものに参加させていただ
けるのは非常に嬉しい限りですし、こういうチャンスは
絶対に逃してはならないな、と思いました。

今日は18日・19日に参加した川越支部の研修旅行のこと
についてちょっと書きたいと思います。

研修旅行とは名目で実際には親睦旅行のような感じでし
た。18日の午前中にJTの北関東工場(宇都宮市)への工
場見学が研修といえば研修で、あとは全て親睦を目的と
した内容の旅行でした。親睦を深める、私の名前・存在
を知ってもらったという点では大いに意義のある旅行だ
ったと思います。また宴会の席で先輩の先生から自主
勉強会のお誘い(確か労働時間問題)を頂いたのでこち
らの方も楽しみにしています。

ただ、川越支部の開業会員110名位で参加者が25名位と
いうのは参加者の割合としては多いのでしょうか?それ
とも少ないのでしょうか?他の各都道府県の支部会では
どうなのでしょうか?


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

本屋

(一応)士業として活動している以上、書籍の購入は
欠かすことができませんが、私の住んでいる埼玉県の
小川町というところは大型書店が存在せず、しかも近
隣の市町村の書店も全くアテになりません。

最寄の大型書店となると車or電車で1時間の川越まで
行くか、東京まで遠征するしかありません。しかも
東京までの「遠征費」は往復で1,500円〜2,000円かか
ること、東京の往復で3時間はかかるためしょっちゅう
遠征するわけにもいきません。

よって、現在はアマゾンに頼ることが多いです。開業
するにあたって必要とされる書籍は全てアマゾン経由
で揃えました。何といっても大量に購入しても送って
くれるのがありがたいですね。

これからもアマゾンに頼ることが多くなりそうです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 22:32| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

定例会の雰囲気

昨日の投稿通り、初めて支部の定例会に出席してきました。

定例会の雰囲気ですが、意外とまったりしていました。
内容は、前半が川越社会保険事務所の年金担当の方による
年金の裁定請求書の事前送付について及び支部の担当役員
による各種報告、後半が個人情報保護と就業規則に関する
研修会でした。

定例会の場で研修旅行に参加しませんか、と尋ねられたので
参加することにしました。場所は日光・鬼怒川方面で1泊2日
の小旅行です。

その他29日に行われる支部対抗のソフトボール大会にも誘わ
れましたが、その日は勤務する会計事務所の出勤日なので泣く
泣く断念しました。

支部の定例会は参加しても損はないなと感じたので、時間がある
限りは参加しようと思います。


人気ブログランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

支部長への挨拶 その2

今日は、予定通りに支部長への挨拶に行ってきました。

私の所属する川越支部の現況等を中心に1時間ほどの説明を
聞きました。また、川越支部は私とほぼ同年代の方が多いそ
うです。

他の支部も同様なのでしょうが、結構行政協力は積極的に行
っている模様です。

川越支部は原則として毎月第3木曜日に定例会(及び研修会)
を行うということなので、次はこの定例会に出席して、私の
名前を売り込んでこようと思います。


人気ブログランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。