2006年01月17日

プレゼンテーションの上手さ

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日、確定申告の書類が税務署から届きました。また、年末調整もしな
かったのであらためて「自分は自営業になったんだな」と実感している
次第です。会計事務所で行う確定申告業務も需要ですが、「自分の」確
定申告も直前になって慌てないように準備を進めていきたいと思います。

今日は、昨日参加したオンリーワンフォーラムのオフ会について、特に
「プレゼンテーション」に注目して感想を述べたいと思います。

このオフ会では毎回「プチセミナー」と称して「オンリーワンの専門家」
の方が30分程度のその専門分野についてのセミナーを行うのですが、そ
こで感じたのは「プレゼンテーションが上手いな」ということでした。
30分で自分の伝えたいことを満遍なく伝えなければならないし、かつ参
加者を満足させなければならない、かといって自分の専門分野だからと
いっても自己満足のレベルになってはいけないわけですから、プレゼン
テーションが上手いと感じるのは当然なのかもしれません。

もちろん30分でまとめ上げるためにはそれ以上の時間と手間、予行訓練
が欠かせないわけですから、しっかりした構成をしないと時間オーバー
になってしまうと思われます。そのような苦労を感じさせずスピーディ
ーに、かつ周りの参加者をその気にさせる「オンリーワンの専門家」に
は感嘆させられるし、大きな刺激にもなります。

私もいつかは人前で話す機会が出てくるでしょう(そう願いたい)から、
その予行演習としてこのようなプチセミナーなどで話すことができる機
会を得られることができるように自分自身の専門ネタ・オリジナルネタ
を早く作って、人前で披露できるようになりたいと思いました。

そのためには早く「オンリーワン専門家」としての実績を作らなければ
ならないので、これをモチベーションにして頑張っていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 19:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

「彼」のために

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は早朝から厚木へ行ってきました。仕事か?といえばそうではなく、
本来より1週間早い従兄弟の一周忌のために車を走らせました。

その従兄弟(以下、「彼」と称します)は私が生まれてから約2週間後に
生まれたので、ほとんど双子同然の付き合いを子供の頃からしてきまし
た。その「彼」が17歳のときに突然脳腫瘍で倒れました。これまで元気だ
ったのに突然病魔に襲われたのでショックでした。

「彼」は薬の副作用などで右半身が動かない状態となってしまいましたが、
そんな障害の状態をネガティブに受け止めることはなく、専用の改良車を
利用することで免許を取得したり、障害者専門のバドミントン大会でメダ
ルを獲得したりするなど元気な頃と何ら変わらぬアクティブな「彼」がそ
こにはいました。

しかし、病魔は確実に「彼」を蝕んでいきました。車の運転はできなくな
り、ここ数年のうちに脳腫瘍が再発しては除去する手術を繰り返してきて
、「彼」が亡くなる前も脳腫瘍の手術の直前ということで我が家に電話が
かかってきたことを思い出します。結局その後容態が急変し、1月21日に
この世を去りました。享年33歳ですから、人生の半分を脳腫瘍との戦いに
費やしたことになります。

「彼」の通夜・告別式で、私は志半ばで逝ってしまった「彼」の分も生き
てやる、と心に誓いました。それから1年が経過したわけですが、その間
に私は社労士として開業しました。自分のためにということもありますが
、「彼」のためにも社労士として必ず成功しなければなりません。成功し
ないと「彼」に笑われそうな気がしますから・・・。あらためて「社労士
として絶対成功するぞ!」という決意をした今回の「彼」の一周忌でした。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 22:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

セルフコーチングセミナー 第1回目

こんばんは、「午後から社労士」です。

昨日の予告どおり、今日は昨日参加したオンリーワンフォーラム主催の
「セルフコーチングセミナー 第1回目」の感想を書きたいと思います。

参加した感想は、「これを極めたら何でも上手くいきそう感じがした」
ということと、「自己を冷静に客観視することの大切さを実感させられ
た」ということの2点に集約されます。

セルフコーチングとは何か?というと、世間で流布している「ビジネス
コーチング」を一人二役で、つまり「クライアント」と「コーチ」の役
割を自分がそれぞれ行う、というイメージを想像していただければその
イメージが理解できると思います。自分がなりたい、実現したいことを
話し、それを聞いて承認・質問するということを自分で行う、というこ
とです。

セルフコーチングで大事なのは「アウトプット」つまり話す・書くとい
ったこと、イメージとしては自問自答のイメージで、さらに成功するた
めには自己肯定(自己承認)・自己認識をすることだ、と今回のセミナ
ーの担当講師である「世界初のセルフコーチングコンサルタント」の
早川優子さんが説明してくれました。

今回はその自己肯定(自己承認)・自己認識のトレーニングを参加者の
演習形式で行ったのですが、自己肯定ということを真剣に考えるのは初
めてに近いことだったので、予想以上に頭の体操にもなりました。また、
自己認識を実現するためには的確な質問をすることが必要ということで、
質問のトレーニングも行いました。的確な質問をするためには人の話を
集中して聞かないとできないこともわかりました。

一番面白いな、と思ったのは「YOUメッセージ」と「Iメッセージ」とい
う考えでした。「YOUメッセージ」とは「あなた」が主語となって「あな
たは〜です」という評価することで、「Iメッセージ」とは「私」が主語
となって「YOUメッセージ」の評価によって私はこういう影響を与えた、
ということを話すことで自己承認を実現できるという考えに「こういう
考え方があるなんて、面白い」と思いました。

ビジネス上で役立つヒントを得るためにこのセミナーに参加したのです
が、上手く利用できれば本当に役立つものばかりで参加して本当によか
ったと思いました。次回は1月25日に行われるので、次回も非常に楽
しみなセミナーになりそうです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 20:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

利用できるものは何でも利用する

こんにちは、「午後から社労士」です。

今日は、オンリーワンフォーラム主催のセルフコーチング講座(第1
回)に参加するため、この時間にブログを書いています。この講座
へ参加した感想は今日中に書くのは無理なので、明日に書きたいと
思います。

今回の講座への参加理由は興味があることと、「ビジネスにおいてセ
ルフコーチングはどのように使えるのだろうか」というビジネス上の
ヒント・きっかけをつかむために参加します。

今回の講座参加に限らず、「ビジネスに利用できそうなものは、何で
も利用する」という貪欲な心構えはビジネスを行う上で必要不可欠な
ものだと思っています。ネット上で利用できるものも重要ですが、リ
アルで利用できるものはそれ以上に重要だと考えています。

よく考えれば、これまでの社労士業務とは全くの関係ない仕事でもリ
アルで経験してきたことは必ず社労士業務・事務所経営には必ず役に
立つと思いますので、ネットでもリアルでも「利用できるものは何で
も利用する」という前向きな姿勢を持ち続けることが大事だと思いま
す。

これからセミナー参加の準備をしますので、今日はこれでおしまいに
します。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 15:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

社会保険庁改革と社労士の業務

こんばんは、「午後から社労士」です。

最近、事務所のメールアドレスに明らかに「ワンクリックサイト」
に誘導させるスパムメールの非常に多いこと・・。その特徴ははっ
きりしていて、差出人が「info@○○○.com」でその○○○が人を
なめたような、あるいは意味不明な単語が入っているのものばかり
で、送信拒否する際のメールアドレスがヤフーのフリーアドレスを
使用しているという、明らかに怪しいメールです。このようなメー
ルは問答無用で削除していますが、このイタチごっこは当分続きそ
うで頭が痛いです。皆さんもこのような怪しいメールには十分注意
しましょう。

本題に戻りますが、社会保険庁の改革の骨子が日経新聞に記載され
ていたので、紹介します。

(NIKKEI NETより引用)

年金新組織の名称、「ねんきん事業機構」に・社保庁改革

 川崎二郎厚生労働相は6日の閣議後の記者会見で、社会保険庁改革
に伴って2008年10月に同庁の年金業務を引き継ぐ新組織の名称を「ね
んきん事業機構」にすると発表した。法律で定める政府組織の名称に
平仮名を使用するのは初めてという。不祥事などで社保庁が失った信
用を取り戻すために、年金加入者などに親しみやすい印象を与える狙
いがある。

 年金新組織を巡っては、自民党が昨年末にいったん固めた「年金事
業局」という名称が小泉純一郎首相らの慎重論で白紙に戻った経緯が
ある。新組織を率いるトップも現在の長官という名称を改めて「代表
執行責任者」。厚労相は民間企業も参考に「略称は『代表』になる」
と述べた。

 現在、全国47カ所にある社会保険事務局を再編統合して新たに設置
する機関は「地方年金局」、社会保険事務所は「年金事務所」にそれ
ぞれ名称を変更。今年の通常国会で社保庁改革関連法が成立した後に
年金事務所の愛称を公募する。

(引用ここまで)

社労士の基本業務として、健康保険・厚生年金の被保険者資格取得・
資格喪失届の作成及び提出がありますが、この届出は1枚で健康保険
と厚生年金の手続ができるある意味便利な書類です。理由は提出先が
「社会保険事務所」で共通だからですが、これが別々に提出しなけれ
ばならないかもしれません。

日経新聞では、上記の2008年10月に健康保険の業務を分離して、健康
保険組合のような公法人に移すと書いてあります。ということは、社
会保険事務所が一括してきた健康保険と厚生年金の業務が分かれるこ
とになりますから、それぞれの届出の提出先が常識的に考えれば別々
の場所になることが予想されます。社会保険事務所の形態も専用の建
物があるものからビルの一角を借りているものもあるので、スペース
によってはどちらかが移転しなければならない可能性もあるでしょう。

そうなると、提出する際に1つの場所で済んでいたものが別々の場所
で提出することになるわけで、時間的コストは明らかに増大するでし
ょうし、郵送で提出する際もその分の郵送コストが上乗せされるわけ
ですから、事務所経営をするにあたって(特に私のように1人で全て
を行う場合は)頭の痛い問題になりそうです。

2008年10月までまだ時間はあるので、その間にいろいろな対応がなさ
れると思いますが、社労士業務をするにあたっての負担は重くなるだ
ろうという前提・覚悟を持ってこれからの社労士業務に臨みたいと思
います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

「午後から社労士」の年収1,000万円論 その2

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は士業であれば誰もが基本的には目標にする「年収1,000
万円」について私なりの考えを述べたいと思います。

かなり前に「その1」として書いてそのまま放置してしまいま
したが、「その1」では年間売上1,000万円は事業を行う上で
一人前として認められるラインであり、ということを書きまし
たが、今日は「1,000万円の意味」について書きたいと思いま
す。

士業の方が書いている開業本やブログでも「年収1,000万円」と
いうタイトルをつけている方が数多くありますが、「年収1,000
万円」という意味をどのような意味で使っているのかを考えて
みたところ、ほぼ全てが「手取り1,000万円」という意味で捉え
ているような感じがしました。私も会計事務所に勤務していなけ
れば間違いなくそういう考え方をしていました。会計事務所に勤
務したことによってその考えは明らかに間違っていることに気づ
きました。

実際に「手取り1,000万円」を達成しようとするならば、最低で
もその2倍くらいは売り上げないと達成できません(あくまでも
私の考えですが)。「売上1,000万円」で実際に手元に残るのは
多くても400万円〜500万円位しか残りません。

原理としては日商簿記3級試験の勉強をすれば基本的にはわかり
ますが、単純化しますと、売上を果たすのはあくまでも屋号(例
:村上社会保険労務士事務所)であり、そこから経費及び生活費
を差し引いたのが利益になります。その生活費分(実務では”事
業主貸”という勘定科目を使用)が手取りの額となります。その
手取りの額も事業所としての手元資金のことをよく考えないと簡
単に資金ショートしてしまいます。なお、最終利益は個人事業者
の場合は配分することはできず、必ず元入金(簿記3級の勉強上
では資本金)に組み入れることになります。

だから、簡単に「年収1,000万円」目標と言ってはならないので
す。年間売り上げを「1,000万円」とするのならば話は別ですが、
これまで書いてきたとおり、「年間売上1,000万円」と「年収1,0
00万円は」全くの別物である、ということを強く認識して事業活
動をしてほしいのです。

だから最初のうちは「手取りで○○万円を残すことができる」よ
うな売上目標計画を立てるのがいいと思います。私も当初はこの
方法で計画を立てていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

有意義なオフの使い方

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日で私は一足お先に会計事務所の仕事納めとなりまし
た(他の方は明日まで勤務)。1月4日までオフとなりま
したので、短い間ですが私のサイトの再構築・来年の経
営計画の作成などいろいろと考えていこうと思います。

最優先したいのがサイトの再構築です。理由はYahoo対策
、これに尽きます。何度も書いていることですが、Yahoo
のロボットがGoogle・MSNロボットに比べて巡回度数が非
常に少ないので、Yahooロボットの巡回頻度を多くできる
ようなサイト構成を考えたいと思います。もちろんサイト
の中身の充実を図ることは言うまでもありません。

次に経営計画の作成です。来年の確定申告が終了するのと
同時に会計事務所を辞めて社労士一本で活動しなければな
らないことを考えても、行き当たりばったりの経営では行
き詰ることは確実なので、まずは実現可能性の高いことを
経営計画に組み込んで、実行に移していきたいと思います。

ブログの更新ですが、当然オフの間も更新していきます。
オフの間も有益な内容の情報発信を続けていくことでブロ
グのブランド化の基礎を構築していくためには、オフの間
もブログの更新は欠かせません。

今年のオフは、来年の飛躍を果たす上で非常に重要な期間
だと思いますので、無駄にしないように有意義なオフを過
ごしたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

横須賀さんのブログセミナー

こんにちは、「午後から社労士」です。

昨日は行政書士・横須賀てるひささんのブログセミナーに
参加するため渋谷へ行ってきました。

約3時間のセミナーの内容一番印象に残ったのは、横須賀さんの
本にも書いてあることでもありますが「ブログは、インターネッ
ト上の自分自身を投影したもの」「ブログは客観的に見られてい
る・客観的な視点で書くことが大事」「ビジネスブログにするの
ならば、徹底的にビジネスに絞って書く」ということでした。

これらを私なりに考えてみたのですが、「自分自身の投影」とい
うことは、「自分自身の専門家としての存在を上手くアピールす
る」「手抜きをすればそれが読者にすぐに明らかになってしまい
、読者が逃げてしまう」ということだと思います。私のブログに
足りないものの一つがわかったので、この視点でこれからはブロ
グを書いていきたいと思います。

その他にも参考になることがたくさんありましたが、特に「プロ
フィールの充実」が参考になりました。プロフィールは、読者が
「誰がどんなことを書いているのか?」ということを知るために
必ずチェックするから、細かく充実させることで、かつビジネス
で致命的にならないように書くことで共感を持たせるようにした
ほうがよい、ということでした。

このセミナーで学んだことを無駄にしないように、これからブロ
グの中身を充実ていきたいと思います。まずはプロフィールの見
直しから始めます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 12:18| Comment(12) | TrackBack(3) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

最悪の状況を想定する

こんばんは、「午後から社労士」です。

来年行われるドイツ・ワールドカップ2006の日本の1次リーグ
対戦相手がオーストラリア、クロアチア、ブラジルに決まった
ことは皆さんご承知の通りです。そしておそらく大多数の方が
ブラジルに負けることを前提として日本の決勝トーナメント進
出の予想をするのではないかと思われます。私の個人的感想に
なりますが、そこには「最悪の状況」を想定していないことが
うかがえます。

ここでいう「最悪の状況」とは、

「日本がブラジルに勝たないと決勝トーナメントに進出できない」

ということです。

今年のコンフェデレーションズカップのことをもう忘れてしま
ったのでしょうか?日本は上記の状況でないと決勝トーナメント
にできなかったことを忘れてしまったのでしょうか(結果は引き
分けで決勝トーナメントに進出できませんでしたが)?日本側
からすればこれが一番「最悪の状況」です。当然このようなケー
スはありえます。このような「最悪の状況」も当然想定しておく
べきだと思います。

ここまでが前フリで、ここからが本論です。
社労士として「最悪の状況」はどのような場合でしょうか?おそ
らく

「業務をこなしたのに報酬が支払われない・支払う気配が全くない」

のが一番「最悪の状況」でしょう。これは私が現在勤務している
会計事務所でもこのようなケースが数多くあります。結局このよ
うな顧客は事務所からたまっている未払報酬を払わないまま離れ
ていってしまうようです。

このような「最悪の状況」を想定した上で顧客と顧問契約や業務
委託契約を結ぶ必要があるでしょう。例えば、顧問契約を結ぶ場
合の契約書に「2ヶ月間顧問報酬を支払わなかった場合は顧問契
約を解除する」といった文面を契約書に入れるといったようなこ
とは「最悪の状況」回避のためにはありかな、と考えています。
その他にもいろいろな「最悪の状況」を想定した上で契約を結ん
だ方が自身のリスク回避になりますし、就業規則作成や見直しの
際のヒヤリングに応用できるのではないか、と考えています。

最後はまたワールドカップの話に戻りますが、日本は3戦全勝す
る気持ちで1次リーグを突破してほしいです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

大江戸勉強会 その2

こんにちは、「午後から社労士」です。

昨日は大江戸勉強会・有資格者の部に参加してきました。
テーマは「高額報酬の取れる就業規則」ということで社
労士の大石誠先生が講義をしてくださいました。

具体的には先生の経験を踏まえた就業規則の作成のポイ
ント・特に就業規則の第1章・第2章で記載される総則や
採用等における隠されたポイントがあることを教えてい
ただきました。また、就業規則の作成や見直しを受注す
るための営業のポイントも教えていただきました。就業
規則を研究することは奥が深いということを先生は言っ
ていましたが、話を聞いていると「その通りだな」と
感じました。中小企業の特質を踏まえた営業方法のヒン
トも参考になりました。

今回の勉強会についてはちょっと時間が足りなかったよ
うに思いました。午前2時間、午後2時間という風にすれ
ばもっと中身に余裕の持てる講義ができたのではないか
と思います。就業規則といえば皆さんが興味もあるし、
就業規則で稼ごうと考えている人はたくさんいるわけで
少々時間をかけても飽きることは思われるのでその点に
ついて今回は少し物足りなく感じました。

その後の懇親会で私のブログを読んでくれている人が何
人かいることが判明して、少し嬉しい気持ちになりまし
た。今後もブログを読んでくれる人が増えるように頑張
ってブログを書いていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ミスは怖いですね・・・

こんばんは、「午後から社労士」です。

(日経新聞より引用)

みずほ証券、新規上場株売買で損失270億円・8日時点

 みずほ証券は8日、東証マザーズに同日新規上場した人材サ
ービスのジェイコム株の売買注文をめぐり、誤って大量の売
り注文を出し、同日時点で270億円の損失が発生したと発表し
た。売り注文は61万株とジェイコムの発行済み株式数(1万45
00株)の40倍超の規模。安値で取引が成立した結果、高値で買
い戻しを迫られるため、今後、損失はさらに膨らむ可能性があ
る。注文ミスの余波が懸念され、東京株式市場はほぼ全面安と
なり、日経平均株価は今年3番目の下げ幅を記録した。

 みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ
コーポレート銀行の子会社。主に機関投資家などと取引をして
いる。同グループには個人向け中心の新光証券やみずほインベ
スターズ証券がある。みずほ証券は2005年9月末で株主資本が3
800億円強ある。この日、会見した福田真社長は「財務や資金
繰りに問題はない」と述べた。

(引用ここまで)

日経新聞に限らず全ての新聞でトップ記事になった上記の件で
すが、改めてミスをすることの怖さを実感します。上記ではた
った十数分で巨額の損失に至ったわけですが、ちゃんとチェッ
クをしなかったのでしょうか?慣れていることから油断が生じ
たのでしょうか?コンピュータを介在すると最初に送ったもの
がそのまま通用してしまいますから、電子メールを送る場合、
ブログを送信する場合、勤務先の会計事務所でデータを送る場
合は必ず事前のチェックを行います。些細なことかもしれませ
んが、ミスは怖いので細心の注意を払います。

社労士の業務に置き換えても同様のことが言えると思います。
特に電子申請がスタンダードになっていくと尚更のような気が
します。入力ミス等で雇用保険の基本手当の額が予想していた
額よりも少なかった、などということはありえない話ではない
でしょう。

業務に慣れない場合はおそらく細心の注意を払うのでしょうが、
徐々に業務に慣れていくと油断が生じてミスが発生する機会が
多くなると思われるので、その点はより注意を払わなければな
らないな、と思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

社労士インターネット+ブログ活用講座

こんにちは、「午後から社労士」です。

土曜日はタイトルに書いてある通り、東京の大井町で
開催された「社労士インターネット+ブログ活用講
座」に参加しました。

このセミナーは、セミナーハウスアビリティを運営
されている大阪の社労士・谷口雅和さんと「労働法
ブログ
」を運営されている宮崎の社労士・福永鉄也
さん
のジョイントセミナーという形で、インターネ
ット部門が谷口さん、ブログ部門が福永さんの担当
で行われました。

谷口さんのインターネット部門ですが、インターネ
ットにおける可能性と限界について話をしてくださ
いました。要約すると、ホームページだけで完結す
ることは少なく面談までが限界であるが、知名度ア
ップのために役立てること→優良顧客の獲得につな
がること、短期間で結果は出ないが、今のうちから
コツコツやっていくことが大事だということを強調
されていました。

福永さんのブログ部門ですが、自身の経験を基にし
たブログのカスタマイズについての話が強烈でした。
これまではブログのカスタマイズといえばMovable T
ypeのようなブログソフトでないと活用できないと
ばかり考えていましたが、ある意味常識を覆すよう
な話でした。ちょっとhtmlを理解すれば(といっても
理解するのはかなり高いハードルですが)livedoor
等のブログを利用していてもオリジナルのブログが
できるのだ、と思うと今すぐにでもやってみよう、
という思いにさせられる話でした。門外不出のお土産
も頂いたので、時間はかかると思いますが自分なりの
カスタマイズしたブログを作成しようと思いました。

トータルで4時間強の話だったのですが、時間が経つ
のを忘れるくらいの中身の濃い、かつやる気にさせて
くれる内容のセミナーでした。お2人にはとても感謝
しております。いつかは私自身が何かしらのセミナー
を開催できるように実力をつけて頑張ることで恩返し
をしたいと思っています。


人気blogランキングに参加しています。現在のランク
は75位(法律・法学)です。応援していただける方、
ぜひ応援のクリックをお願いします。
posted by gogosharo at 15:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

ちょっとモデルチェンジを・・・

こんばんは、「午後から社労士」です。

この「午後から社労士」という看板ですが、3月
の確定申告終了と同時にこの看板を下ろすことに
しました。つまり、現在勤めている会計事務所を
辞める、ということです。理由は辞めたときに
お話しします。

ブログの方もちょっとモデルチェンジをしていき
ます。まずプロフィール欄に私の専門業務を記載
しました。ブログでも私の業務をアピールするこ
とによって、私がどのような社労士であるかとい
うことを知ってもらいたいという考えからです。
次に、その専門分野に関する情報を時折混ぜてい
きます。これは情報を発信することによって私に
興味を持ってもらうこと、究極的にはSEOにもつな
げていき、ブログからホームページへ誘導して、
お客さんになってもらうことを目的としています。

なお、ホームページの方も相互リンク用の検索エ
ンジンに相互リンク依頼を行い、ホームページに
誘導することも始めました。

もう会計事務所を辞めることを決意した以上、1日
でも早くお客さんを獲得しないといけません。甘え
の気持ちを捨てて、気を引き締めてこれから頑張
っていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

雑誌「SR」

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は、大学の書道部関連の展覧会に駒込まで足を
運んだついでに、池袋のジュンク堂で大量に書籍を
購入してきました。現在の居住地が田舎であるため
こういう機会でないと書籍を吟味する機会がないの
です。

大量に購入した書籍の中に、社労士(関係の人)で
あればほとんどの方が知っている日本法令の開業社
労士専門雑誌「SR」があります。今回発売分が第2号
だったのですが、見事にハズレくじを引かされた創
刊号に比べて内容は大幅に充実しているように思い
ます。

特集が未だに情報がはっきりしない「特定社労士」
(川越支部では何もアナウンスされていない)という
ことで、特定社労士の情報がほしい、という方には
少々高い(1,800円)ですが買って損はないと思いま
す。

また、報酬の決め方、退職金コンサルの受注プロセス
、開業社労士の主義主張など、読み応えのある内容
ばかりなので、私のように開業したばかりの社労士に
は特にお勧めできると思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

士業の懲戒について

こんばんは、「午後から社労士」です。

昨日・一昨日あたりから大問題となっている建築士による
書類偽造=建物倒壊危険性大という問題で頭に浮かんだの
が「建築士の懲戒処分はどうなっているのか?」というこ
とです。建築士の非難等は他にやっている人が多いのでこ
こでは触れず、士業の「懲戒処分」にスポットを当てたい
と思います。

社労士に社労士法があるように、建築士にも建築士法とい
うものが存在します。

建築士法

建築士法では第10条第1項に「懲戒」が規定されており、

1 禁錮以上の刑に処せられた場合
2 建築士法・建築基準法等の関連法律・命令等に違反した場合
3 業務に関して不誠実な行為をした場合

について戒告を与え、1年以内の業務停止又は免許の取り消
しができるとされています。例の建築士は2及び3に該当す
ると思われます。

また、第35条で罰則が規定されており、第10条第1項に該当
した場合は1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処すると
されています。

ただ、問題の深刻さを考えると例の建築士がこの「懲戒」だ
けで済むとは到底考えられないので、今後の動向を注意深く
見守っていきたいと思います。

社労士も社労士法で懲戒が規定されており、最も重い処分
は失格処分で、これを食らうと3年間登録ができません。
社労士法でも罰則規定は存在しますが、やはり起こした
事件の重大さによっては社労士法上の「懲戒」だけでは
済まないと思います。

建築士や社労士に限らず各種士業は国から資格を与えられて
その看板をもって各種サービスを欲している人などに安心感
を与えるんだ、という使命を持たなければなりません。今回
の事件のように安心感を与えるのではなく、不安感を植えつ
けるようなことは士業としての背信行為にあたります。

この問題は士業の使命・倫理観をというものをあらためて考
えさせられるきっかけになったと思います。また、普段は考
えない「懲戒」についても考えさせられるきっかけになりま
した。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:29| Comment(7) | TrackBack(10) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

オンリーワンフォーラムのオフ会

昨日は、新宿までオンリーワンフォーラムのオフ会
に参加してきました。このオフ会を知ったのは、お
気に入り登録している社労士&コーチの吉川直子さ
んのブログの記事
で、「何か面白そう」「自分も
オンリーワンの称号を考えてはいるけど、果たしてそ
れが正しいのだろうか」という気持ちを持って参加し
ました。

参加した感想は一言で言うと、単純なんですが

「面白かった」

この一言に尽きます。また、実際にオンリーワンの肩
書きで活動している方のプレゼンテーションを聞いて
いると、自分の存在に絶対の自信を持っていることが
わかり大いに刺激になりました。私も早く自信を持っ
て活動できるオンリーワンの社労士になる、という決
意を固めることができたセミナーでした。

また機会を作ってこのセミナーには参加したいと思い
ます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 22:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ブログは1日にして成らず、の意味

11月2日に出席した姫野さんと石井さんのセミナー
投稿で、「ブログは1日にして成らず」と書きましたが、
その意味をあらためて考えてみました。

石井さんのブログも当初はアクセス数が非常に少なかった
ようですが、他のブログにコメントやトラックバックをす
ることによってアクセスが急激に増えて、現在のブランド
化につながったという話を聞きましたが、これはブログの
ブランド化だけでなく、開業社労士としての営業活動にも
つながるのでは、と感じました。

要するに待ちの姿勢だけではダメで、攻めの姿勢も必要だ
ということだと思います。私のブログも最初はただ書いて
いるだけでアクセスを呼び込む努力を全くしていませんで
したが、勇気を出して石井さんのブログをはじめに他のブ
ログにコメントをつけることによって、少数ではあります
がアクセスが増えているようです。同様に普段の営業活動
でも現時点では全く努力をしていないと言われても文句は
言えない状況なので、自らアクションを起こさない限りは
この状況が続くでしょうから、この点が今後の課題になる
でしょう。

きっかけをつかむ為のチャンスは自力で掴むしかありませ
ん。勇気を出してチャンスを掴む努力は常に忘れずに続け
たいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

石井さんと姫野さんのセミナー

昨日は、ナンバーワン社労士ブロガーである広島・呉の
社会保険労務士の石井孝治さんと福岡で社労士受験生の
受験コーチ・ペンギン学園を運営されている姫野ルミさ
んの合同セミナーに出席するため銀座へ行ってきました。

前半は、姫野さんの自身の体験を踏まえた社労士受験に
おけるモチベーション維持についてのお話でしたが、私
の受験時代の記憶が思い出されるような、そして開業し
たばかりの私のこれからのモチベーションに応用できそ
うな、非常に勇気付けられるお話をしてくださいました。

後半は、石井さんのブログのブランディングについての
お話でしたが、話を聞いていて感じたことは、「ブログ
は1日にして成らず」ということでした。ブログをやめ
てしまうという方も多いということなので、私も脱落せ
ずにブログを書き続けていこうと思いました。

その後の懇親会は終電の関係で早めに退出しなければな
らなかったのが非常に残念でした。

石井さん、姫野さん、本当にありがとうございました。
開業社労士として成功することで恩返しをしたいと思い
ます。

人気blogランキングに参加したしています。

blogranking
posted by gogosharo at 14:22| Comment(8) | TrackBack(6) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ブログもランクイン

私のブログはGoogle、Yahoo、MSNのWebサーチに登録
していますが、それぞれのロボットがヒットしてき
ているようで、キーワード検索すると私のブログが
ランクインするようになりました。

私のブログで検索しそうなキーワードは「社労士 blog」
「社労士 日誌」「社労士 営業日誌」「社労士 営業」
だと思いますが、以上4キーワードでそれぞれのWebサーチ
検索をすると以下の結果になっています。

Google
「社労士 blog」       88位/232,000件
「社労士 日誌」        5位/ 44,100件
「社労士 営業日誌」    1位/ 16,300件
「社労士 営業」      23位/210,000件

Yahoo
「社労士 blog」    100位以下/525,000件
「社労士 日誌」      62位/ 94,300件
「社労士 営業日誌」     4位/ 40,200件
「社労士 営業」    100位以下/346,000件

MSN
「社労士 blog」     39位/ 35,687件
「社労士 日誌」     3位/ 7,200件
「社労士 営業日誌」   1位/ 2,974件
「社労士 営業」       12位/ 52,648件

面白いと思ったのは「社労士 営業」でYahoo以外のランキ
ングが上位に入っていることですね。一応原則として毎日
更新しているから上位ランクに入っているのでしょう。これ
で実績が伴えば言うことなしなのですが、今は種蒔きの時期
と捉えて、ネタがなくて苦労することはあっても毎日ブログ
の投稿は続けて行きます。


人気bloランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

アテが外れた・・・

今日の日経新聞を読んでいたら、今週号の週間ダイヤ
モンドの特集が給料の比較で、しかもその一部に資格
の特集(社労士も含まれている)が組まれていたこと
もあって、「よし、今日のブログのネタはこれにしよ
う!」ということで今週号の週間ダイヤモンドを購入
しましたが、

「アテが外れた・・・。」

あまりにも記事の内容が少なすぎるのでガッカリしま
した(他の士業もほぼ同程度の記事内容)。

内容の少ない記事の中で注目すべき点は個別労働紛争
の激増によりその解決や事前防止などで仕事が増える
チャンスは増大したと社労士の仕事を肯定的に書いた
点です。実際そのようになればいいですが・・・。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。