2006年06月05日

結局は「人の縁」が大事

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日から気持ちを入れ替えて、毎日ブログを更新できるように頑張りたいと思います。

昨日は、東京国際フォーラムで開催された中小企業診断士の四ッ柳茂樹さん整体師の山口淳一さんの起業に関するジョイントセミナーに参加しました。四ッ柳さんはエリート街道から起業に至るまでを、山口さんはノンエリート・危険な道を歩きながら現在の整体師として開業するに至った話をしていただきました。面白いのは、先に書いたとおりまるっきりルーツは正反対ながらも起業して現在の地位を築いたということです。

ただし、共通していたのは「人の縁があったからこそ、現在の地位がある」ということでした。話を聞いていると2人とも順調に事業が軌道に乗ったわけではなく、失敗の連続だったのをいろいろな方のご縁で助けていただいたという話を強調されていました。

2人の話で特に印象に残ったのが山口さんの「過去は変えられるけれど、未来は変えられない」という言葉でした。山口さんのプロフィール(リンク先参照)を見ていただければ理解できると思いますが、どちらかというと「生きるために必死」な人生を送ってきていましたが、その中で学んだことが起業して現在の地位を築いていくと、それが全ていい思い出になっているという意味で「過去は変えられるけど、未来は変えられない」という言葉で表現されていました。

最後に「人の縁」ですが、どうやったらその「縁」が強力な線になっていくかということを皆さんも模索していることと思います。その場でお会いして名刺交換、だけでは線にはつながりません。何度もお会いするきっかけを自分で作る、あるいは自分をもっと知ってもらうきっかけを自分で作っていかなければならないと思います。それに加えて「自分は何ができますか?」ということを聞かれてたらすぐに「これです」という答えを出せる準備をしておかなければなりません。これがないと何度会っても時間の無駄になってしまうと思います。このことに注意して、「人の縁」を強力な線とすることができるように自分のスキルを磨きたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking



にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 15:16| Comment(6) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

個人情報の「価額」

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

千葉ロッテマリーンズ、8連勝です。今日は清水直行投手一人で投げ切った(=完封勝利)ので、リリーフ陣を休ませることができたのは非常に大きいです。この勢いが継続するかは来週の6試合(阪神戦 於:マリン 巨人戦 於:東京ドーム)に係っていると思います。ここを乗り切れば一気に抜け出しそうな気がします。

今日は、「個人情報の価額」について書きたいと思います。朝日新聞の記事からの紹介です。

(Asahi.comより引用)

情報流出、ヤフーBBに賠償命令 顧客1人6千円

 インターネット接続サービス「ヤフーBB」の顧客情報が大量流出した事件で、個人情報を外部に漏らされて精神的苦痛を受けたとして、近畿の弁護士ら男女5人がヤフーBBの運営会社の「BBテクノロジー」と「ヤフー」を相手取り、1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大阪地裁であった。山下郁夫裁判長は「不正アクセスを防止するための注意義務を怠った」とBB社の過失責任を認め、1人当たり6000円の支払いを命じた。

 一方、ヤフーの責任については「BB社とは顧客情報を別々に管理しており、ヤフー側からの流出は認められない」として請求を退けた。原告弁護団は「ネット上の情報流出について業者の責任を認めた初の判決だと思う」と話している。

 判決によると、BB社は社名がソフトバンクBBだった02年12月、顧客の氏名・住所・電話番号などを記録したサーバーを維持管理する「現場隊」がユーザー名とパスワードを使えば、社外からでもこのサーバーにアクセスできるようにした。このため、現場隊にいた元派遣社員らによって、03年6月と04年1月に大量の顧客情報が流出した。

 判決は、BB社が社外からのアクセスを可能にしたことについて、不具合復旧のために必要だったと認めたうえで、「元派遣社員の退職時にユーザー名を削除したり、パスワードを変更したりすれば流出を防げた可能性が高かった」と指摘。BB社が不正アクセス防止のための措置を怠ったと判断した。

(引用ここまで)

ちなみに、個人情報の「価額」についての判例はすでに存在します。京都府宇治市で起こった個人情報漏洩(住民基本台帳のデータ流出)事件で、大阪高裁は一人当たりの損害賠償額1万円に弁護士費用5千円を加えた、計1万5千円を宇治市が支払うように命じたものです(判決H13.12.25)。宇治市の件では訴えを起こしたのは市会議員3名ということで、計4万5千円の損害賠償額で済みましたが、宇治市の人口が約21万人ということ市民全員で訴えた場合の単純計算をしたら31億5千万円の損害賠償額ということになります(あくまでも単純計算で、実際には未成年者等の法律行為等の問題があると思われます)。

おそらく今回の件も上記の判例を意識したのではないかと思います。上記の判例についてもそうですが、この個人情報の「価額」が適切な額なのかどうかは正直言ってわかりません。ただ、集団で訴訟を起こされると一応算出された「価額」が積もりに積もって「莫大な額」になります。個人情報保護法も施行されていることを考慮するとこれからは集団訴訟ということもあり得るし、これは間違いなく経営上の大リスクになります。中小零細企業レベルでは倒産にもなりかねません。

個人情報漏洩問題は、ある意味新種の経営リスクだと思います。このリスクにどのような対策を採るべきか、経営者の手腕が問われると思います。対策ができていない事業主は、今すぐにでも最低限できるところから対策を採るべきです。最低限できることをやっておけば、それだけでもリスクの軽減になります。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 23:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

プロジェクト「お礼状同盟」その2

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

先週投稿した「就業規則の考え方」特集をブログ仲間の税理士・木村聡子先生のブログで紹介していただきました。この「就業規則の考え方」特集を組もうとしたきっかけが木村先生のブログだったのですが、先生が「ブログで紹介します」というコメントをいただいたので「どのような形で紹介するのかな」と考えていたら、何と「特集の記事全部」をリンクしていただいています。このような形で紹介していただけるとは思っていなかったので、非常に嬉しいです。木村先生、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

今日は昨日も書いた私のプロジェクト「お礼状同盟」について、昨日の補足も加えて引き続き書こうと思います。

テストーお礼状を書くこと」で紹介したもう1冊の本である竹田陽一さんの「小さな会社は1通の感謝コミで儲けなさい」では「お礼状」を全くといっていいほど出していないというアンケート調査や、竹田さん自身の経験(起業したときに多くの買い物をしたところから励ましのハガキが来るかと期待していたら、1通も来なかったこと)が書かれています。昨日も書きましたが、私がお礼のハガキを書くまでは名刺交換をしてもお礼のハガキが来ることは皆無でした。

YAHOO検索で「ビジネス お礼状」「名刺交換 お礼状」を検索すると前者が69,200件(ちなみに12番目に私のブログがランクイン)、後者はたった572件(13番目に私のブログがランクイン)しか検索されません。Googleでは前者が130,000件、後者が13,300件と、どちらかといえば検索数としては少ないのでは、と考えています。

上記の結果から見る限り、ビジネスにおいてお礼状がほとんど利用されていないのではと思いました。逆に考えれば、お礼状をビジネスチャンスのチャンスに利用できるのだとすれば、それだけで差別化にもつながる(上記の通り、ほとんど利用されていないから)し、低コストでビジネスチャンスにつながるのであればこれほど便利でありがたいものはない、と思いました。

ということで、私が考えている「お礼状同盟」は最初は「同盟」ではなく、自分のためだけのプロジェクトでした。それを自分だけでなく同じ志を持った人たちとノウハウを共有できるようにしようと考えたのは、やはり木村先生のブログで朝日心月さんの書評が投稿されていて、そこのコメントで私が「お礼状同盟みたいなものができれば面白いかも」と書いたのがきっかけで、昨日投稿したセミナーの参加で火がついた、という感じです。

最終的にどのレベルにまで到達するかはわかりませんが、この「お礼状同盟」を広めてそれぞれのビジネスチャンスの拡大につなげることができればいいなと考えています。この「お礼状同盟」に関するご意見などがあればコメント・メールをいただければ嬉しいです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 21:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

プロジェクト「お礼状同盟」

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

たった今、ドイツワールドカップに参戦できる日本代表23人が発表されました。これまでも、たった2回ではありますが代表発表に関する悲喜こもごものドラマがありましたが、今回もありましたね。代表に選ばれた選手は選ばれなかった選手の分の魂を必ずドイツへ持っていってほしいものです。

今日はタイトルにもあるように「お礼状同盟」というプロジェクトについて書こうと思います。

この「お礼状同盟」というプロジェクトを考えるようになったきっかけが2つあります。1つ目は以前に書いた投稿記事である「テストーお礼状を書くこと」の中で紹介した朝日心月さんの本「1枚のお礼状で利益を3倍にする方法」という本を読んだことです。

この本の趣旨は「お礼状をビジネスに活用する」ということで、普段は本を読んでもその内容について全く行動しない自分が珍しく「これは絶対に実行しよう」という気にさせる内容の本であり、実際に実行しています。まだ始めたばかりなので大きな効果はまだ出ていませんが、小さな効果としてはこれまで名刺交換をしてもほとんどといっていいくらい返事・お礼が来なかったのが、こちらからお礼状のハガキ・メールを送ると3割くらいは返事が来たので、少しは効果があるのかなと考えるようになったし、継続すればもっと大きな効果が出るのでは、と考えるようになりました。

もう1つのきっかけが、先週の水曜日に参加した「自分プロジェクト」に関するセミナーでした。そこでは「プロジェクトの名前は付けたけど、それに対するノウハウはほとんどといっていいほどない。ただし、それを形にするためにいろいろな人と会うことなどの実行はしていく」という話がありました。その話を聞いて、もしかしたら自分にも同じものが流れているのではないか、と帰りの電車の中で考えたところ、ほぼ全く同じものがあることに気づきました。それが「お礼状同盟」というプロジェクトです。

正直言って、私の凡庸な知恵ではお礼状に関するノウハウを蓄積するには限界があると思っています。「本に書いてあることを忠実に行えばいいんじゃないの」と言われるかもしれません。それでも、お礼状をビジネスチャンスを広げるための手段として活用したいという方がいれば、その知恵を共有することでビジネスチャンスも共有していけたらと考えています。また、メーリングリスト形式にするか、mixi等のSNSでコミュニティを作るか、ということも考えなければならないのですが、それらも含めて「お礼状同盟」というものの考えに同意していただける方がいれば、コメントやメールで意見を出していただけると助かります。

これまで周りの目を気にしていた自分が、(うまくいけばの話になりますが)初めて自主的に行うプロジェクトです。ほんのわずかでも賛同していただける方がいれば非常に嬉しいです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:44| Comment(4) | TrackBack(2) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

来週の予告

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

GW真っ盛りということで、ブログも休業状態になってしまっています。本当に書くことがないのも事実ですが、この時期を利用して、この時期にしかできないことをやろうと思っています。

その一つとして、来週(の月曜日から)は「就業規則の意識・考え方」をテーマにして特集を組もうと考えています。特集を組むきっかけとなったことがあったのですが、それは月曜日に明らかにしたいと思います。

就業規則の作成について記事にするとおそらく1ヶ月くらいはその記事にかかりきりになってしまうので、あえて「就業規則の意識・考え方」に的を絞って書くことにします。

記事の構成をまだ考えなければならないので、今日はこれまでにします。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

電話の対応

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

昨日は気温30度くらいの暑さでクーラーを入れたと思ったら、今日は朝から雨・・・。この時期は気温の温度差がかなり激しい時期だと思います。中学1年生のときにこの気温の温度差に負けてしまい、肺炎で入院してGWはもちろん潰れ、学校生活も少し出遅れたことを思い出しました。それ以降は特にこの時期の体調の悪化はないですが、注意しなければならない時期でもあると思います。

今日は、昨日かかってきた電話で腹が立った(しかも2件)のでこのことについて書こうと思います。

1件目は、某ネットプロバイダーの売り込みで、売り込みそのものについてはいつもの調子である程度想定の範囲内ではあり、そういうことで腹を立てることはないのですが、この一言で腹が立ちました。

「私の家のお向かいさんの○○様においても〜」

こちらは電話に出たときに「はい、村上です。」と言っているので、間違えることはありえないはずです。それにもかかわらず人の話を聞いていないのか、何の注意も払わず事務的に「上記の言葉」が出たように思ったので、話をさえぎってガチャ切りしました。

2件目は、先物取引の電話でした。異業種交流会で名刺交換をしたことがあり、その翌日に名刺交換に対するお礼の電話があって以来音沙汰がなかったのですが、昨日その名刺交換を行った方ではなく、別の人が電話をかけてきました。電話をかけるのは別に問題はないのですが、会社からの電話であれば普通は「○○会社の○○と申しますが〜」と話し始めるところをいきなり「○○ですが、△△が名刺交換をさせていただき〜」と切り出しました。名刺交換した方のことは記憶にありましたが念のために「どちらの○○様ですか」と質問したところ、「先物取引会社の○○です」と答え、その後に怒涛の営業をかけてきました。いきなりクロージングをかけてくるような電話にさすがに腹が立って、タイミングを見計らって「不要」と言って電話を切りました。

こういう電話の対応を聞くと、私も電話の対応について「気づかぬうちに失礼な態度を取っていないか」ということを省みるきっかけになると思っています。2件目はよくあるケースではありますが、1件目は正直言って非常識だと思います。テレアポする側も「絶対にするな」とは言えないけれど、もうちょっと注意を払って行ってほしいものです。電話の対応一つで印象がガラリと変わってしまうわけですから、私も電話の対応には注意したいと思います。

(追記)

ブログのデザインを気分転換の意味も込めて変更してみました。カスタマイズはこれから徐々に行っていこうと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

あなたは「使い勝手がいい」と言われたいですか?

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

最近、英文で書かれている全く意味不明のスパムコメントが着弾します。過去数ヶ月前の記事にコメントの形跡を残さずにコメントしていることを考えると、コメントの自動送信システムがあるのではと感じてしまいます(TBの自動送信は実際にあるようです)。

私の場合はコメント・TBはメールで通知してもらうようにしているのでスパムコメント・TBは確認次第即削除していますが、私の使用しているライブドアでも5月から新たなスパムコメント・TBへの対応を取るようなので心待ちにしています。

今日は士業が「言われたい言葉」について書こうと思います。そのきっかけになった記事を紹介したいと思います。

(YAHOO NEWS-共同通信より引用)

使い勝手のいい建築士」 篠塚元支店長が認識

 耐震強度偽装事件で、木村建設(熊本県八代市、破産)の元東京支店長篠塚明容疑者(45)が、元1級建築士姉歯秀次容疑者(48)について「使い勝手がいい理想的な建築士だったが、わたしを怖がっていたかもしれない」と周囲に話していたことが28日、関係者の話で分かった。
 篠塚容疑者は国会の証人喚問などで偽装について「全く知らなかった。経済設計は求めたが『違法行為をしてもいい』と言うわけがない」と不当な圧力を否定した。警視庁などの合同捜査本部は、篠塚容疑者が姉歯容疑者の立場の弱さを十分に認識した上で、コスト削減などを要求、これが偽装につながったとみている。

(引用ここまで)

ここでのキーワードは「使い勝手がいい」という言葉ですが、皆さんはこの「使い勝手がいい」という言葉にどういうイメージを抱きますか?印象のいいイメージですか、それとも印象の悪いイメージですか?ほとんどの方が後者=印象の悪いイメージを抱くのではないかと思います。

我々士業のような基本的に「使われる側」としてはあまり言われたくない言葉ですね。ある意味「パシリ」のイメージを思い浮かべてしまいます。大したことのないことや明らかに「ブラック的」なものも業務としてやらされそうだし、その割にはペイしてくれないことが多そうですから。反対に「使う側」としてはその逆のことを考えているイメージを持ちます。

上記引用記事は、まさに「使い勝手がいい」ということの上記のイメージそのものだと思います。「使い勝手がいい」と判断されると「使う側」と「使われる側」の立場が対等ではなくなり、「使う側」の論理が幅を利かせてくるようになっていき、それがエスカレートしていくと上記引用記事のような大問題になってしまうのだろうと思います。

私のようなまだ駆け出しの士業は特に注意しなければならないと思います。駆け出しの場合だとどうしても仕事が欲しいわけですから、明らかに「使い勝手がいい」と思われる仕事でも引き受けてしまうことがおそらく多いと思います。そこをグッとこらえて「対等の立場で仕事する」「無理なことは無理と言う勇気を持つ」といったプライドを持って仕事を引き受けるべきだと思います。

最後にもう一回強調したいと思います(私自身に対する自戒も込めて)。

あなたは「使い勝手がいい」と言われたいですか?


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 15:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

個人情報における「外部へ」と「内部へ」の格差

おはようございます、「ゴーゴー社労士」です。

今日は、会社法のセミナーに参加したことの記事を書いたことで、元々書く予定だったものを後回しにした記事を書きたいと思います。個人情報に関する記事で、日経新聞からの引用です。

(NIKKEI NET 4/25付より引用)

金融庁、みずほ銀に業務改善命令・顧客情報流出で

 金融庁は25日、みずほ銀行に対し顧客情報の流出があったとして銀行法に基づく業務改善命令を出した。同行では都内支店の行員が詐欺グループに顧客の氏名や口座番号などを渡していたことが発覚しており、従業員の監督体制などに不備があったと判断した。改善命令は責任の明確化を要求。個人情報保護法に基づく情報管理の徹底も併せて勧告した。

 大手行に対し、個人情報保護法に基づく是正勧告が出たのは初めて。同法は金融機関などに特に厳格な情報管理を求め、漏洩(ろうえい)や流出などがあった場合、金融庁が是正勧告を出すと規定している。

 処分の原因となったのは、みずほ銀の新宿西口支店の課長クラスの行員が昨年、暴力団と関係が深い詐欺グループに約1200件の顧客情報を渡していた事件。問題の行員はすでに逮捕・起訴されている。金融庁が銀行に報告を求めたところ、個人情報保護のための社内規定が整備されておらず、従業員への監督体制も不十分だったという。

(引用ここまで)

この事件については2月に「最悪な形での個人情報漏洩」というタイトルで記事にしましたが、上記引用記事を見て感じたのはこの一点です。

「なぜ、みずほのような大銀行(大企業)が個人情報保護規程を整備していないのか」

また、以前に投稿した、不動産鑑定会社が突然個人情報保護対策を取らざるを得なくなって対応に追われたドキュメント本=「ドキュメント 小さな会社は『個人情報保護法』にどう立ち向かったか」において、金融機関の不動産鑑定会社に対する強圧的な個人情報保護に対するプレッシャーが生々しく書かれているのですが、その個人情報保護に対して非常にうるさいはずの金融機関で個人情報保護に対する社内規定が整備されてなかったという、ある意味笑い話だと思います。

外部(お客さん、株主等)にはプライバシーポリシーを公表して個人情報については万全の体制をアピールしているのに、内部では上記引用記事のようなずさんな体制のために個人情報を持ち出されてしまったという皮肉な結果になってしまいましたが、このような会社はまだまだ存在するのではないかと思います。あなたの会社はどうですか?思い当たりませんか?

昨日の記事で「会社法特需」ということを書きましたが、「個人情報特需」も個人情報漏洩が毎日のようで記事になることを考えるとこれからも存在するのではないか、と勝手ながら考えています。上記引用記事のように「外部へと内部への意識の格差」はまだまだ存在すると思いますから、そこがビジネスチャンスになるのではと思っています。私は「労務管理と絡めた個人情報の内部の意識」を言い続けようと思います。最終的にこのような(あるいは関連した内容で)セミナーができれば最高ですが、そのために実力を蓄えておきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 09:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

社労士と会社法

おはようございます、「ゴーゴー社労士」です。

昨日は、夕方から会社法のセミナーに参加するために王子(北とぴあ)まで出かけてきました。主催者は「暴れん坊所長の母」様が運営されているブログが大人気(ブログランキング会計部門で1位・私のブログと相互リンクをさせていただいている)の「戦う集団」野口会計事務所様でした。「暴れん坊所長の母」様とブログのやり取りをしているうちにブログで会社法に関するセミナーが開催されることを知って、開催間際にもかかわらず「参加したい」と申し出たところ、受け入れてくれたので参加の運びとなりました。

会場で「暴れん坊所長の母」様とご挨拶することができました。また、実際にセミナーを担当した「暴れん坊所長」様と「おっとり副所長」様にもご挨拶することができました。

セミナーの内容としては、5月1日から施行される会社法についてのさわりの部分、これから実際に起こりそうな実務についての内容でしたが、ある意味「蚊帳の外」的に会社法を眺めてきた私にとっては非常に参考になることばかりでした。社労士は公認会計士・税理士・行政書士・司法書士・弁護士が対応している「会社法特需」とはほとんど関係がありませんが、一般知識としては最低限の知識は知っておかなければならないと感じていたし、場合によっては情報提供もしなければならないだろうと考えていたので、セミナーに参加して正解でした。

話を聞いていると、対応する税理士も現時点では困惑しているな、という感じを受けました。税理士でこの有様なのだから、経営者はもっと困惑していると思います。また、現在の有限会社は特例有限会社として残るか、新たに株式会社にするのかという重大な経営判断を試されているように思います。法律としても会社法だけを見るのではなく、経過措置が書かれている整備法も知っておいたほうがいいようです。

昨日帰宅してネットサーフィンしていたら、このような記事を見つけました。これも会社法特需の一環なのでしょう。もしくは始まりの序章にすぎないのかもしれません。

(NIKKEI NETより引用)

日本興亜、会社法対応の役員賠償責任保険

 日本興亜損害保険は5月1日に施行する会社法に合わせて、補償範囲を拡大した新型の会社役員賠償責任保険を売り出す。株主代表訴訟が終わったときに広告を出す費用をカバーするほか、新設する「会計参与」職に当たる公認会計士や税理士などを補償対象に加える。株主から提訴請求された場合、その内容を精査するのにかかる費用も補償する。

(引用ここまで)

最後に、野口会計事務所の皆様、セミナーに突然参加することを認めていただきありがとうございました。昨日吸収した会社法の知識については最低限の情報提供という形で活用していきたいと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 09:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

今週は東京遠征の週

おはようございます、「ゴーゴー社労士」です。

やはり土(日)はアクセスが伸びませんね。先週は顔写真を載せたことで予想以上のアクセスがありましたが、一週間経つと元の通りですね。その理由も大体予想がつくようになったので、その対策も兼ねて今週は結果的に東京遠征の週になりました。

今週は今日(日)、12日(水)、14日(金)、15日(土)と勉強会あるいは異業種交流会のために東京へ行きます。同業者(=社労士)との交流も大事ですが、特に異業種の方に私の存在を知ってもらうことが目的です。当然名刺交換も行うことになりますが、私の存在・業務などを知ってもらうための工夫も名刺で試してみました。

交流会参加後は名刺交換させていただいた全員にお礼状のハガキを出し、私の存在を更に印象付けようと思っています。先日も書いたように、とにかくアピールしないと生き残れませんので、過度な売り込みにならないように気をつけて交流会・勉強会に参加したいと思います。

今週だけでなく、来週もおそらく東京遠征が多くなると思いますが、東京までの往復2,000円に参加費用を加えると現在の私の財政状況では間違いなく痛い出費ですが、その出費をすぐに取り戻せるように有意義な東京遠征をしたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

空白期間のツケ

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

今日はハローワークに行ってきました。自分の雇用保険の資格喪失届を提出するためにですが・・・。本来ならば事務所のほうでやってしかるべきなのに「本業だから」という理由で自分で出すことになりました。何か変な感じがしました。私の場合はすでに社労士開業ということで基本手当の受給はしません(したら不正受給になるし、ハローワークの職員さんからも念を押された)が、万が一のための離職証明書等は頂いておきました。利用しないことを願うばかりです。

ここ最近はホームページの改良に改良を重ねているところですが、今感じているのは「放置のツケは大きいな」ということです。昨年末に更新して以来、「開業ダッシュの会」に参加するまで3ヶ月間放置していたことになりますから、その時間のロスが非常に重く感じています。

現在の改良は早くても1〜3ヵ月後に効果が出る(はず)のものですから、やはり継続しないと、つまり空白の期間を作ってはダメですね。その代表格がブログで、何とか継続していくことができたからこそ現在の形ができたのだと思っています。以前も書きましたが、単独キーワードでも3〜5ページ目くらいに私のホームページがランクされるようになりましたから、継続すれば1ページ目にランクされることも不可能なことではなくなったので、現在の成果を無駄にしないように空白の期間を作らず継続していきたいと思って言います。

もっともホームページだけでなく、リアルの営業活動にも言えることですが、これをやると決めたら継続してやること、そして空白の期間を作らないことが非常に大事なことだと思っています。明日からもいろいろと試すことがあればどんどん試していきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

とにかく「アピール」あるのみ

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

今日から事実上の新年度スタートとなりますが、私も同様に「フルタイム社労士」としての活動を事実上スタートさせました。昨日は顔写真を載せたせいか、普段の土・日は100アクセスを超えることのない私のブログが100アクセスを超えるなど、昨日の時点では顔写真の効果はあったのかなと思っています。

顔写真を載せたのも、結局は「自分をアピールすること」の一部で、これからはもっと自分の存在をアピールしなければなりません。名刺交換をした場合にお礼状を出すことも、ニュースレターを配ることも、すべて自分をアピールするための対策です。事務所=自宅にこもってホームページの再構築やブログを書くことだけ、つまり待っているだけでは上記のことはできませんから、とにかくいろいろと異業種交流会等の人がたくさん集まる場所に積極的に出向いて上記のことをすることで私をアピールできたらいいなと考えております。

元々が自分をアピールするのが苦手な性格なのですが、今となってはそういうことは言ってられません。「当たって砕けろ」の精神で行くしかありません。対象としているのがNPOと起業家なので、そういう方が集まる場所を何とか探して、印象に残るようなアピールを続けていきたいと思います。

とにかく「自分をアピールすること」、この一心でこれからの営業活動を続けていきたいと思っています。実務の勉強も大事ですが、お客さんが獲得できないことには無駄な時間となってしまいます。お客さんとの折衝のうえで実務の勉強をすることによって実力は身につくはずですから、まずはその前段階であるお客さんとなるかもしれない人に自分の存在をもっとアピールしていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

退職しました。これからが勝負

こんばんは、「午後から社労士」です。

この「午後から社労士」という肩書きは、今日で終わりにします。

昨日も書いたとおり、今日限りで現在勤務している会計事務所を退職しました。少し時期が早まっただけで実際にはほぼ予定通りの退職でした。言いたいことはいろいろとありますが、ここは不満を吐く場所にはしたくないので、お会いする機会があれば個別にお話ししたいと思います。

ということで、4月からはセーフティーゾーンが全くなくなるわけです。今までの意識を変えないと「撤退」ということになってしまいます。今すぐにでもお客さんを獲得しなければならないわけです。今考えると、「午後から」ということに甘えてしまったように思います。肩書きとしては非常に憶えやすかったとは思いますが、本当の意味で「プロ」かといえば、そうでなかったような気がします。

これからが本当の勝負だと思います。退職の挨拶で「くじけずに頑張る」と言いましたし、後戻りすることは許されない気持ちで「フルタイムの社労士」として生活することができるように頑張っていきたいとおもいます。

ブログのタイトルも当然変更することになりますが、タイトルについては上記のように後戻りすることが許されず、前に進むしかない気持ちをこめたものに変えようと思っています。実際には明日は早朝から出かけてしまうので、明日の夕方ごろにタイトルを変更する予定です。そのときまでもうしばらくお待ちください。

撤退・廃業というプレッシャーとともにこれからの開業社労士としての人生を歩むことになりますが、そのプレッシャーに負けないようにしたいと思っています。皆様のご支援とご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ニュースレター その2

こんばんは、「午後から社労士」です。

私のブログのアクセス数が最短で明日、明後日には間違いなく10,000アクセスに到達する予定です。このことについては実際に到達したら感想を書こうと思います。

今日は、昨日書いたニュースレターの続きです。

昨日は「ニュースレター」を書いたといっても中途半端な形で終えてしまったため、今日は最後まで仕上げることを目標として、何とか印刷まで終えることができました。もちろん印刷しただけでは何の意味もないので、昨日の投稿どおり水曜日に参加するセミナーで配布することに加えて、異業種交流会などに参加した場合にこのニュースレターを名刺交換と同時に配布しようと考えています。

手ぶらのまま(つまり、何の情報も持ってこない)で異業種交流会に参加することには非常に後ろめたいものを感じたし、また気恥ずかしさもあったのでこれまではそういった会には参加してこなかったのですが、これがビジネスにつながるかは全くわかりませんがようやく「ネタ」を作ることができたので、効果測定の意味もこめて異業種交流会にも積極的に参加しようと思います。もちろん「ネタ」を持って参加するのとしないのとでは意識の面で大きな違いがあると思います。

「お礼状」のこともそうですが、普通のことをやっていてばかりいてはダメだ、ということをあらためて実感します。「業務上の差別化」も確かに重要ですが、それ以前に「自分の存在をアピールする、自分の存在を認識してもらう・思い出してもらう」ことの「差別化」こそがより重要だなと思っています。

あとは継続して実行できるかにかかっています。何回も継続して実行しないと効果は出ないので、諦めずに実行し続けていきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

ニュースレター

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日、大相撲で久々の大記録が生まれました。

(YAHOO SPORTS-読売新聞より引用)

把瑠都、十両で43年ぶり全勝優勝

 大相撲春場所千秋楽の26日、13日目に十両優勝を決めていた東十両11枚目の把瑠都(エストニア出身、三保ヶ関部屋)(21)が、15戦全勝を飾った。

 十両の全勝優勝は、1場所15日制となって以降、1963年九州場所の北の富士以来、4人目。

(引用ここまで)

力量のある程度はっきりしている幕内では全勝優勝はよくあることですが、それほど力量が明確でない(イメージ)の十両で全勝優勝というのは快挙というほかありません。この成績ならば現在の位置からでも来場所は新入幕の可能性が高いでしょう(相撲協会のホームページで確認済み)。

43年前の全勝優勝者である北の富士さんは翌場所新入幕を果たし、その成績は13勝2敗(!)でした。知っている方も多いでしょうが、横綱にまでなった方です。把瑠都関はこの記録に追いつくくらいの活躍をするのでしょうか、来場所は当然注目すべき力士です。

話が長くなりましたが、本題に戻ります。

今日もホームページの改良と、新たにニュースレターの作成に一日を費やしました。ニュースレターについてはセルフコーチング定例会の場で「ニュースレターを作って私の存在をアピールする」というようなことを発言して以来、全く行わないままでしたが、先日の「開業ダッシュの会」のキーワードである「実行すること」の一つとして、また営業活動の一環として作成することにしました。

今週の水曜日にあるセミナーに参加するので、その場で第1号のニュースレターを配ろうと考えています。直接ビジネスにつながるかはわかりません(今回だけでは多分つながらないと思います)が、実行しないことには成功も失敗も検証できないわけですし、直接的にも間接的にも社労士としての私の存在がアピールできればいいかな、と考えています。

単に名刺交換するだけではアピールにはならないな、と今更ながら考えるようになりました。そういう意味ではかなりの期間において機会損失をしてしまったな、と実感させられています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 19:29| Comment(4) | TrackBack(3) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「あること」の答え

こんばんは、「午後から社労士」です。

20日が事務所全体の休みだったため、結果的に4連休となりましたが、前半は「開業ダッシュの会」に参加して、後半は「あること」の仕込みで時間を取られてなかなか休む暇がありませんでしたが、順調にいけばそのような状態が当たり前の状態になるでしょうから、忙しくなった場合の予行練習というように考えておきます。

今日は2日前にも書いた「あること」の答えを書きます。

「あること」の答えは、「開業ダッシュの会」に参加した人”全員”にお礼状のハガキを書くことでした。”全員に”です。

「開業ダッシュの会」では必ず全員と名刺交換をする大名刺交換会があるので名刺交換をしない人というのは絶対に存在しません。よってそれだけの人とお礼状のハガキを書くことになりますから、実際にハガキを書いて出すまでに時間がかかりました。さすがに全員に手書きは無理なので、参加者には印刷したテンプレートに一言コメントををつける形で、主催者の森田さん夫妻と講師の方々には手書きで感謝の気持ちを表す形で書きました。

実は同じ考えを持った人が「開業ダッシュの会」参加者の中にいました。ギャオス777さん夫妻で、夫妻とは私が「開業ダッシュの会」初日の昼食時に会場近くのデニーズに行ったときに偶然隣り合わせました。そのときは全く知らなかったのですが、会場に着いてから同じ参加者であることを知りました。昼食時に私が読んでいた本と同じ本(朝日心月さんの「1枚のお礼状で利益を3倍にする方法」)を所有していたようで、夫妻とはその話で盛り上がりました。

この本を読んで「お礼状をビジネスに使うようにしよう」という決意を固めました。そして今回実際に実行してみました。これが即ビジネスにつながるかといったら間違いなくつながらないと思いますが、私の存在をさらに知ってもらうきっかけにはなると思っています。これからもいろいろな人と会う機会を作って、感謝の気持ちを表す形でどんどんお礼状を出していきたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

「開業ダッシュの会」 その2

こんにちは、「午後から社労士」です。

今日はお彼岸を済ませた後、ワールドベースボールクラシック・ファイナル(決勝)をずっと見ていました。もう知っている方も多いでしょうが、わが日本が記念すべき第1回目の勝者となりました。王監督をはじめスタッフの皆さん、選手の皆さん、本当におめでとうございました。パシフィック・リーグは今週の土曜日が開幕戦ということで休む間もなくシーズンが始まってしまいますが、この勢いを各チームに持っていってほしいと思います。

話を本題に戻します。今日は「開業ダッシュの会」2日目(19日)の参加報告と感想を書きたいと思います。

2日目の担当講師は社労士の下田直人さんと行政書士の丸山学さんでした。

下田さんは、実はTAC上級本科生(池袋校)の同級生ということでそのときからの知り合いです。しかし実際にまともな話(下田さん、ゴメンナサイ)を聞くのは今回が初めてでしたが、なるほどと思える話を聞くことができました。要約すると「人との縁を大事にすること」を中心に話をされましたが、そのためには「行動してチャンスをもぎ取ることが大事」であることを特に強調されていました。

具体的には社労士の開業講座における大先生といわれている人の講義に感動し、挨拶をした後にその大先生宛にお礼の手紙を書いたところ、最終的には合同事務所の紹介にまでたどり着いたということなのですが、その大先生宛にお礼の手紙を書いたのは数多くの講義を聞いた中でおそらく自分だけということでした。結局行動することで他の人との差がついてしまったわけです。これはいい話を聞いたなと思いました。

丸山さんについては、こちらから説明する必要はないほどの有名な行政書士ですが、今回は士業が常に向き合わなければならないことを話していただきました。つまり、例えば30歳で開業すれば約30年において他の士業と競合しなければならず、かつどうやって勝ち残ることができるかということの話でした。その中で経営戦略で有名なM
.ポーターの「競争の戦略」を例に出したのは以外でしたが、思い出してみると「なるほど」と思わせる内容でした。

やはりポイントは「差別化と特化」ということで、それらができないと価格競争に巻き込まれてしまうということでした。「絶対にこの事務所に依頼したい」と思わせるような経営戦略を立てることが重要だと実感しました。

昨日に続いて「大名刺交換会」が行われたのですが、今考えるとはっきり言って失敗しました。昨日と同じ名刺だったからです。昨日と同じ名刺では結局埋もれてしまうからです。お金をかけなければならないところは何が何でもかけなければならないということをあらためて実感しました。

計2日間で5人の講師の話を聞いたわけですが、講師全員に共通したメッセージは

「行動しないと、結果は出ないし、チャンスも生まれない」

ということでした。「いい話を聞かせてもらった」だけではダメで、そのうち一つでもいいから実行に移さないと結局ずっと「話を聞く側」になってしまうので、やれること、できることを一つずつ実行していくことを、ここに決意します。昨日も書いたように、すでに「あること」を実行しています。

最後に「開業ダッシュの会」主催者の森田さん夫妻、担当講師の方々、参加者の皆様、すばらしい時間をありがとうございました。この縁を無駄にしないように、上記のようにできることを一つ一つ実行していきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 17:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

「開業ダッシュ」の会 その1

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日・明日の2日間にわたって18日・19日に行われたもりたサポート・オフィス主催の「開業ダッシュの会」に参加した感想・報告を書きたいと思います。この時間になってしまったのは、その他にやると決めていた「あること」を行っており、それがかなりの時間を要したため今の時間になってしまいました。

それでは早速本編に進みたいと思います。今日は18日(1日目)についてです。

1日目の講師は税理士の山本憲明さんと社労士の松崎直己さんでした。

税理士の山本さんは税理士として「開幕ダッシュ」に成功された方で、その体験談を中心に話をされました。開業前からメルマガやブログを書いたりいろいろな方に会いに行ったりなどした結果が「開幕ダッシュ」につながったことや、ネットを利用した集客方法など、非常に参考になる話ばかりでした。

山本さんが特に強調されていたのが、メルマガを書くことでした。メルマガを書くことの効用として文章力がつく、顧客獲得の可能性がある、人脈形成につながる、記事がデータベースになることを挙げていましたが、特に文章力がつくということが士業にとっては必要不可欠ということを話されていました。それとホームページにおけるパーソナルな部分=プロフィールの充実でした。プロフィールをよく見た結果として仕事のオファーが来るということを話されていましたので、私もこの部分を早速見直していきます。

社労士の松崎さんについては以前から知っていた方でしたが、本格的な話を聞くのは実は初めてでした。一回本格的な話を聞く機会(そのときは助成金の話)でしたが、自分のミスで話のほとんどを聞き逃してしまったので、今回はチャンスを逃すまいと思って話を聞きました。

松崎さんはマーケティング手法を利用してシステマティックな社労士事務所を経営されていることで有名ですが、今回はその話が中心でした。特に経営におけるプロセスそれぞれが意味を持っており、それぞれが掛け算となってビジネスが成立する、つまり一部ゼロがあれば全体がゼロになってしまうことを強調していました。また、何かに特化してブランドを形成すること、その対極として社労士にブランドはないということも話されていました。

その後、ゲストスピーカーとして、セミナー講師としても有名なネクストサービスの松尾昭仁さんが20分ほど話をされましたが、松尾さんの話で胸に突き刺さる言葉がありました。それは

「セミナーに参加することを”悔しい”と思いなさい」

という言葉でした。松尾さん自身も「セミナーを受講することでいい話を聞くことができたと思うと同時に、”悔しい”とも思った」と話されていたので、その話を聞いていると、何か私も”悔しさ”を感じるようになりました。ある意味一番印象に残った言葉でした。

最後に「ダッシュの会」の名物イベントである「大名刺交換会」が行われましたが、予想した以上にハードでした。約40〜50人”全員”と名刺交換をするわけですからすごく疲れました。しかし、全員と顔合わせをすることになりますからこの縁を忘れないようにするためには重要なイベントだな、と実感しました。

以上、18日(1日目)の参加報告・感想でした。19日(2日目)の参加報告・感想は明日書きたいと思います。

(追記)

申し訳ありません。ブログカスタマイズの一環としてコメント・TBの受付をしない設定にしていてそのままにしていました。今受付をする設定に直しました。本当に申し訳ありませんでした。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 23:19| Comment(8) | TrackBack(6) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ヒーローインタビュー

こんにちは、「午後から社労士」です。

昨日、連合会からハガキがきました。特定社労士に関する特別研修の仮確定の通知でした。私の場合は第2回目に絞って仮申し込みをしていたのですが、まさかの仮当選でした。日程は未定ですが、決定したスケジュールに対応しなければならないため将来の日程に苦労しそうです。それにしても、申し込みをする際には配達記録を押し付けておきながら、通知はなぜ普通ハガキ・・・?

今日は昨日参加したセルフコーチング定例会第3回目の参加報告をします。昨日のテーマは「ヒーローインタビュー」でした。

「なぜヒーローインタビュー!?」と思われる方も多いでしょうが、ちゃんと理由があって、前回にそれぞれが設定した目標について6月に達成したということを前提としての「ヒーローインタビュー」ということでした。当然ながら単なるインタビューではなくて、コーチング技術(のようなもの)を利用してインタビューをするのですが、目標達成を前提としたインタビューなのでインタビューする側もされる側も明るくかつ晴れ晴れとした表情で質問し、答えるのがすごく印象的でした。先日参加した「なりたい自分の育て方」セミナーに通じるものがありました。

目標を達成することができたということは、その目標を達成するためのプロセスが必ずあるはずです。そのプロセスを逆算して現実に目標を達成するためのプロセスを本物にできるように頑張りたいと思います。また、成功者になりきることで成功するためのイメージを掴むことも大切だと思いました。

昨日については30分遅れる予定で会場に着く予定だったのですが、何故か道に迷ってしまい更に30分遅れる結果となってしまいました。定例会参加者の皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。以後はこのようなことがないように気をつけます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 16:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

「魔法」のセミナー

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日「も」渋谷に行ってきました。といってもセミナー等のイベントでではなく、本当に危急の用事があったので仕事が終わってから(今日は5時まで仕事)行ってきました。詳細は後述します。

今日「も」ということは昨日も渋谷に行っていました。昨日は私のブログ仲間(と言ってもいいですよね?)であり、開業社労士の先輩である内海正人さん吉川直子さんのジョイントセミナーに参加してきました。「ブログ・メルマガ!魔法の営業活用セミナー」と言うタイトルのセミナーでしたが、ここで言う魔法とはインターネットのことで、ネットを更に営業活動に生かそうという趣旨のセミナーでした。もっとも、参加者のほとんどが私を含めて社労士(開業者・有資格者)ということで社労士に対する営業活用のセミナーと言ってもいいくらいの内容でした。

話を聞いていて面白いなと思ったのは「情報商材」についての話でした。情報起業家が当たり前のように行っている「無料ダウンロードを経由して情報商材を購入してもらう」プロセスを社労士が行うという「社労士にとっては」斬新なアイデアをきっかけとした集客戦略に引き込まれました。私も何かターゲットを絞った商材を作ろうかと考えさせる話でした。

ブログについては「ビジネスのためにブログを使うという強い決意が必要である」ということでした。短期間ではすぐに結果は出ないけど必ずビジネスの加速成功につながるし、まだまだブログを有効に生かしきっていないのでは?というブログに対する改善の余地があるのかなということを強く感じました。セミナーのレジュメで吉川さんのブログの最近のアクセス解析が資料として入っていたのですが、「ブログで成功するにはこのレベルにまでならないとダメなのか・・・」と納得してしまうものすごい内容でした。いつかは自分もという奮発材料にもなりました。

セミナー終了後の懇親会が5時から始まって気づけば10時という、セミナーに負けず劣らぬ内容で盛り上がりました。この機会をぜひ大切にしたいと思っています。

さて、今日の話に戻ります。今日はその「懇親会が行われた居酒屋」に危急の用事で行ってきたのです。昨日家に帰って気がついたのですが、昨日懇親会が始まるまではあったはずの名刺入れがなかったのです・・・。ズボンのポケットに名刺入れを入れていたのでその場で落としたのか?ということで必死な思いでその居酒屋へ行って事情を説明して懇親会が行われた席で探してもらったら、見つかりました・・・。本当に見つかってよかったです。最後はこんなオチですみません・・・。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 23:29| Comment(6) | TrackBack(3) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。