2005年10月28日

今日の気になった記事

今日の読売新聞の記事の中に気になる記事があったので
紹介しておきます。

(引用ここから)

「パワハラ」で労災認定、上司しっ責で自殺の営業所長
 東証1部上場の道路工事会社「前田道路」(本社・東京)の愛媛県内の営業所長だった男性(当時43歳)が昨年9月に自殺したのは、上司からしっ責され続け、心理的な圧迫を受けたことが原因などとして、新居浜労働基準監督署は労災と認定し、27日、妻の岩崎洋子さん(43)(松山市)に通知した。

 弁護団は「パワーハラスメント(職権による人権侵害)が原因と認められた異例のケース」としている。

 弁護団によると、男性は2003年4月に営業所長になったが、昨年7月ごろから、契約料を発注元から減額されるなどして売り上げ目標が達成できず、四国支店(高松市)に呼び出され上司に厳しくしっ責された。昨年8月には、下請け工事代金が滞ったため、家の預金から150万円を引き出して業者に支払った。

 しかし、営業成績は不振が続き、上司から「所長として能力がない」と約2時間責められるなどしたため、うつ病になったという。同年9月になってもしっ責は続き、休日明けの13日に、「怒られるのも言い訳するのもつかれました」などとの遺書を残し、営業所敷地内で首をつり自殺した。

(2005年10月27日23時44分 読売新聞)

(引用ここまで)

パワーハラスメント、いわゆる職場いじめの問題ですが、この間の
支部会でも研修会の一部で説明がありました。そのときはあまり興
味はなく、このようなケースがあるんだ的な認識しかありませんで
したが、この記事を読んで意識を変えました。

上記のケースは精神的苦痛を被っただけでなく、経済的損失も被っ
たという点で非常に悪質だと思います。労災が認定されて終わり、
ということにはならず、裁判になる可能性があるのではないでし
ょうか。

パワーハラスメントについて、もっと深く勉強しようと思います。


人気ブログランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 18:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 労務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上さま、こんにちは。
コメントありがとうございました。
早速遊びにきました。

応援クリックさせて戴きました。
今後とも宜しくお願い致します。
Posted by 人事労務屋・田代 at 2005年10月29日 18:29
田代さんへ

早速のご訪問及びコメント、トラックバック
ならびに応援のクリックありがとうございま
した。

今後もお世話になると思いますので
よろしくお願いします。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2005年10月29日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【500号】うつ病で自殺、労災と認定
Excerpt:  おはようございます。秋の天気は本当に変わりやすいですね。今朝は本曇りで、これから、一日中雨の予報となっています。週末は外出の予定はなく、比較的のんびりと過ごそうと思っています。  さて、今日の投稿..
Weblog: 〜人事労務屋のつぶやき 独立編〜
Tracked: 2005-10-29 18:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。