2005年12月20日

高年齢者の雇用対策 その2〜雇用確保措置

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は「高年齢者の雇用対策」の第2回目で、テーマは
「雇用確保措置」です。

第1回目で、改正高年齢者雇用安定法では下記3通りのいずれ
かの「雇用確保措置」をとることが義務付けられる、と書き
ました。該当する高年齢者が存在しなくても当然に義務づけ
られます。

(1)継続雇用制度=勤務延長制度または再雇用制度の導入
(2)定年年齢の引き上げ
(3)定年の定めの廃止

ただし、いきなり65歳までの雇用確保措置をとらなければな
らないわけではなく、段階的に65歳までの雇用確保措置をと
るようなスケジュールになっています。

平成18年4月1日〜平成19年3月31日  62歳
平成19年4月1日〜平成22年3月31日  63歳
平成22年4月1日〜平成25年3月31日  64歳

このスケジュールに何か意味があるのか、といえば、大いに
あります。この日程は、「特別支給の老齢厚生年金」の定額
部分(国民年金の老齢基礎年金に相当する額)の支給が段階
的に引き上げられる年度とリンクしています。つまり、その
年金部分が受給できなくなる穴埋め対策として上記の雇用確
保措置のスケジュールが決められたわけです(「特別支給
の老齢厚生年金」については後で詳しく説明します)。

それでは、上記3通りの雇用確保措置の中で最も利用される
可能性が高いのはどの制度でしょうか?

答えは(1)継続雇用制度=勤務延長制度または再雇用制度
の導入です。新聞などで大企業が雇用延長制度を取り入れる
記事が掲載されるのはほぼ全てこの制度です。また、賃金設
計や雇用形態も柔軟に対応できるという点で最も利用される
可能性が高いのだと思われます。

明日は「継続雇用制度」に絞って説明をしたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之  です<emoji:pikapika>

今日から仕事です。
今隠れて、ブログ見てます。

とりあえず、ポチッと!
Posted by SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 at 2005年12月21日 14:06
伊豆川さん、こんにちは。

今日から仕事なんですね。体を壊さないように頑張ってください。

隠れてのネットは控え目にしましょう(笑)
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2005年12月21日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。