2005年12月23日

高年齢者の雇用対策 その5〜手続

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は、高年齢者の雇用対策の第5回目です。テーマは
「手続」です。

高年齢者の雇用対策 その1〜時間は迫っている!
高年齢者の雇用対策 その2〜雇用確保措置
高年齢者の雇用対策 その3〜継続雇用制度
高年齢者の雇用対策 その4〜対象高年齢者の「基準」

第4回目で、継続雇用の対象高年齢者の「基準」を定め
るには、必ず労使による協議が必要である、と書きまし
た。その労使による協議が上手くいけば労使協定という
書面に使用者・労働組合等がそれそれ署名押印する手続
が必要となります。なお、労使協定の書面は所轄の労働
基準監督署に届出が必要なものと必要でないものがあり
ますが、この場合は必要とされていません。ただし、労
働者全員ににその内容を知ってもらうために、労使協定
の協議の内容の周知はしておいたほうがよいでしょう。

また、65歳までの段階的な雇用確保措置が義務づけられ
る以上、就業規則の変更が必ず必要となります。就業規
則は、常時労働者が10名以上(パート等も含む)いる事
業所は必ず作成しなければならない、事業所のルールブ
ックです。就業規則を変更するにあたっては、事業主側
が主導して変更することができますが、必ず労働組合等
の意見を聴いて、その意見書を添付して所轄の労働基準
監督署に提出しなければなりません。

意見を聴く=規則案を変更しなければならない、という
ことではありませんが、そのような就業規則の変更が決
まってしまえば必ず労働者側の反発を招くので、できる
だけ労働者の意見は反映させたほうがいいと思います。
さらに、就業規則は必ず全文を全労働者に周知しなけれ
ばなりません。

これは、労使の協議が上手くいかずに期間限定で就業規
則において継続雇用の対象労働者の基準を定める場合も
同様の手続が必要となります。

次回は最終回として、まとめ的なことを書きたいと思い
ます。ただし、明日はいろいろと用事があって書くのは
難しそうなので明後日に書きたいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 23:43| Comment(4) | TrackBack(1) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスイブに失礼します!
村上さんのブログの紹介記事を書かせていただきましたので、トラックバックを失礼します。
Posted by 社労士“K” at 2005年12月24日 14:25
社労士”K”さん、ブログの紹介記事ありがとうございます。

あとでお礼のコメントを書かせていただきます。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2005年12月25日 09:04
イブに続く連日&クリスマスに失礼します。いつもお世話になっております社労士の“K”です。
今日はちょっとご案内で伺いました。すでにご存知かもしれませんが…、12月23日に【社会保険労務士試験圧勝ブログ!!】なるものを立上げました。社労士受験生を応援しよう!という趣旨のものです。お時間がある時にでも、そっと覗いていただけたら嬉しいです。アドレスは、http://syakaihokenroumushi.livedoor.biz/ です。
Posted by 社労士“K” at 2005年12月25日 17:30
社労士”K”さん、こんばんは。

紹介されているブログ、早速拝見させていただきました。今度は受験生サポートもなさるのですね。
本業に支障が出ないように頑張ってください。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2005年12月25日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ効果!! 広がるネットワーク
Excerpt: 今日は、新しい仲間のご紹介です。ご紹介するブログは、日本初(?)の「午後から社労士」としてご活躍されている社会保険労務士の村上隆洋さんのブログです…
Weblog: 社会保険労務士(補助者)の事件簿
Tracked: 2005-12-24 14:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。