2005年12月25日

高年齢者の雇用対策 最終回〜まとめ

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は高年齢者の雇用対策の最終回ということで、まとめ的
なことを書きたいと思います。

高年齢者の雇用対策 その1〜時間は迫っている!
高年齢者の雇用対策 その2〜雇用確保措置
高年齢者の雇用対策 その3〜継続雇用制度
高年齢者の雇用対策 その4〜対象高年齢者の「基準」
高年齢者の雇用対策 その5〜手続

計5回にわたって高年齢者の雇用対策について書いてきたわけ
ですが、主に中小零細企業・NPO法人に対して伝えたいことは、
「必ず自身の実態に応じた高年齢者雇用対策を立ててください」
ということです。新聞記事では大企業の例しか掲載しないので
それ以外の企業等ではそういった例を参考にするしかないと思
われますが、それ以外の企業等でもそれぞれの基準や実態とい
うものがあるわけですから、その実態に合わせないと困った事
態を招くことになります。高年齢者の雇用対策には就業規則の
変更が必ず必要になりますが、実態に応じてやらないと、就業
規則の不利益変更ということで間違いなくトラブルになります。

また、第1回目でも書きましたが、高年齢の雇用対策(65歳ま
での段階的な雇用確保措置)は「義務付け」られています。「知
らなかった」では済まされないのです。また、時間の猶予はあ
と3ヶ月しか残されていません。未だに対応がされていない場合
は早急に対応しなければなりません。

以上、高年齢者の雇用対策について、基本的には継続雇用の制
度について書いてきました。本当ならば高年齢者の賃金設計等
についても書きたかったのですが、今回は未だに対応できてい
ないと思われる中小・零細企業やNPO法人などに対して制度の内
容を知ってもらうという目的で、主に高年齢者の雇用対策の制
度内容を中心に書いてきたことをご了承ください。

私の書いたことが参考になれば、またお役に立てれば幸いです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上さん、こんばんは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之  です<emoji:pikapika>

僕も社労士試験の勉強をしてたので、高年齢者雇用対策について、勉強しましたよ。

でも、ほどんど忘れてしまったので、今回はよい機会でした。

それでは、愛言葉行きま〜す、ポチッと!
Posted by SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 at 2005年12月26日 01:29
伊豆川さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

これまでに書いてきたことが参考になってくれれば本当に嬉しいです。

また何かシリーズものを書くことは考えていますので、そのときはぜひご覧ください。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2005年12月26日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。