2006年01月08日

国保組合も聖域ではなくなるかも・・・

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は朝日新聞のウェブサイトで見つけた国保組合の記事について
取り上げたい思います。私も国保組合加入者なので見逃せませんで
した。

(asahi.com.より引用)

開業医や歯科医師ら加入 国保組合、補助削減へ 厚労省

 厚生労働省は、国民健康保険のうち、業種ごとの国民健康保険組
合(国保組合、全国166組合、被保険者数約404万人)につい
て、財政力のある開業医らの組合への国庫補助を一部なくすなど補
助体系を見直すことを決めた。医療費抑制の一環で、06年度から
段階的に実施する方針。

 国保には、高齢者やフリーターらが加入し、市町村が運営する市
町村国保と、開業医や弁護士、建設業者などが加入する国保組合が
ある。

 国保組合への国庫補助は、医療給付費の32%を一律に補助する
「定率部分」と、組合の財政力に応じて、1〜20%で5段階に分
けて補助する「上乗せ部分」があるが、見直しでは、この上乗せ部
分の補助率を0〜23%に広げる一方、10段階に細分化して、よ
りきめ細かく対応する。

 現在は1%上乗せされている開業医(47組合)や歯科医師(2
7組合)、薬剤師(3組合)など計80組合のうち、68組合につ
いて06年度に0.4%に削減、07年度にはゼロにする。1人あ
たり月500円程度の保険料アップになる計算という。加入者が少
ないなどで財政力のない組合では、補助率が上がる場合もある。


 一般の現役世代の窓口での本人負担は3割だが、財政力がある国
保組合の中には本人負担が3割未満の所も少なくなく、05年は6
9組合が1〜2割負担だった。このため、サラリーマンなどが加入
する健保でつくる健康保険組合連合会などから「国庫補助が必要な
のか」と疑問視する声が出ていた。ただし、今回の見直しは補助部
分のごく一部分で、さらなる見直しを求める声が出る可能性もある。

(引用ここまで)

確かに市区町村国保に比べて国保組合は優遇されてるな、という実
感はします。上記の本人負担もそうですが、特に保険料の負担につ
いては特にそう感じます。市区町村国保の保険料は前年の所得がベ
ースになって保険料が算出されますが、国保組合の保険料は所得に
関係なく定額というところが大多数で、しかもその事務所等の職員
であれば健康保険と同様に半額負担で済むので負担感はあまり感じ
ていないと思います。例として私の勤務する会計事務所が加入して
いる関東信越税理士国保組合の場合、職員の保険料は9,000円で、そ
の半額が事業主負担なので実際の負担額は4,500円です。

ただし、私が事務所に勤務し始めたときの窓口負担は2割だったのに
昨年から3割になったので、財政的には楽ではないことがうかがえま
す。他の国保組合もよほど財政的に余裕がない限りは負担増になる
のは時間の問題になると思われます。

それに増して上記の補助カットをきっかけにして保険料負担が大きく
なる可能性があるわけですから国保組合も聖域ではなくなってくるの
かな、という感じがします。

人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
TB&コメントありがとうございます!
財政力のある国保組合の負担割合が3割未満っていういのは羨ましいですが、これからはその割合も増えてくるのでしょうね。
よろしければ、村上様のブログ、リンクさせていただけますか?
Posted by 柴田ユカ at 2006年01月09日 09:26
柴田ユカさん、はじめまして。
ブログ訪問&コメントありがとうございました。

ブログリンクの件、了解しましたので早速リンクを貼っておきます。

私ももうすぐ国保組合から市区町村国保に変わるので負担感をこれからは感じるのでしょうね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年01月09日 09:42
村上さん、こんにちは。
国保組合はたぶん優遇されていつんだろうなあ、とは思っていましたが、所得に関係なく定額が多いという実態は知りませんでした。
ポチッと押しましたよ。

私のブログ、実名&顔出し解禁しました。今後ともどうぞよろしくです。
Posted by 田中謙二(招き猫) at 2006年01月09日 13:37
田中さん(招き猫さん)、こんにちは。
コメントありがとうございました。

国保には健康保険と違って「標準報酬」という概念がありませんから、定額にせざるを得ないのでしょう、ということをあらためて実感しました。私も今後はその恩恵を受けられなくなるので不安いっぱいですが・・・。

実名&顔出し、承知しました。私もいつかは顔出ししますのでお待ちください。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年01月09日 13:56
現在歯科医院に勤務しております。静岡県歯科医師国保の加入になるのですが、保険料が月額9000円。事業主と折半かと思ったらどうやら「保健に加入するのにその他の手続きなどの手数料を事業主が負担しているから保険料は全額従業員負担」らしいんです。こんなことってありなんでしょうか?一応結構保健組合=社会保険ですよねぇ??すでに三年くらい働いている女の子は毎月9000円支払いをしています。もし半額事業所負担が義務ならば差額の4500円の三年間分は返金とかってされるのでしょうか?
ちなみに従業員はフルタイムで3人午前中のみ(3時間勤務)の人が二人、午後のみの(5時間勤務)人が二人プラス先生です。誰に相談してよいのかも分からずここにたどり着きました、もしお手数でなければ良いアドバイスなどいただけたらうれしいです!
Posted by さくらんぼ at 2006年02月14日 02:13
さくらんぼ様、はじめまして。

ここで私が例に挙げた(私が加入している)税理士国保組合については保険証が渡されると同時に国保組合の小さなしおりが渡されて、その中に保険料が折半負担ということが書かれていました。

保険料の負担についてですが、国保組合に関してはそれぞれの国保組合で異なります。なぜなら、国で運営している社会保険と違って、各国保組合はそれぞれの基準で運営しているからです。

参考に、他県の歯科医師国保組合・医師国保組合のホームページを見てみたのですが、それらを見る限りではどうやら折半負担ではなさそうな感じがしました。ただし、ここで断定することはできないので、一番無難なのは静岡の歯科医師国保組合に問い合わせることだと思います。

ありきたりの答えで申し訳ありませんが、参考になったでしょうか?
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年02月14日 09:44
ご丁寧にお返事ありがとうございました!
大変参考になりました。早速明日にでも歯科医師国保組合に問い合わせてみます!
本当にありがとうございました!
Posted by さくらんぼ at 2006年02月14日 23:48
さくらんぼ様、こんにちは。

ありきたりの返答で申し訳ありませんが、これでさくらんぼ様の疑問が解決することができればいいですね。

また社会保険関係等で疑問が出てきたら、可能な範囲でお答えします。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年02月15日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。