2006年01月25日

個人情報の管理って・・・

こんにちは、「午後から社労士」です。

今日は、先日参加した「セルフコーチングセミナー」の第2回目に参加する関係で今の時間にブログを書いています。前回と同様に当日の参加報告は当日には書けないので、明日書きたいと思います。

1回目の感想

今日は、社労士も注意しなければならない個人情報の問題について取り上げます。ここ最近個人情報の漏洩・紛失が多発しているようです。

(NIKKEI NETより引用)

愛媛県議のPCから3万人分の名簿流出・「口利き」文書も

 自民党愛媛県連総務会長の篠原実県議(56)のパソコンがコンピューターウイルスに感染し、保存していた有権者とみられる約3万人分の名簿や“口利き”ともとれる内容の文書がネット上に流出していたことが25日分かった。

 関係者らによると、流出ファイルには、教員採用試験に絡み「県教委の最高幹部にお願いしておきましたが、最後は本人の地力がものをいうことになる」などとする文書や、県内金融機関の幹部に就職試験での“配慮”を求める文書も含まれていたという。

 パソコンは同県議の自宅兼事務所で使用していた。ファイル交換ソフト「ウィニー」を通じて流出したらしい。名簿は同氏の選挙区後援会員などとみられる住所、氏名、電話番号などが記載されている。家族によると、23日にネット上に流出していると関係者から連絡があった。

(YOMIURI ONLINEより引用 その1)

顧客情報3万7500件 りそな銀が紛失

 りそな銀行は24日、3万7571件分の顧客の住所や氏名などの個人情報を紛失したと発表した。紛失したのは、2000年4月から03年11月にかけて、吉祥寺中央支店(東京)や三宮支店(兵庫)など6支店で取り扱った手形や小切手、領収書の分で、画像データを記録した小型フィルムや光磁気ディスク(MO)を誤って廃棄したとみられる。外部流出の可能性は低いという。

 吉祥寺中央支店で05年12月に、過去の手形のデータの紛失が発覚し、全国の支店に拡大して調査していた。

 りそな銀行は「このような事態を招き、深くおわび申し上げる」としている。

(YOMIURI ONLINEより引用 その2)

虎の門病院外科医、患者情報580人分を無断持ち出し

 東京都港区の虎の門病院(山口徹院長)の外科医が、患者580人分の個人情報が入ったパソコン用の外部記憶媒体「USBメモリー」を無断で持ち出したうえ、紛失していたことが24日、分かった。

 同病院によると、外科医は今月21日午前零時半ごろに世田谷区内でタクシーを降りた際、車内にバッグを置き忘れた可能性が高いという。バッグには過去4年分の患者の年齢、病名・病歴、手術日などの情報が入力されたUSBメモリーが入っていた。外科医は酒を飲んで帰宅途中だった。

 同病院は患者情報を無断で持ち出すことを禁じているが、外科医は学会での発表資料作成の参考とするため許可なく持ち帰ろうとしたという。

(引用ここまで)

承知の通り、個人情報保護法が施行されていますが、それにもかかわらずこのような個人情報の紛失・漏洩が多発しているのは何故でしょうか?大企業及びそれに類する団体などは独自のプライバシーポリシーがあるはずですから、それが徹底されていないからなのでしょうか。「個人情報も重要な財産である」という意識が徹底されていないからなのでしょうか。個人情報が悪用される可能性が高いことを考えても、当事者である会社等は十分に反省してもらいたいものです。

実は、私の勤務する会計事務所でも同様のことが起こりました。詳しい話はわかりませんが、あるお客さんの情報が漏れていたようなのです。事務所のゴミは一般ゴミと一緒にゴミ出ししていたのですが、そのゴミからあるお客さんの情報を抜き出した人がいたようなのです。さすがに事務所の先生も、そのお客さんの担当職員の方も菓子折りを持って謝罪に行ったようでした。事務所でもこれからは一般ゴミと一緒にゴミ出しはしないで、市のクリーンセンターまで行ってゴミを処分する方針にしました。

個人事業でも個人情報漏洩・紛失に関するリスクは大企業のそれとは何ら変わりないということを実感させられた一件でした。私も個人事業主である以上、個人情報の管理については十分過ぎるほどに気をつけなければならない、とあらためて思いました。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 15:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 です。

今月はずっと事務所(霞ヶ関ビル)なので、虎ノ門はメチャメチャ近い〜〜

気をつけねば。。。

愛言葉行きま〜す、ポチッと!
Posted by SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之  at 2006年01月25日 20:48
伊豆川さん、こんにちは。

虎ノ門に限らず、我が家でも気をつけなければならない問題ですね。個人情報の労使相互の理解が問われているのではないか、という気がしました。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年01月26日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

虎の門病院外科医、患者情報580人分を無断持ち出し
Excerpt: 虎の門病院外科医、患者情報580人分を無断持ち出し : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)虎の門病院外科医、患者情報580人分を無断持ち出し  東京都港区の虎の門病院(山口徹院長)の..
Weblog: ブログ好きな藪医者の独り言
Tracked: 2006-01-27 06:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。