2006年02月27日

「船員保険」って知ってました?

こんにちは、「午後から社労士」です。

土曜・日曜とブログをサボってしまいましたが、今後の営業ツールを作成していたためにブログに時間をかけることができませんでした。ただし、やはり「手抜き」だということは土曜・日曜のアクセス数を見ても明らかなので、毎日継続することがいかに大事かということを痛感させられます。また、今日はセルフコーチング定例会の第2回目が行われるので今のうちに投稿します(今投稿しないと帰りが終電になってしまい投稿できないので)。

ところで皆さん、「船員保険」という保険制度があるのを知ってましたか?読売新聞のウェブサイトからの引用です。

(YOMIURI ONLINEより引用)

船員保険の年金を支給…第五福竜丸の元乗組員遺族に

 米国が1954年3月に行った太平洋ビキニ水爆実験で被ばくした第五福竜丸の元乗組員のうち、被災後に重い肝臓病を患って死亡した4人の遺族が、船員保険の遺族年金の支給を国に求め、認められていたことがわかった。

 元乗組員の遺族への支給が認められたのは初めて。

 申請していたのは、元乗組員23人のうち、C型肝炎ウイルスに感染し、重い肝臓疾患で50?70歳代で亡くなった4人の遺族。2004年12月に1人、05年6月に3人が申請し、それぞれ1?2か月後に認められ、05年10月までに支給が始まっている。

 船員保険の遺族年金の支給条件は「職務上で死亡したとき」とされ、遺族側は「C型肝炎に感染していた」などと被ばく後の輸血治療で肝臓障害になったことを裏付ける死亡診断書を提出していた。

 元乗組員を巡っては、国の社会保険審査会が00年7月、「乗船中の被ばく治療のための輸血と肝臓の病気との因果関係が認められる」として、一般の労災にあたる船員保険の療養給付の再適用を認める裁決を出した。

 それまでは被ばく治療のための輸血によるC型肝炎から肝硬変や肝臓がんの発症との因果関係が認められていなかったが、この裁決に基づき、船員保険の遺族年金に関しても適用の道が開け、遺族らが申請していた。

 療養給付の再適用が認められた2人のうち東京都大田区在住の元乗組員、大石又七さん(72)は「申請が認められたのは当然のこと。これをきっかけに全員に認められるようになることを祈っている。被ばくで後遺症を背負っている人に光が当たればありがたい」と話している。

(引用ここまで)

船員保険法は昭和14年にできた法律で、船員に対して厚生年金以外の広義の社会保険(健康保険・雇用保険・労災保険)をカバーする保険制度であり、加えて行方不明になった場合も保険給付がなされるのが大きな特徴です。管掌は政府で通常の社会保険と同様です。

正直言って一般の方には全くといってもいいほど馴染みのない法律といってもいいと思います。また、我々社会保険労務士でも試験勉強でほんの少し触る程度で、社労士の業務内容の範囲ではあります(社会保険労務士法第2条 別表第一 二十一号)が、専門にしている社労士はおそらくいないのではないか(私もこの記事を見て船員保険があるのを思い出した)と考えられます。

今回は第五福竜丸事件という大事件後の救済措置として船員保険という保険制度がクローズアップされた・その存在を知ったという方が多いと思いますが、もしかしたら以外と船員保険の対象者になっている方が数多くいるかもしれません。我々もこのようなマイナーではあるけれども重大な事件に遭遇する可能性はあるので、絶えず情報収集は怠ってはならないなと感じました。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 15:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このニュースからもうひとつ分った点。
C型肝炎でも業務性が認められるケースが
あるってこと・・。。
これもしかしたら大事なことになるかも・・・。。

確かに船員保険に関してはやはりフォロー程度はしておいたほうがいいでしょうね。
兵庫だと神戸があるので出くわさないとも限らないし、船員がいなくなったわけじゃないですからね。。
Posted by kitakata-sr at 2006年02月28日 00:01
kitakata-srさん、こんにちは。

最低限のフォロー・情報提供はやはりしておいたほうがいいかもしれませんね。そこから仕事のオファーが出てくる可能性もありうるわけですからね。

それにしても、民法でさえ現代語に改正したのですから、船員保険法も(戦前にできた法律は統一して)現代語に改正してほしいです・・・。
Posted by 「午後から社労士」村上隆洋 at 2006年02月28日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

C型肝炎で労災?
Excerpt: ひとまず、特定社労士試験のための研修を申し込むことにしました。 最初話を聞いたときは「値段がたかあ〜い。」と思ったんで、 止めようかと思ったんですが、 今年は2回あるみたいなので、とりあえず仮申し込み..
Weblog: 走れ!社労士くん
Tracked: 2006-02-28 00:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。