2006年04月27日

今度は「Share」だそうですが・・・

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

朝も個人情報について投稿しましたが、個人情報について無視できない記事があったので、急遽投稿します。

(YAHOO NEWS-産経新聞より引用)

毎日新聞 6万人情報流出 「シャレ」ウイルス感染

毎日フレンド読者会員名簿
 毎日新聞社は二十七日、読者約六万六千人分の個人情報がネット上に流出したと発表した。「ウィニー」とは別のファイル交換ソフト「Share(シャレ)」によってウイルス感染した影響とみられる。「Share」による大規模な情報流出は初めて。毎日新聞では、「サイバーテロ取材班」を立ち上げるなどして、ファイル交換ソフトによる個人情報流出問題の報道に力を入れている背景もあり、同社販売局は「今のところ二次被害は確認されていないが、すべての会員に連絡を取っておわびしたい」と陳謝している。
 同社によると、流出したのは、関係会社「毎日開発センター」が運営していた会員組織「毎日フレンド」に入会する六万五千六百九十人分の読者会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、趣味などが記載された名簿。毎日フレンドは、東日本地域の読者を中心に、希望者を登録していた。
 このほか、同社東京本社管内にある約二千二百軒の販売店に関する情報や、センター社員のものとみられる給与明細や出勤簿、新聞拡張成績とみられる表などもあった。
 同センター社員(26)が自宅の個人パソコンで作業するためデータを持ち帰り、そのデータがファイル交換ソフトを通じて流出したとみられる。
 男性社員は、個人パソコンにウィニーとShareをインストールしていた。ウイルス対策ソフト大手「トレンドマイクロ」によると、Shareのウイルスは今年一月ごろから確認されているが、大規模な個人情報流出は初めてという。
 毎日新聞社では、関係会社も含め個人情報保護について内規を設けており、ファイル交換ソフトについては今春から使用を禁止していた。
 一方で、最近では「サイバーテロ取材班」を結成し、ファイル交換ソフトによる個人情報流出問題の報道に力を入れていた。
 今回の情報流出については、同取材班が二十六日夕、インターネットの掲示板の書き込みなどで知り、流出したファイルをネット上で発見したという。

(引用ここまで)

これまではWinnyによる個人情報漏洩が主でしたが、新たな外敵の登場といえるかもしれません。上記引用記事で見る限りの実感ですが、この「Share」もウイルスに対しては脆弱のようですね。その点では従来のWinnyと共通点を感じます。

ただし、個人情報保護に関する内規を設けていたとはいっても、現実に個人情報を「自宅に」持って帰っていたことの方が問題です。結局隅々までに行き渡っていなかったことの証明になってしまいましたし、いくら個人情報保護の報道に力を入れていたといっても、自社で漏洩が起きてしまったという皮肉な結果になってしまったことは残念でなりません。

最近は個人情報保護についての投稿をよくするし、関連する新聞記事等も読んだ上で実感するのが「個人情報を重要な資産と認識しているレベル層が低いのでは」→「引用記事のようにファイル交換ソフト等から個人情報が漏れる」→「何に使われるかわからないので、個人情報保護に過敏になってしまう」ということです。このプロセスの中で一番問題なのが最初の「個人情報を重要な資産と認識しているレベル層が低いのでは」ということだと思います。

このような問題はまだまだなくならないような気がします。少しでも被害をなくすためには「ファイル交換ソフトは入れない・入れさせない」「個人情報に関する規程等を全体に浸透させる」「個人情報を持ち出させない」といった当たり前のことを繰り返し繰り返し伝えていくしかないと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 21:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 個人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 村上さま
 コメント・TBありがとう御座います。
 個人情報の取り扱いについては、会社は相当の注意を払う必要が有りそうですね。
 この問題の裏側には、残業削減のために、自宅持ち帰り仕事を励行してきた、会社の都合もあるように思っています。
Posted by たきもと at 2006年04月28日 16:01
たきもとさん、こんにちは。

>この問題の裏側には、残業削減のために、自宅持
>ち帰り仕事を励行してきた、会社の都合もあるよ
>うに思っています。

その側面も間違いなくあるでしょうね。仕事が終わらない→会社は残業させたくない→自宅で持ち帰らざるを得ないという悪循環をさせる会社の都合ということも認識しておくべきだと思います。

その会社の都合が大問題になってしまっているという非常に皮肉な結果になっているのですから・・・。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年04月28日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Winnyの次はShare
Excerpt:  また、私用PCでの情報漏えいがニュースになっています。  幸い、私は、PCに弱
Weblog: taki-log@たきもと事務所
Tracked: 2006-04-28 16:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。