2006年05月01日

労働力人口の増加

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日から「会社法」が施行されました。「会社法」に関連する士業の方々にとってはこれから「会社法特需」が始まるものと思われます。昨日の投稿どおり、家の近くの法務局に偵察に行ってみたのですが、その光景は「会社法?何それ?」と言わんばかりの日常どおりの法務局の光景でした。東京のほうではYAHOO NEWSに載っていることを考えると、都心と地方では明らかに温度差があるように感じました。今日の日経新聞でも会社法が特集記事(14面)になっているので、参考にしてはいかがでしょうか。

今日は「労働力人口が8年ぶりに増加した」という記事を紹介したいと思います。日経新聞からの記事の引用です。

(NIKKEI NETより引用)

労働力人口8年ぶり増加・2005年度

 就職している人と職探しをしている人の数を合わせた2005年度の労働力人口が8年ぶりに増加に転じた。景気回復を背景に女性や高齢者が就職に前向きになったためで、女性の労働力人口は直近の底だった02年度から3年で22万人、60歳以上の同人口も同時期に39万人それぞれ増加。人手不足に悩む企業も高齢者雇用などの拡大を急いでおり、少子高齢化を背景にした労働力人口の減少に一定の歯止めがかかる可能性も出てきた。

 1997年度の6794万人をピークに労働力人口が減り続けたのは、少子高齢化で労働適齢期の15―64歳の人口(生産年齢人口)が96年度から減少し始めたことが背景にある。不況が続き就職をあきらめる人が増えたこともこれを加速。労働力人口の減少が続けば日本経済の成長力も弱まるとの指摘が出ていた。

(引用ここまで)

これからは人口減少の時代であり、高齢社会になっていくことを考えると、この労働力人口増加の原因については理解できるものがあります。また、今年の4月から高年齢者雇用安定法の改正によって、最長65歳までの雇用延長・再雇用制度を作ることを義務づけられたこともあり、大企業については前倒しで雇用延長のシステムを作ってきたことも増加の一因になっていると思います。

ただし、労働力人口自体増加したことについては非常に歓迎すべきことですが、その実態というものを知っておくべきではないかと考えています。正規雇用はコア的役割を担う人材しか採用せず、派遣やパート等の非正規雇用が幅を利かせているという事情がそれです。雇用延長や再雇用といった制度も大部分は1年毎の契約更新といったケースが新聞記事でも書かれているとおりです。

つまり、不安定な状態での労働力人口増加であると私は考えています。おそらくこのような状態が当分は続くでしょうが、人口減少時代を考えるとある時期を境にして労働力人口がいきなり急降下してしまうのではないかという、勝手ではありますがそのような危険性を抱えているような気がしてなりません。今後労働力人口はどうなっていくのか、国民全体で考えていく必要があるのではないかと考えています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:49| Comment(8) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントですね。。

写真から見て東京の本局は凄く混んでいますね。。

何せ管轄が千代田区と中央区ですから(笑)
Posted by HM@土地家屋調査士 at 2006年05月01日 18:08
HMさん、こんばんは。

東京本局は千代田・中央の管轄ですか。なんとなく取材の対象としてもわかるような気がします。その一方での家の近くでの法務局における(おそらく)いつもの風景・・・。同じ法務局とはえらい違いです(苦笑)。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月01日 19:34
こんばんは♪

会計参与第1号公認会計士 伊豆川裕之 です。

今日は、会計参与の登記申請をしました。まだ完了ではないですが、会計参与第1号と名乗りま〜す☆よろしくっ

愛言葉行きま〜す、ポチッと!
Posted by 会計参与第1号公認会計士 伊豆川裕之  at 2006年05月01日 23:33
 村上先生、こんばんは。

 会社法の温度差はきっとあるんでしょうね。

 でも、経済が落ち込んでいる地方にこそ、会社法による起業が必要なはずですよね。

 ちなみに、福岡は1日の設立は結構多かったですよ!

 僕が10時前に公証役場に到着したら、その時点で17人の先客がいましたから(笑)

 相互リンクの件、こちらこそよろしくお願いします!

 それでは、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 花田 好久(行政書士エンタテイメント!!) at 2006年05月02日 01:21
伊豆川さん、おはようございます。

第1号の響きって、本人にしかわからない優越的な響きがあるんでしょうね。名刺にも堂々と記載できますし、周りも「オォー」とうなることでしょう。

会計参与となったことで、それなりの責任も発するでしょうが、押しつぶされずに頑張りましょう。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月02日 09:32
花田さん、おはようございます。

相互リンクの許可ありがとうございました。こちらもコメント後リンクを張っておきます。

福岡も多かったのですね。私が住んでいる場所では起業というよりは形態変更(有限→株式)が多いのかもしれません。だから出足が鈍かったのかもしれません。

ブログ上でもよろしくお願いいたします。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月02日 09:36
おはようございます
イメージ変えたのですね?
とても爽やかになったと思います
日々、進化ですね<emoji:biccuri02>
Posted by 暴れん坊所長の母 at 2006年05月02日 10:43
暴れん坊所長の母様、こんにちは。

気分転換も込めて、デザインを変えてみました。
テンプレートを見て変えたところ、「これはいい」
と我ながら自画自賛状しています。

当分はこのデザインで通していこうと思っています。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月02日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

会社法施行開始
Excerpt: 今日から「会社法」が静かにスタートした。 「静かに」と表現したのは、ニュースでは耐震偽装事件や横田早紀江さんの訪米、天皇賞でディープインパクトが圧勝したことは大々的に報じているが、多くの人に関係する会..
Weblog: (有)ロジカル・コミュニケーションのブログ
Tracked: 2006-05-01 20:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。