2006年05月17日

うつ病で労災認定の判決

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

サッカーのワールドカップ・ドイツ大会まで残り1ヶ月を切ったことで各出場国のドイツ行きメンバーが徐々に決まっていますが、日本と最初に対戦するオーストラリアのヒディンク監督が23人目=最後のメンバーに選ばれたFWの巻選手に困惑しているそうです。もう本番に向けての心理戦は始まっているのでしょう。

今日は、うつ病による自殺が労災認定されるか否かという裁判の判決記事を紹介したいと思います。

(YOMIURI ONLINEより引用)

業務でうつ病、中電社員の自殺を労災認定…名古屋地裁

 中部電力(名古屋市)に勤めていた夫(当時36歳)がうつ病になり自殺したのは、過労や上司のパワーハラスメント(職権による人権侵害)だとして、愛知県常滑市に住む妻(42)が名古屋南労働基準監督署長を相手に、遺族補償年金の不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決が17日、名古屋地裁であった。

 橋本昌純裁判長(永野圧彦裁判長代読)は「上司の指導や時間外労働の増加などにより、うつ病を発症、悪化させ、自殺に至った」として自殺と業務との因果関係を認め、労災と認定、処分の取り消しを命じた。

 判決によると、夫は1999年8月に主任昇格後、うつ病を発症し、同年11月、乗用車内で焼身自殺した。

 妻は翌年、「自殺したのは、長時間で過酷な労働や上司のパワーハラスメントにより心理的負担がかかり、うつ病を発症・悪化させたため」と労災認定を申請した。しかし、労基署は「心理的負担がうつ病発症の有力な原因とは言えない」として、申請を退けていた。

(引用ここまで)

この記事を見て思い出したのが、半年前に投稿した「パワハラで労災を認定した新居浜労働基準監督署の件」です。その当時はパワハラという概念があまり浸透していなかったのか、パワハラ=労災として考えることができなかったのだろうと思いますが、上記のように半年前に「パワハラ=労災」と監督署で認定したという前例を作った以上、判決でもこれを踏襲したのではないか、と考えています。

時短促進法が改正されて労働時間等設定改善法という法律が4月から施行されましたが、このような悲劇が起こらないためにも労働時間の改善を労使共に考えていってほしいと思います。「セクハラ」という概念は完全に定着しましたが、「パワハラ」という概念もこれからは定着していくと思うので、「パワハラ」に関する対策も就業規則に盛り込むといったことで対応すべきだと思います。

最後に、相互リンクをさせていただいている野口会計事務所(ただし、暴れん坊所長とオットリ副所長のほう)「ストレス耐性」についての記事が書いてありますが、いくら「ストレス耐性」が強くても結果的には上記のようにうつ病になって自殺という可能性があるわけです。「ストレス耐性」を強くするよりは「どのようにしてストレスをなくしていくべきか」ということを考えてほしいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 18:20| Comment(6) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、20代から30代の方の死因として最も多いのが
自殺だとか聞いてます。

ウツが原因だったりすることも多いでしょうね。
本人の精神的な弱さだけが理由とも考えられない。
社会の構造にも問題があります。

何とか、少しでも生きやすい社会にしたい。
立場とか関係なく、全ての人が希望の持てる
世の中にするにはどうすれば・・・。
Posted by ヨウコ at 2006年05月17日 22:42
ヨウコ様、こちらでははじめまして。

>本人の精神的な弱さだけが理由とも考えられない。
>社会の構造にも問題があります。

特に会社ではこのような傾向があると思います。いくら精神的に強いと自負しても、会社のあらゆるプレッシャーに押されてしまうと精神的に崩れてしまう人はたくさんいるはずです。

全てにおいてプレッシャーのない社会を作ることは不可能だと思いますが、プレッシャーを軽減する方策はいくらでもあると思うので、それぞれが知恵を出し合っていくしかないと思います。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月18日 10:00
私は、仕事の配分に留意したり(重い仕事は二人以上でチームをくんでやらせる等)、仕事がたてこんでいたスタッフについては、有給休暇の取得を勧めたりしてます。

また、観葉植物をおいたり、空気をキレイにするなど、環境面の整備にも気を使っています。

でも、うちのような小規模な事業所で一番大切なのは、経営者が気分的に安定していることだと思ってます。けっこうみんな私の顔色をうかがっているような気がするので・・・

経営者の優位を利用していじめるのはもってのほかですね。
ときどき、リーダーシップを勘違いしてパワハラしちゃってる人をみかけますが、自分がそならないよう気をつけたいと思います。
Posted by kimutax@「税金まにあ」 at 2006年05月18日 10:58
木村先生、おはようございます。

先生もいろいろと考えていらっしゃるのですね。経営者が率先してストレスをなくすようにする努力をすれば、その下で働く人にも浸透すると思うので、やはり経営者の心がけ次第なんだな、と思います。

>けっこうみんな私の顔色をうかがっているような気がす
>るので・・・

私の勤務していた会計事務所もそうでした。小規模事業所ではそれがダイレクトに伝わるので、こわいですね・・・。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月19日 07:01
村上先生

こんにちは、TBありがとうございました。
わたくしの周りにもいらっしゃいましたが、
ご病気になられる前は、超前向きで
仕事も猛烈にこなすタイプの
方でした。

人って、追い詰められる状況が続くと心がポキと
折れちゃうのですね、きっと。
社員にも、自分にも(笑)、
「逃げ場」を作ってあげたいです。
Posted by かおり at 2006年05月19日 19:41
かおり(オットリ)様、こんばんは。

コメントに書かれているような方というのは、知らず知らずのうちに本来持っているはずのエスケープゾーンを狭めていき、最終的には失ってしまっているような気がします。

自分に厳しくしたり、されたりするのは構わないけど、ある程度のエスケープゾーンは自分で作るべきだし、会社側も作ってあげるべきだと思います。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年05月19日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログのトラックバックセンター
Excerpt: 村上隆洋の「ゴーゴー社労士!」様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お..
Weblog: blolog〔ブロログ〕
Tracked: 2006-05-17 19:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。