2006年06月03日

出生率の低下に歯止めがかからない・・・

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

Livedoor Blogを利用しているブロガーにとって一昨日と昨日は受難の日であったに違いありません。理由は定かはありませんがシステムが落ちてしまい、管理画面にすら入れない状況が長時間続きました。当然ブログの投稿もできないので6月はいきなり2日間空白ができてしまいました。私がLivedoorでブログを始めてからはおそらく初めての長時間ダウンだと思いますが、リスク分散のためにミラーサイトを作ることも考えるようにします。

今日は本来書く予定であった「合計特殊出生率」の更なる低下を取り上げたいと思います。

(NIKKEI NET 6/1付より引用)

出生率「1.25」少子化が加速、将来人口を下方修正へ

 厚生労働省が1日発表した2005年の人口動態統計(概数)によると、1人の女性が生涯に産むと推定される子どもの数を表す合計特殊出生率は1.25となった。04年の1.29を大幅に下回り、5年連続で過去最低を更新した。政府は年金制度を維持するために1.39への回復を前提にしているが、差が一段と開いた。厚労省は月内に年金制度の設計などに使う将来推計人口の下方修正に乗り出す方針を決めた。「100年安心」を掲げて改革した年金など、社会保障の見直しが避けられない。

 日本の出生率は1975年に2.00を下回って以降、ほぼ一貫して低下している。今回の1.25は04年の1.29から0.04ポイントの低下。子どもの出生数は前年より4万8000人減の106万3000人で過去最少の水準だ。死亡数が出生数を2万1000人上回り、1899年に調査を始めて以来初めて日本人の人口が自然減となった。

(引用ここまで)

最近の年金改革は、確か合計特殊出生率が上記のとおり1.39が維持されることが前提としてなされたはずですが、上記のように04年は1.29に下がったということで批判を浴びた記憶があります。それがさらに下がっているのですから1.39を前提にした年金改革は画餅になっていき、更なる保険料負担増=年金額削減といったことにもなりかねません。

また、この傾向から当然人口減の社会になっていくことになりますが、人口減となると当然「働く人の人口」も減っていくことになります。いわゆる「団塊世代」いわれている人が一斉に離職する2007年問題に向けてあの手この手を使って(雇用延長等)労働力の確保に動いていますが、人口減少社会になるとこのような手も限界になっていくのでは、という不安も出てくるのではないかと思います。

政府側も育児休業等に対する助成金を拡充して何とかして人口減少を食い止めようと知恵を絞っていますが、これが会社レベルになると日経新聞の特集記事「サラリーマン」で書かれるように育児休業等について非常にネガティブになるところが多い(全てではない)ので、これも困ったところです。ある意味人口減少を助長していることになりますから。

これまでにも散々言われてきたこととは思いますが、今のうちに的確な対策をとっておかないと日本の人口は右肩下がりになっていきます。政府側がさらに知恵を出していくのは当然ですが、一般の我々も政府側に丸投げせずに知恵を出していくことが必要ではないかと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 09:44| Comment(8) | TrackBack(4) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハノイからおはようです
Posted by 暴れん坊所長の母 at 2006年06月03日 09:56
少子化対策というよりは、少子化前提社会を考えた方が良さそうですね。男女を強引に結び付けようとするなど、政府がワッと狂気のような製作に出てくるような気がします。
Posted by フレンチフリゲート at 2006年06月03日 14:04
暴れん坊所長の母様

わざわざハノイからご挨拶ありがとうございます。

帰ってきてからの出張日誌・出張報告楽しみにしております。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年06月03日 14:23
深石さん、こんにちは。

そういう考え=少子化前提社会もありえますね。無理に結びつけてもまともに子供を育てられるかは正直言って疑問があるし、この現状をどう捉えていくか、日本国民の真価が問われるような気がします。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年06月03日 14:30
今日はお会いできて、楽しかったです!

おっしゃるとおり、国の事は、政治家や公務員任せにしないで、私たちも考えていく必要がありますよね!
Posted by 齊籐 正明 at 2006年06月04日 21:42
斉藤さん、こんにちは。
コメントが遅くなってすみません。

結局、大事なことを我々が主張しない(あるいはできない)から、政治家任せになってしまうのだろうと思います。

我々だってやればできないことはないのですから、どんどん考えて主張すべきだと思っています。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年06月05日 16:02
こんにちは、いつも、拝見させていただいております。
ご無沙汰ですが覚えてますか?
少子化は結局、みんな他人事なので止まらないでしょう^^
本当に危機と思うなら、まずは子供を持つべきなんですね。
子供のいない人が考える少子化対策って絵に書いた餅としか思えません。
少子化を前提として移民に頼るようになるように思えます。
過激な発言失礼しました。
Posted by 優駿友瞭嶺 at 2006年06月06日 12:51
優駿友瞭嶺さんへ

ブログ拝見ありがとうございます。

もちろん憶えております。最近はなかなか西のほうへは行くことができていませんが、いつかはお邪魔したいと思っていますが、西組の方々は元気でしょうか?

>本当に危機と思うなら、まずは子供を持つべきなんです
>ね。

おっしゃるとおりですね。私も人のことを言える立場ではない(未だ独身)のですが、子供を持つ・育てることで何かが変わるような気がします。今日の日経新聞に育児休業について理解を全く示さない会社の上司の例が特集記事の例として書かれていましたが、まずはこのような傾向をどう変えていくかが非常に大事なように思えます。

今後も貴重なご意見をいただけるよう、よろしくお願いします。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年06月06日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログのトラックバックセンター
Excerpt: 村上隆洋の「ゴーゴー社労士!」様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お..
Weblog: blolog〔ブロログ〕
Tracked: 2006-06-03 09:45

出生率大幅低下、最低の1.25
Excerpt:    少子高齢化は役所が想定しているよりも数段早いスピードで迫ってきています。
Weblog: taki-log@たきもと事務所
Tracked: 2006-06-03 13:04

オーストラリアの少子化克服
Excerpt: オーストラリアの出生数増加、92年以来のベビーブーム(ロイター) フランスに次いで、先進国では2例目の出生率増加です。その原因は、 1、少子化対策の助成金を導入 2、効果的なスローガンの声明 の2つ..
Weblog: バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
Tracked: 2006-06-03 14:06

時代のバトン
Excerpt: 夫が朝からテニスの大会で。 ちなみに昨日は、夫が友達の結婚式で。 放ったらかしにされてるこの週末。 さびしくなんかありません。 新宿の、ヨドバシの人ゴミにもまれ しばらく人は見たくないぐらい。。。 こ..
Weblog: いつも胸にコスモスを
Tracked: 2006-06-04 20:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。