2006年08月20日

あなたは「ヤマ」を張りますか?

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

高校野球の決勝戦、早稲田実業と駒大苫小牧の戦いは凄まじかったようですね。決着がつかず、明日再試合が行われるということで選手達の疲を労が心配されますが、何とか最後の力を振り絞って戦って欲しいものです。決勝戦の再試合は昭和43年以来ということで、ある意味歴史に残る戦いになるでしょう。

「最後の力を振り絞って」という言葉は社労士受験生にも当てはまります。来週は試験が行われ、今頃は社労士試験の解答速報が各受験学校で発表されてその結果に一喜一憂している頃ではないかと思います。私も当然一喜一憂しました。このことについてはまた追って書きたいと思います。

来週には試験が行われますが、この時期気になるのは、試験科目の「ヤマ」を張るべきかどうかということだと思います。勉強時間の足りない受験生は一発逆転を狙って「ヤマ」を張ってくると思いますが、私としては「ヤマ」を張るのは絶対にやめるべきだと思います。

理由は簡単で、「ヤマ」を張った場所が全く出なかったときのショックというものが非常に大きいと思うからです。逆に「ヤマ」を張った場所からは基本的には出ないと考えて試験に臨みました。試験直前にテキストを2回回したのも試験範囲から満遍なく出るものだという考えから実行したものであるし、大学時代の定期テストで「ヤマ」を張った結果がロクでもない結果(単位は取ったけど)という苦い教訓を思い出したこともあります。

なぜ「ヤマ」を張るのかというと、私の考えでは「楽な勉強方法だから」という考えがあると思います。その部分だけ集中的に勉強すればいいわけですから満遍なく勉強するのに対してかなり楽なはずです。一方で満遍なく勉強するのははっきり言って苦しいですが、苦しんだ分だけあらゆる角度からの問題に対応できるのではないかと思っています。

あと1週間しかありません。「ヤマ」を張るという楽な勉強法よりも満遍なく苦しんで勉強したほうが試験に対して悔いが残らないと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。