2006年08月27日

社労士試験お疲れ様でした。

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

社労士試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

たった1日、計290分で1年の成果が出てしまうわけですからある意味残酷な試験であると思います。皆さんはちゃんと実力を発揮できたでしょうか?

試験が終わった以上、本当は試験のことを忘れたいのが本音だと思いますが、試験終了後に各学校が選択形式の解答速報を配布するのでなかなか忘れられないのが実情ではないでしょうか。

私が合格した平成13年ですが、試験終了後当然のように各学校の解答速報を手当たり次第いただいたのですが、国民年金法が「2点」しか取れていないことが判明したときのショックが非常に大きかったことを記憶してます。前年はいわゆる「救済」は全くなかったよう(その年までは解答非公開だった)だったので、それを知っている以上必ず各科目3点以上取らなければならなかったのに上記の結果だったのでガックリきました。

そのせいか、帰りの電車でも疲れていたら眠ってしまうはずなのにショックの大きさからか全く眠れませんでした。その1週間後に通っていた学校の解答解説会&受験仲間・担当講師との懇親会(=飲み会)で何とか気持ちを切り替えることにしました(理由は、同じ結果=選択国年2点組が多く、来年も受験すると前向きに考えていたため)が、完全に不安解消とまではいきませんでした。

おそらく大多数の受験生が不安な気持ちで2ヵ月半後の合格発表を待つものと思います。私も同じ経験をしたので気持ちはよく理解できます。そして、この2ヵ月半は非常に長く感じることと思います。とりあえずは受験勉強で犠牲にした時間を有意義に利用して受験ということを徐々に忘れるのがいいのではないかと思います。

重ねて書きます。受験生の皆様、お疲れ様でした。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。