2006年08月29日

トライアル雇用と助成金 その2

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日は昨日の続き=トライアル雇用と助成金の「助成金(奨励金)」の部分について書きたいと思います。

昨日の投稿の最後に「トライアル雇用を実施した事業主には対象労働者1人あたり月5万円が最大3か月分支給される」と書きましたが、簡単に支給できるわけではなく、数々の手続を踏まなくてはなりません。

(1)「ハローワーク」にトライアル雇用求人関係資料という書類を提出して、トライアル求人登録をすることです。これはこの助成金(正式名称は雇用試行奨励金)の窓口がハローワークになっているからです。この手続をしないと助成金の受給はできません。

(2)対象労働者に「トライアル雇用である」ことを紹介→面接で周知させることです。トライアル雇用ということを知らずに採用されて「実はトライアル雇用で・・・」と言われたらその事業主に不信を抱くに決まっています。それを避けることと、トライアル雇用開始後2週間以内にトライアル雇用実施計画書をハローワークに提出しなければならないのですが、この計画書には対象労働者の記名押印が必要になります。そのことを認識させるためにも最初の段階(紹介→面接)で周知させることが非常に大事です。雇用契約書にもトライアル雇用ということを記載するべきです。その後正式採用に至った場合は新たに雇用契約書を締結しましょう。

(3)「対象労働者」と何度も書いていますが、その「対象労働者」は下記に該当する人です。

 ・45以上65歳未満の、原則として3ヶ月以上離職している就職困難者
 ・35歳未満の若年者
 ・母子家庭の母等
 ・障害者
 ・ホームレス

特に上記3者についてはトライアル雇用後の正式採用を前提とするようにということがハローワークのパンフレットに記載されています。

(4)単に雇用したからいいというわけではなく、正式採用に向けた教育訓練等(例:OJT)の実施を事業主は提供する必要があります。これはトライアル雇用実施計画書にもその枠がありますから、必ず記載しなければなりません。

(5)トライアル雇用が終了したら、終了後1ヶ月以内に結果報告書の提出と助成金支給申請を行いますが、助成金が支給されるためにはこの書類だけではだめで、必ずトライアル雇用対象者の賃金台帳や出勤簿(タイムカード)等が添付書類として必要になります。トライアル雇用だからといって労務管理を怠ってはならないのです。

(6)助成金の額ですが、原則は対象労働者1人当たりつき5万円(賃金が10万円未満の場合は、その半額相当額)が最大3か月分です。ただし対象労働者が途中でやめてしまったりした場合は日割計算になります。このようなケースが起きた場合は必ずハローワーク、もしくは社労士に報告してその指示を仰いでください。

(6)その他にもさまざまな条件があり、しかも「全て」満たさなければなりません。抜粋すると「雇用保険の適用事業主」「トライアル雇用の助成金に限らず、助成金を不正受給したことがない」「労働保険料の未納がない」といったことです。

(7)トライアル雇用者については1人に限らず何名でも申請できます。ただし、その事業所の採用計画に則ることは言うまでもありません。また、同一の事業主が何回申請しても構いませんが、正式雇用の実績や採用計画がしっかりしていないとハローワークから「またかよ・・・」と言われかねません。

トライアル雇用と助成金ですが、上手く利用できれば事業主にお金が入るし、労働者も必死になって正式採用されるために努力するはずですから、お互いにメリットのある制度ではありますが、どうしても「お金」が絡むだけにお金目的でトライアル雇用期間だけ採用してその後は使い捨て、ということも十分ありえます。あくまでも「正式採用が前提でのトライアル雇用である」ということについて強くクギを刺したいと思います。

もし、この「トライアル雇用と助成金」についてぜひ利用したい、もっと話を聞きたいという方がいらっしゃれば相談に乗りますし、仕事として引き受けたいと思います。助成金については、この助成金を中心業務に据えていこうと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 村上さま

 お仕事、良い方向に進んでいるようで、嬉しく思います。

 このトライアル助成金で、「ホームレスってどうやって証明するんだろう?」というのが社労士仲間の飲み会のネタに良くなります(笑)
 
Posted by たきもと at 2006年08月29日 13:31
たきもとさん、こんにちは。

仕事については「駆け出しの売れないお笑い芸人」レベルですが、地道に仕事を増やしていけるように頑張りたいと思います。

ホームレスの証明は・・・確かに難しいですね。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年08月30日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。