2006年09月13日

ビジネスの心象

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

午前中にスポットの仕事依頼をしていただいた会社に行ってきました。それまで業務をやってもらっていた社労士の先生が突然やめてしまい、困っていたところに私のホームページを見て連絡をしていただいたようです。また後日にスポットとはいえ業務の契約書を作成した上で訪問することになりましたが、何の前触れもなく突然やめられるというのはビジネス上明らかに問題です。やめるのであれば1ヶ月前に通知するとか、この仕事を仕上げた時点でやめるという選択があってもいいはずです。このことに注意して契約書を作成しようと思います。

ビジネス上問題といえば、今日の日経新聞に、元社員が助成金詐欺をしたのではという記事が書いてありました。さすがに「元」とはいえ社員であったことから無視はできないということで記事を書いたのでしょう。この記事を紹介したいと思います。

(NIKKEI NETより引用)

元日経新聞社員、助成金詐欺容疑で取り調べ・警視庁

 日本経済新聞社東京本社販売局の部長相当職だった元社員(58)らが、自ら設立した親族企業を悪用して、国の助成金500万円をだまし取った疑いが強まり、警視庁捜査二課は13日、詐欺の疑いで元社員らの取り調べを始めた。容疑が固まり次第逮捕する方針。

 取り調べを受けているのは、元社員のほか日経の100%子会社「日経印刷」の元社員(67)ら。

 調べなどによると、元社員らは日経に無断で設立した親族企業の印刷会社について、高齢者が起業するなどした際に経費の一部を助成する独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」の制度の適用を偽って申請。2004年ごろ、助成金500万円をだまし取った疑いが持たれている。

 元社員は日経印刷に営業部長として出向していた03年に、親族企業が借り入れた資金の返済をめぐり日経印刷に損害を与えた、重大な就業規則違反で04年12月、懲戒解雇されている。

(引用ここまで)

高齢・障害者雇用支援機構が窓口で、高齢者が起業した際に助成する助成金は高齢者等共同就業機会創出助成金という助成金ですが、Yahooニュースー毎日新聞によると、架空の社員を雇用したように装ったようです。この助成金に限ったことではありませんが、助成金を申請する際には申請書の外に賃金台帳や労働者名簿等も添付書類として提出しなければなりません。その時点ではバレていなくても、助成金を受給した企業には国の調査が入ることが多いので、引用記事からは分かりませんし断定もできませんが、国の調査で問題になった可能性はあるかもしれません。

結局「お金」が欲しいから(欲しかったから)不正受給に走ったのでしょう。不正受給が起こってしまうと助成金の受給条件が厳しくなってしまうのは確実なので、こういうことが頻繁に起こっては困ります(特に助成金を飯の種にしている社労士にとっては)し、助成金の財源となっている雇用保険料を納付している事業主(失業に関する給付等の財源の雇用保険料については事業主と労働者の半分ずつの負担ですが、助成金については事業主のみの負担)も腹が立っていることでしょう。

上記引用記事に限らず、どんな形であれビジネスで心象を悪くしてしまうのは問題に決まっています。「自分自身のために」ということが「お客さんのために」ということを上回ってしまうと不正問題が発生してしまうように思います。このような記事を見るたびに「自分は絶対にこのような事態を起こさない」という強い意志を持つことがビジネスでは非常に重要であると思います。

(追記)

結局、引用記事の元社員等は逮捕されたようですね。朝日新聞のWebサイト読売新聞のWebサイトでその手口が明らかにされていますが、やはりこういうことは絶対にバレてしまう、ということを認識すべきでしょう。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:42| Comment(4) | TrackBack(1) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不正をしない、強い意思、大事ですね!

>最近、蘭語が覚えられずにオランダから日本に帰ってきたサッカー選手(東京のチームに入る模様です)がいますが、蘭語がペラペラであった(はず)の大村先生にとって、彼に対するコメントがあればコメントをいただけないでしょうか?

  大村センセ、サッカー見ていないそうです m(_ _)m


>結果論になってしまいますが、彼は外国向きの選手ではなかったような気がします(現時点では)。

  技術とは、また違う問題があるのかもしれませんね。
Posted by 齊藤 正明 at 2006年09月14日 06:21
 本件は、犯人が「社労士がやった」と言っているようですね。
 絡んでいる社労士が本当に居るのだったら、大変な問題です。
Posted by たきもと at 2006年09月14日 08:04
斉藤さん、こんにちは。

>大村センセ、サッカー見ていないそう>です m(_ _)m

それは残念、というよりは150年後のことなど分かるわけないですよね・・・(苦笑)
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年09月14日 09:38
たきもとさん、こんにちは。

関与の度合いがどの程度であるかは分かりませんが、「社労士が関与していた」のであれば間違いなく問題になるでしょうね。

問題の助成金は基本的には社労士でないと分からないですからね・・・。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年09月14日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

助成金不正受給
Excerpt:    日経新聞の元幹部社員が、助成金の不正受給で捕まりました。テレビでは、「社会
Weblog: taki-log@たきもと事務所
Tracked: 2006-09-14 13:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。