2006年09月15日

「ゼロベース」で考える

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

今週に受けた仕事の依頼はスポットのみの依頼になりましたが、契約書を交わしたのでスポットとはいってもその依頼者に「安心した」「依頼してよかった」と言われるように仕事をしたいと思います。スポットであっても契約書は交わすべきです。そうしないと仕事をする上での責任と自覚が生まれないと思うからです。

正式契約を交わした後に、仕事をする上での情報収集のために川越社会保険事務所に行ってきました。以前勤務していた会計事務所の「パシリ」として何度かは行ったことがありますが、「自分の仕事」としては初めてなので緊張しました。年金相談コーナーは以前のテレビの取材が入っていた「行列のできる社会保険事務所」レベルではなくなっていましたが、相変わらずの盛況振りでした。

社会保険事務所への往復の車の中で、また毎日夕方の習慣である犬の散歩をしながら「社労士の扱う商品・価値」について考えていました。水曜日に「プロゼミ」の説明会に参加したこともありますが、単に従来の1号・2号業務etcといったことで収入が増えるのか、切り口を変えて価値をつけることを「ゼロベース」で考えなければならないのかということを考えていました。「ゼロベース」ということを考える上でかねてから持っていた本をもう一回読み直してみようと思いました。



この本は、社労士試験に合格した年に池袋の本屋で買ったものですが、考え方が私にとっては非常に斬新だったのを憶えています。それが最初の部分に書いてある「ゼロベース」の考え方です。この本を読み込んでいくうちに「これからの社労士は従来の1〜3号業務といったものから、切り口を変えた1〜3号業務というものを考えるべきだ」という考えを当時は持っていましたが、今になってどうやらその当時の考え方を実行しないと社労士としては生き残ることができないのでは、と考えるようになりました。

もう一回当時のことを思い出してその本を読み直してみようと思います。そしてこの本の主題の一つである「ゼロベース」で考えたことを尻すぼみのホームページや名刺などに落とし込もうと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。