2006年10月13日

賃金を「差っ引いて」はいけません

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

日本のプロ野球は、両リーグ共に優勝が決定し、日本シリーズで日本一を賭けて戦うわけですが、両チーム共に「久しぶりの日本一」を賭けて戦うことになります。セントラル・リーグの優勝チームである中日ドラゴンズが日本一になったのは1954年(昭和29年)が最初で最後、主力選手が杉下茂投手、西沢道夫内野手の頃です。一方、パシフィック・リーグの優勝チームである北海道日本ハムファイターズが日本一になったのは、前身球団である東映フライヤーズでの1962年(昭和37年)がやはり最初で最後、主力選手が張本勲外野手、土橋正幸投手の頃です。いかに日本一から遠ざかっているかが理解できると思います。両チームにはお互いのプライドをぶつけ合って日本一を達成できるようにがんばってもらいたいものです。

今日は、少し強引ではありますが賃金の話を取り上げたいと思います。

(Sankei Webより引用)

「料金払えば、給料から引く」 会社ぐるみでETC突破

 「燃料が高騰し、利益を上げるには料金所を突破するしかない」と、従業員を乗せて高速道路のETCレーンを突破してみせ、従業員に突破を教唆したとして、静岡県警高速隊は12日、道路整備特別措置法違反と同法違反教唆の疑いで、運送会社社長らを逮捕した。

 県警によると、同法違反教唆での逮捕は昨年10月の改正以来、全国初。

 逮捕されたのは、運送会社社長、大野一彦(36)=千葉県木更津市桜町=と、部下の運転手、立石明博(29)=同県市原市五井西=の2容疑者。

 調べによると、大野容疑者は8月25日午前5時20分ごろ、静岡県富士市の東名高速道路富士料金所で、ETC車載器のない会社名義の大型トラックでETCレーンを強行突破。助手席の立石容疑者にも突破を教唆した疑い。立石容疑者はその後、9月15日にも同料金所を突破した疑い。

 大野容疑者は、7月18日にも、入社したばかりの立石容疑者を同乗させ、「有料道路を使えば、通行料金は給料からさっ引く」などといい、同料金所を強行突破してみせていた。

 県警は大野容疑者らが会社ぐるみで犯行を繰り返していたとみて、余罪を追及している。

(引用ここまで)

一体どこが「賃金」と関連があるのかというと、「有料道路を使えば、通行料金は給料からさっ引く」という身勝手な言い分です。

労働基準法では賃金支払5原則という原則があり、その中に全額払いの原則があります。ただし例外として法令に別段の定めがある場合や労使協定がある場合には一部控除が可能です。前者は健康保険・厚生年金・雇用保険・源泉徴収などが給料から差し引かれてあるのをご承知のことと思います。後者は組合費等を徴収する場合があります。

上記のような「有料道路を使えば、通行料金は給料からさっ引く」といったことは明らかに賃金の全額払いに反する可能性が非常に高いです。運送会社にとっては燃料(ガソリン代)の高騰については非常に頭の痛い問題であることは間違いありませんが、だからといって強行突破という考えでは知恵がなさ過ぎるといわれても仕方がないでしょう。もちろん労働基準法の考えからしても、こういった形で「賃金をさっ引く」といたことが許されるはずがありません。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 それ以前に不法行為を条件とする契約が無効なような気もしますね(笑)労働法のエリアではない・・・・・

 民法第百三十二条  不法な条件を付した法律行為は、無効とする。不法な行為をしないことを条件とするものも、同様とする。
Posted by たきもと at 2006年10月14日 01:34
たきもとさん、こんにちは。

確かに労働法の範囲ではなく、民法の範囲になるのでしょうね。少し強引でした。

ただ、こういう契約(?)を押し付けるのも間違いなく問題でしょうね。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年10月16日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。