2006年11月07日

社員寮の光熱費水増し請求発覚

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

前半はちょっと野球ネタをいくつか・・・。

カープの黒田投手、FA宣言せずにカープ残留

別の野球ブログでも書いていますが、黒田投手がいるのといないのとでは全然違います。黒田投手=カープの投手3人分ですから、残留することでブラウン監督もご満悦のようでしたが、やはり「ファンの願い」が決め手となったのでしょう。

ハワード爆発!打たれた投手は・・・

全員ジャイアンツの投手ですね・・・。原監督はどう思っているのでしょうか・・・。

ここからが本題です。朝日新聞が偽装派遣について力を入れているのは有名ですが、少しズレはしますが、派遣会社の社員寮における光熱費を水増しで給料から天引きしていたというとんでもないことが載っていたので紹介したいと思います。

(Asahi.comより引用)

派遣会社、社員寮の光熱費水増し 契約社員から天引き

 工場への労働者派遣や製造請負を手がける大手人材会社の高木工業(東京)が、社員寮の水道・光熱費を水増しして契約社員に請求し、給料から天引きしていたことがわかった。これまでに東京、神奈川、静岡3都県の4営業拠点で200人を超える水増しが判明。取り過ぎは少なくとも数百万円にのぼり、さらに増える見通しだ。同社は「返金しておわびしたい」としている。

 4営業拠点を所轄する労働基準監督署や労働局は事実関係を調べる見込みだ。人材会社の光熱費や寮費をめぐっては、労働者から「請求が不透明だ」との指摘が相次いでいたが、これほど大量の水増し天引きが明るみに出るのは初めて。

 高木工業によると、最初に発覚したのは、横浜営業所。派遣・請負労働者約100人の水道・光熱費で昨年9月〜今年4月の間に数百万円の水増しがあった。本来会社側が負担すべき寮の空き部屋の水道・光熱費の基本料などを毎月、入寮者に上乗せし、給料から天引き。その際、労働者側には電気代などの明細書を示していなかった。

 利益確保のため前営業所長が行ったとみられ、同社は近く前営業所長ら計6人を半年間の減給処分とする。

 また、東京都八王子市や神奈川県平塚市、静岡県三島市の営業拠点でも計100人程度の水増し請求が判明。返還金額は調査中で、関係者を追って処分する方針だ。同社では以前から水増し請求の指摘があり、不正行為が横行していた可能性もあるため、全国の拠点で調べている。

 横浜営業所の男性契約社員(37)は「少ない給料から勝手に天引きしており、詐欺的だ。会社側は問題を今春に把握していながら、きちんと対応しなかった」と憤る。

(引用ここまで)

記事を見る限りでは、このような不正行為がかなり前から横行していたようです。1件の不祥事で全国に飛び火する(あるいはしようとしている)のは年金保険料の不正免除問題、最近の中学校・高校による必修理由科目逃れと変わりありませんね。これらと違うのは、労働者側が「おかしい」と感じていた点だと思います。

引用記事では「前営業所長」が利益確保のために行ったと書いてありますが、1箇所であればその言い訳も通用するでしょうが数箇所、調査によっては全国的な可能性もありますから、「会社ぐるみ」と批判されてもおかしくない不祥事ではあると思います(実際に会社ぐるみであるかどうかは当然わかりませんが)。

結局被害にあっているのは正社員でない請負・派遣・契約社員等の立場の弱い労働者です。正社員である者とそうでない者との格差がこういう形で現れてしまうのは非常に残念です。こういったことが起きてしまうと、同業他社も「同じ事をしているんじゃないの?」と疑われてしまう可能性が非常に高いですから、この件を教訓にして適切な労務管理を行うことを望みます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 12:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

派遣契約、更新する?・しない?
Excerpt: 派遣社員として働く一人の人間の気持ちを記しています。今回は契約、更新する?・しない?です
Weblog: 私の稼げる情報・気になる情報
Tracked: 2006-11-12 16:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。