2006年12月21日

【速報】ホワイトカラーエグゼンプションの最終案

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

急遽、速報記事を書くことにしました。

日経新聞のウェブサイトの最新情報によると、ホワイトカラーエグゼンプションに関する厚生労働省の最終案が労働政策審議会に提出されたようです。

(NIKKEI NETより引用)

管理職の平均年収勘案、労働時間規制除外で厚労省最終案

 厚生労働省は21日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)労働条件分科会に雇用ルール改革の最終案を提出した。一定の条件を満たすホワイトカラーの会社員を労働時間規制から除外する制度について、対象者の年収の下限を「管理監督者一般の平均的な年収水準を勘案」と明記。労使の調整が難航していた解雇の金銭解決制度は引き続き検討する課題として今回の雇用ルール改革では見送ることを示した。

 労働条件分科会は最終案をたたき台に27日に最終報告をまとめ、厚労省は来年の通常国会に労働基準法改正案と労働契約法案を提出する方針。ただ労働時間規制の適用除外を巡っては労働組合側は「除外制度は長時間労働を助長する」として制度の導入自体に反対し続けており、調整はなお難航も予想される。

(引用ここまで)

注目すべきなのは対象者の年収の「下限」を明記したことではないでしょうか。上限は年収800−900万円程度で落ち着くようですが「下限」はよく考えたら明記はされていなかったような気がします。

明日になればこれらの詳しい内容が新聞記事で出ると思うので、また明日に(新聞記事に載った場合は)書こうと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホワイトカラーエグゼンプション
Excerpt: ひっよとすると隣国の危機より、身近な危機かも知れない「日本版ホワイトカラーエグゼ
Weblog: 【ミナログ】製造業社長の逆襲
Tracked: 2007-01-11 11:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。