2006年12月28日

ホワイトカラーエグゼンプション、いよいよ国会へ

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

サミー・ソーサ選手というメジャーリーグ有数のホームランバッターが今年横浜ベイスターズに獲得してくれないかと声をかけたそうですが、当の横浜はこれを突っぱねたそうです。今年はFAだったにもかかわらず獲得のオファーがあったのはワシントン・ナショナルズの格安のオファーだけで、それを拒否したのにそれと同じレベルで日本(横浜)売り込みをかけても断られるのは必然だったのではないでしょうか。「コルクバット事件」以来、ソーサ選手にはあまりいい出来事が起こっていませんね・・・。

今日も2回投稿の日とします。はじめは何度も書いているホワイトカラーエグゼンプションのことです。いよいよ国会=政治レベルで話し合われることになりそうです。

(NIKKEI NETより)

労働時間規制の一部除外、労政審が最終報告に明記 

 厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)労働条件分科会は27日、働き方の多様化に対応する新たな雇用ルールの最終報告をまとめた。一定の条件を満たすホワイトカラーの会社員を労働時間規制の対象外とする制度の創設や、残業代の割増率引き上げなどを明記した。経済界は報告内容をおおむね歓迎。法改正が実現すれば、労働時間規制の除外の早期導入に意欲的な姿勢を示す企業も多い。

 厚労省は新たな雇用ルールの制度化へ、来年の次期通常国会に労働基準法の改正案などを提出する方針だ。ただ与党内からも来夏の参院選への影響を懸念する声などがあり、今後の調整が難航する可能性も残っている。

(ここまで)

ホワイトカラーエグゼンプションに関する過去の記事

11月9日  「ホワイトカラーエグゼンプションの審議
11月11日 「ホワイトカラーエグゼンプションの審議 続編
11月22日 「ホワイトカラーエグゼンプション 経済団体でも意見対立
12月11日 「ホワイトカラーエグゼンプションの審議 さらに続編
12月14日 「ホワイトカラーエグゼンプション、監督官も6割が反対
12月16日 「ホワイトカラーエグゼンプション対象者の年収の範囲
12月18日 「ホワイトカラーエグゼンプション、一般には浸透していない?
12月21日 「【速報】ホワイトカラーエグゼンプションの最終案

昨日行われた労働政策審議会での焦点は、やはり唯一未確定であった年収基準でしたが、この場では結局基準を示すことができないまま終わってしまいました。今後も年収基準については厚生労働省が考えている年収800〜900万円程度が対象になるのかそれ以下になるのかはまだまだ議論しなければならないのでしょう。

経済界=大企業はこぞってこの制度が導入されれば早期に導入したいと考えているようです。ただし労働側は依然として反対の立場を崩していないしのは変わらないのでこのあたりの調整もまだ問題にはなるでしょう。さらに日経新聞の記事では「徹夜労働の翌日は1時間だけ出勤して残りの時間を育児に充てる働き方も可能」と書いてありますが、企業としてはそういう労働スタイルはおそらく想定していないはずです。こういう書き方はどうかと思います。

いよいよ来年の国会でこのホワイトカラーエグゼンプション制度を含めた労働基準法などの労働法規の改正案や労働契約法案を議論することになりそうですが、与党でも公明党が慎重な姿勢を見せるなど、来年は参議院選挙があるということもあってこれが選挙のテーマになってしまうと選挙が戦えないという懸念もあるようで、ホワイトカラーエグゼンプションについてはまだまだ今後の先行きが不透明であるような感じがします。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。