2006年12月28日

年金制度改正の議論

何故かライブドアブログの管理画面に入れません・・・が、コメントとTBをメール通知してもらっているのでそこから投稿画面に入ることができました。何かトラブルでもあったのでしょうか、それとも私だけなのでしょうか・・・?

気を取り直して、本日2回目の投稿です。もう次の年金制度改正に向けての議論が始まるようです。

(NIKKEI NETより)

公的年金制度改正へ議論開始・社保審部会
 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会は27日、公的年金制度の改正に向けた議論を開始した。少子化などが年金財政に与える影響を2009年にかけて検証し、給付を安定させるため保険料体系や加入対象者などについて幅広く見直す。安倍晋三首相が掲げる厚生年金のパート労働者への適用拡大についても、次期通常国会での厚生年金法改正を目指し議論する。

 04年の年金制度改正で、公的年金の財政は人口構成や経済状況の変化を踏まえ、5年ごとに100年先までの見通しを試算することになった。少子高齢化の進み方に合わせて自動的に給付を抑制する仕組みを導入したため、今回は保険料と給付の大枠は変えない。

(ここまで)

5年に1度は年金制度を見直すことが原則になっているので予定通りの議論開始であると思いますが、今回のキーワードになるのは少子・高齢化だと思います。前回の制度改正で段階的に保険料納付額を上げていくことと年金受給水準を引き下げたことが代表例でしたが、この制度は合計特殊出生率が1.39であることが前提でした。ご承知のとおり現在の合計特殊出生率は1.26ということで前提が成り立たなくなっています。

今回の制度改正では保険料と給付の大枠は変えず、パートタイマーの適用拡大や国民年金加入年齢の引き上げなどが議論の中心になるようですが、常識的に考えればどうしても年金保険料の引き上げには最終的には触れざるを得ないのではないかと個人的には考えています。もっとも保険料を引き上げるとなると国民の理解を得ることは困難なので現制度で当分は凌いでいくしかないでしょうが・・・。

とにかく、年金は我々にとって最低限の生活保障のための命綱ですから、長期的な視野で議論を進めてもらいたいと思います。
posted by gogosharo at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
御久しぶりです。
お世話になりました、来年もよろしくお願いします。
本業で忙しくなりたいものですね。
Posted by 村岡社労士 at 2006年12月31日 21:15
村岡様

返事が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

やはり本業で忙しくならないと張り合いもないので、でも自分のペースで本業ができればと思っています。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2007年01月03日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。