2007年01月12日

里崎、年俸の「個人情報漏洩」に怒り

2回目の投稿はスパムトラックバックに関することを予定しましたが、興味ある記事を見つけたので急遽変更します。スパムトラックバックについてはできれば明日に投稿しようと思います。

その興味ある記事とは個人情報の漏洩ですが、漏洩されたのは「プロ野球選手の年俸」です。

(スポーツニッポンより)

里崎“提示額漏えい”不信で保留

ロッテの里崎智也捕手(30)が11日、千葉マリンで第1回契約更改交渉に臨み、45%増の8000万円を保留した。争点は金額ではなく、交渉前に他選手に球団提示額が漏れたこと。次回交渉は未定で、1月28日出発のオーストラリアキャンプ自費参加も辞さない構えだ。球界全体を襲った契約更改トラブルはまだ収まりそうにない。

 契約更改トラブルの余波は、幕張にも押し寄せてきた。里崎は交渉後の会見で冷静に口を開いた。「(サインは)してません。金額以外のことで問題が起きたということです」。ハッキリとした口調が逆に怒りの深さをうかがわせる。「問題」の詳細には「球団に聞いてください」の一点張りで球場を後にした。

 「問題」とは“情報漏えい”だった。里崎の会見を受け、狭間球団代表補佐が事情を説明。球団側が今回の交渉以前に、チーム内の他選手に里崎への提示額をうっかり明かしたという。その情報が本人に伝わり、里崎が球団側に不信感を抱く結果となり自身初の保留。交渉の席上で金額については「1分ぐらいしか話していない」(里崎)状態で、約1時間にわたる話し合いの大半は「問題」についてだった。

 里崎は提示額に「評価自体はありがたい」としており、あくまで球団側の誠意を問うという。狭間球団代表補佐は「金額(の情報)が他選手にいった部分がある」と球団側の非を認めた。不信感を払しょくする具体策については明言しなかったが「申し訳なかった。来年以降はこんなことがないようにやります」と謝罪の気持ちを示した。

(ここまで)

ということで、当の里崎捕手に提示する前に他の選手に情報を漏らしてしまったということで里崎捕手が激怒したというのが実情のようです。Winnyを介した個人情報漏洩問題についても情報が漏れた側としては当然納得がいかないし、「どうして・・・」という不安・不信感が募るのが当然の考え方ですが、ましてや本人のプロ野球選手としての価値・評価額であり、かつ本人以外にはシークレットであるはずの年俸が直接本人ではなく他の選手を介して伝わったとすれば不信感を持つのは当然でしょう。今回は千葉ロッテマリーンズでこのような事態が起きてしまいましたが、他の球団でもありえない話ではないと思うので、各球団は選手の年俸という「個人情報」の管理を徹底してほしいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 13:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 個人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたがいくら気を付けても
こんな風に当たり前のように
個人情報は売買されているのだ。

http://nomoreijime.web.fc2.com/shousetu_04.htm

このタンコン社というのは、本当はダイヤモンド社という会社である。
Posted by an at 2007年02月07日 12:32
あなたがいくら気を付けても
こんな風に当たり前のように
個人情報は売買されているのだ。

http://nomoreijime.web.fc2.com/shousetu_04.htm

このタンコン社というのは、本当はダイヤモンド社という会社である。
Posted by an at 2007年02月07日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

個人情報保護法Q
Excerpt: 個人情報保護法に関するQ
Weblog: 個人情報保護法Q
Tracked: 2007-01-20 06:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。