2007年02月21日

「日本年金機構」法案の内容がが明らかに?

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

先ほどの記事の最後のほうで書いた「日本年金機構」法案の内容がどうなるかということですが、その一部が明らかになった(?)ようです。

(NIKKEI NETより)

社保庁改革、分割子会社設置せず・安倍首相が明言

 安倍晋三首相は21日昼、社会保険庁の組織改革に関して、年金業務を引き継ぐ新法人「日本年金機構」を分割して子会社を設立できるような見直しはしない意向を明らかにした。今国会に提出予定の関連法案では、子会社設置を可能にする条項が盛り込まれる方向になっており、「天下り先の確保が狙い」との批判が出ていた。首相は首相官邸で記者団の質問に答え「分割子会社を設けることは行わない。そういうことは考えていない」と言明した。

(ここまで)

関連記事:社保庁の「分割会社」規定、首相が見送りを明言(Yahoo News−読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000106-yom-pol

要するに「日本年金機構」の下に子会社を設置すること=天下り先の確保につながるのではないか?という内容が法案として存在するようです。一般市民からすれば「セコい」「結局社会保険庁時代の感覚から抜け出せないんじゃないの?」という声がこの内容を知ったら聞こえてきそうです。安倍総理大臣は引用記事のとおり「そのようなことはしない」と答えたようですが、実際の法案の審議でどのような議論になっていくのかということが注目されそうです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。