2007年03月05日

年金制度を正しく理解してもらうために役立つものは・・・

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

現在、私が考えていることは、「どうしたら複雑な年金制度を正しく理解してもらうか・・・。」ということです。一応年金専門とは謳っていますが、メインとしては年金相談なども受け付けたいのですが、あくまでも「年金制度を正しく理解してもらうための啓蒙活動」をしたいわけです。そのために様々な文献を読んでいるのですが、人にお勧めできるような文献が(内容が)難しくてなかなかないのが現状です(ほとんどが経済・財政学的視点からの文献であるためもありますが)。

そういった中で「これは面白そうだ」「興味・関心が持てそうだ」という文献をいくつか紹介しておきたいと思います。やはり経済学者(兼社会保障学者?)である慶應義塾大学商学部教授の権丈善一氏のホームページに記載されている3つの文献です。この3つについては経済学の知識があまりなくても気楽に読み進めることができるようになっています(と私は思っています)。

勿凝学問15x「やれやれのバランスシート論」

勿凝学問41「肥満訴訟よりは勝ち目があると思う年金未納推奨訴訟」

勿凝学問65「柳家さん八師匠の年金高座<(_ _)>ペコッ」

その他にも読み応えのある文献はいくつもありますが、上記3つが一番読みやすいといえば読みやすいと思います(経済学者らしからぬ!? 軽いタッチで文章が記載されていることもあるでしょうが)。年金制度を正しく理解してもらうためのヒントがいくつか散りばめられているようにも思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。