2007年03月29日

賃金格差は横ばいのようですが・・・

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。なるべく毎日投稿しようとは思ってるのですが、どうも初心を忘れているようで、ブログを始めた頃の初心の気持ちをもう一度思い出そうと思っています。

今日は、賃金でこのようなことが読売新聞の記事に記載されていました。

正社員−非正社員=12万7800円…月給格差横ばい(Yahoo News−読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000015-yom-bus_all

派遣や契約社員などの非正社員の平均月給は、正社員の6割にとどまり、賃金差が12万7800円だったことが28日、厚生労働省の2006年賃金構造基本統計調査で分かった。

 05年調査では、賃金差は12万7100円でほぼ横ばい。戦後最長の好景気が続いているにもかかわらず、正社員と非正社員の賃金格差は改善されていなかった。

 昨年6月分の賃金について、従業員10人以上の約6万2000事業所を対象に調べたもので、約4万6000事業所から有効回答があった。

 正社員の月給は、平均31万8800円(平均40・6歳、勤続13・0年)で、非正社員は19万1000円(同43・2歳、同5・8年)。

(ここまで)

正社員と非正社員の月給の格差が横ばい(のまま大きい傾向である)ということですが、単に月給で見るよりはトータル的に格差というものを考えて書いてほしかったと思います。派遣だと時給制・ボーナスなし・交通費支給もなし・福利厚生もあまり適用されないというケースが多いでしょうからトータルに考えれば天と地ほどの格差に最終的にはなっているものと思います。

賃金を含め格差を考える問題があちこちで行なわれていますが、格差を考えるのであれば現時点一点しか捉えていない格差よりも、トータル的に捉えた視点で格差というものを考えてほしいと思います。なかなかそううまくいかないのが現状なのでしょうが・・・。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。