2007年06月14日

請求漏れによる時効分の年金、5年間で1155億円

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日、依頼者のための年金相談で川越社会保険事務所に行ってきたのですが、一言で言うと甘く見すぎていました・・・。このことについては明日書きます。

今後も当分続く年金問題ですが、読売新聞に以下のような記事があったので紹介したいと思います。

(YOMIURI ONLINEより)

申請遅れで時効の年金、99年度から5年間で1155億円

 厚生労働省は13日、年金加入者の受給開始の申請の遅れが原因で、5年間の時効によって受け取ることができなくなった年金額が、1999年度から2003年度の5年間で、計1155億円に上るとする推計を明らかにした。

 与党は今国会に、議員立法で年金の時効を撤廃する「年金時効撤廃特例法案」を提出しているが、同法案が成立しても、申請遅れが原因の時効分の年金は補償対象とはしないとしている。

 推計は、13日の衆院厚生労働委員会で、厚生労働省の渡辺芳樹年金局長が公表した。

 渡辺局長によると、99年度からの5年間で、新たに年金を受け取り始めた加入者は約800万人で、そのうち、請求の遅れによる時効分の年金が見つかったのは9万3075人としている。1人当たり平均124万円を失った計算だ。

(ここまで)

年金における最大の問題は、受給権を獲得したら「自分で」請求しなければならないということです。最近は年金受給予定者の利便性を考えた「ターンアラウンド方式」というかたちの年金裁定請求書が緑色の封筒で送られてきますが、その裁定請求書をただ出せばいいというものではなく、年金手帳や戸籍謄本など添付しなければならない書類などがたくさんあります。年金は老齢・障害・遺族とありますからそれらに適した添付書類などを揃えなければならないので非常に面倒です。

特に、昨日も書いたように「複数の」基礎年金番号を所有している人については注意が必要です。複数所有していると、おそらく平成9年に設定された基礎年金番号における年金記録しか反映されず、そのためにもしかしたら番号を統一していれば請求できたかもしれない年金額が時効で消滅してしまう可能性が高いです。

とにかく、年金受給額について「何かおかしいな?」と感じたら最寄の社会保険事務所か近くの社会保険労務士に相談することをお勧めします。知らないうちに時効で本来受給できるはずであった年金額を失うのは非常にもったいないですから・・・。
posted by gogosharo at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと、お聞きしたいのですが・・
年金の請求漏れ(通知が来なかったことによる申請の遅れ)で 5年以上を経過してしまった場合は、それ以前の年金について、現在の制度では救済されないのでしょうか? 何とかならないものなのでしょうか?
Posted by H2 at 2007年06月17日 23:55
H2様

H2様の状況が記録漏れが絡むのかそうでないのかがコメント文だけでは把握するのが難しいので、あくまでも一般論を説明します。

通知が来なかったことによる、ということは単純に考えれば社会保険庁の記録ではまだ受給資格を満たしていないから通知が来ないということが考えられます。現在問題になっている記録漏れが判明してその結果受給資格を満たした場合はその分の年金を遡及して受給可能となることになりますが、この場合が現在5年の時効を撤廃して特例法という形でさらに遡及して記録漏れ分の年金を受給させましょうということが現在国会(参議院)で議論されているわけです。

もう少し詳しい状況が知りたいので、可能であれば私宛にメールを送信してください。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2007年06月18日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。