2007年06月15日

甘く見すぎた・・・。川越社会保険事務所の「行列のできる」年金相談

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

渦中の年金記録漏れなどの年金問題ですが、「ねんきんダイヤル」などでは全くつながらないという現状が露呈されているなど相談に対するニーズとウオンツが全く追いついていない状態になっています。政府からも全国社会保険労務士会連合会に対して「助けてくれ」という依頼があり、全国の社会保険労務士会にその内容が行き渡っています。15日から29日まで政府主催の電話年金相談が全国から社労士を集めて行われるようです。若干の助けにはなる(派遣会社登録の素人とは違い、年金のノウハウを知っている人ばかりが集まるのでイライラすることもないはず)とは思いますが、応募するかどうかはまだ考え中です。

今日は昨日の予告どおり、川越社会保険事務所の年金相談について書くことにします。2004年の年金法改正においてはマスコミの取材の対象になっていた「行列のできる社会保険事務所」として有名になっていたのである程度の時間を待つ覚悟はできていましたが、結果的には、甘く見すぎていました・・・。川越社会保険事務所では午前8時頃から年金相談等に関する番号札を発行する(確か)ので、そのときを計って行かないとかなり待つことが分かりました。

私の場合は9時前に事務所=自宅を出発し10時10分ころに社会保険事務所に到着したのですが、年金相談における行政協力に参加している川越支部の方と偶然出会ったところ、「2時間待つ」(その時点で約70人待ち)と言われてガックリきたのを覚えています。実際に自分の年金相談の番になったのは12時40〜50分くらいだったので、2時間半以上待ったということになります。正直言って、いつ自分の番になるかというのが全く不透明なので、待ち時間は非常に辛いです。

次に社会保険事務所に行くのは依頼者の年金の裁定請求をするためですが、次回はさすがに考えなければなりません。今回は車で行ったのですが次回は電車で行くことも考えます。幸いにも川越社会保険事務所は川越駅のすぐそばにあるので楽ですが・・・。

他の社会保険事務所の動向はどうなっているのでしょうか?おそらく今回の年金問題の影響でどこの社会保険事務所も大差ないものと思いますが・・・。
posted by gogosharo at 10:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

国民年金・自分の記録に実際誤りがでたら
Excerpt: では実際、社会保険事務所に行き回答票をもらったがご自分で作成した職業暦と比べ誤りや疑問などがあった場合はどうするのか?もし、回答票に誤りや疑問などがあった場合は 社会保険事務所に訂正または調査を依頼(..
Weblog: 国民年金
Tracked: 2007-06-22 01:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。