2007年07月02日

社労士試験本番まであと2ヶ月

よく考えてみれば、今年の社労士試験まで残り2ヶ月(試験日は8月26日)になったようです。受験生の皆さん、勉強ははかどっていますでしょうか?この時期になると基本的にはインプットからアウトプット(答練)の勉強法になっていると思います。過去問は当然その問題が出る出ないにしろ研究はしてあるはずです。

また、この時期は公開模試ラッシュの時期でもあります。選択型80分、択一型210分=特に択一型の時間配分というものが重要になってきます。慣れていないとこの210分というものが非常に苦痛で拷問的な時間になります。ということで、可能な限りは公開模試を受験することをお勧めします。ただし、受験しすぎると公開模試の復習(試験の雰囲気に慣れることも大事ですが、模試については復習のほうがもっと大事)が追いつかなくなるので、その点に注意して受験することも必要かと思います。ちなみに6年前(合格時)の私の場合は通っていたTACの全2回とWセミナーの1回、計3回受験しました。Wセミナーの受験はアウェイの雰囲気でどれだけ実力が出せるかということと別の視点からの問題に対応できるかという意味で受験したのですが、そこそこの結果が出せたこと・弱点が明らかになったことで残りの期間で何をすればいいのかということが明確になったので受験してよかったと思っています。

最終的に本番で合格点を取ればいいのですから(当然これが非常に難しい)、そのための一環として公開模試を有効に利用していただきたいと思います。今年は空きがあれば試験官として手伝おうかなとも考えています。埼玉は試験会場がまた独協大学なので、朝一番で行かないと辛いのですが・・・。
posted by gogosharo at 18:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 社労士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

社労士試験、2年目の学習法
Excerpt: 本試験が終わり、就職先も決まり、IDE社労士塾への入会手続きも済んで、9月は自信の無かった年金の学習に専念した。 択一式では厚生年金こそマグレで6点取れていたが、逆に難問の少なかった国民年金が3点と..
Weblog: 期間工から資格取得、社労士開業
Tracked: 2007-08-24 21:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。