2007年08月01日

朝青龍の1年が「終了」

年金や労務とは全く関係のないことを投稿します。怪我で夏巡業を休むと申し出ていたにもかかわらず故郷モンゴルでサッカーに興じていたことがバレてしまった横綱朝青龍関に秋場所と九州場所の出場停止処分が下されました。

朝青龍は2場所出場停止 “仮病疑惑”に厳罰(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000923-san-spo

 腰の疲労骨折などを理由に大相撲夏巡業の休場届を出しながらモンゴルでサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)について、日本相撲協会は1日、緊急理事会を開き、9月の秋場所、11月の九州場所の2場所出場停止と九州場所千秋楽までの謹慎処分、さらに4カ月の30%減俸処分とすることを決めた。また監督責任を問われた師匠の高砂親方(51)=元大関朝潮=も同様に4カ月の30%減俸処分となった。
 朝青龍は21度目の優勝を遂げた名古屋場所千秋楽翌日の7月23日、三重・四日市市内の病院で診察を受けたのち、腰の疲労骨折などで「約6週間の休養、加療を要する」との診断書を相撲協会に提出、夏巡業の休場を決めた。朝青龍はそのまま母国モンゴルへ帰国したが、その間、元日本代表MF中田英寿氏らとともにサッカーのイベントに参加したことが発覚した。

(以下省略)

意見はいろいろあるでしょうが、やはり横綱として「何をしていいのか、よくないのか」ということの分別は付けるべきでしょう。それにしても1場所だけならともかく2場所も出場停止というのはきつい処分ですね。ということで「自らがまいた種」で朝青龍関の2007年は「終了」してしまいました。この汚名を挽回するためには「2008年」の初場所で優勝するしかありません。さすがに本人も公開していることでしょう。

引用リンクの最後の文章に横綱前田山の件が記載されていますが、朝青龍も前田山も所属部屋は「高砂部屋」なんですよね・・・。
posted by gogosharo at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント、揚げ足とって申し訳ないですけど・・・
>この汚名を挽回するため
汚名返上、若しくは名誉挽回の間違いですねw
あと「後悔」ですねww
Posted by すみません at 2007年08月01日 16:40
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。
Posted by 「ゴーゴー社労士」@埼玉県小川町 at 2007年08月01日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。