2007年03月30日

請求漏れ年金、6年で22万件

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

東北楽天ゴールデンイーグルスの超大物ルーキー、田中将大投手が昨日福岡ソフトバンクホークス戦でデビューしましたが、ご存知のとおり散々なデビューとなってしまいました。野村監督は「クセを見破られていた」ようなことを言っていましたが、これに本人が気づかないようではかなり苦労しそうな予感がします。

今日は、年金の請求漏れが過去6年で22万件あったという読売新聞の記事を紹介したいと思います。

年金支給漏れ、過去6年で22万人…社保庁記録見逃す(Yahoo News−読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000001-yom-soci

高齢者が受給中の厚生年金や基礎年金(国民年金)に支給漏れが見つかり、社会保険庁が年金額を訂正した件数が、2001年4月から07年2月末までの約6年間で計21万8474件にのぼることが明らかになった。

 過去に短期間勤めた会社での保険料納付記録が、年金額決定の際に見落とされたことなどが原因で、ほとんどは受給者からの指摘で誤りが見つかった。

 支給漏れがこれほど多い実態が明らかになったのは初めてで、社保庁のずさんな給付業務が問われそうだ。

 支給漏れの件数は、社保庁が野党の資料要求に応じて明らかにした。支給漏れは2001年3月以前にも見つかっていたが、社保庁は「資料の保存年限が過ぎており、件数を確認できない」としている。支給漏れの総額や平均額も不明だとしているが、年金相談を専門とする社会保険労務士からは「1人当たり年数万円から20万円程度、本来より少なかった例が多い」という指摘が出ている。

(ここまで)

かなり多いですね。社会保険庁の杜撰さを指摘するのは簡単ですが、年金受給(予定)者の過去の勤務状況や会社等の存続状況なども関わってきますからなかなか難しいところです。ということで請求漏れの総額などはそのときにならないとわからないというのもある意味仕方がないことだと思います。

もし「自分もいくらかの年金請求漏れがあるのではないか」と考えた方は、年金請求漏れ専門(この業務に特化して、他の業務は一切行なっていないようです)の社労士がいますから、相談してはいかがでしょうか。請求漏れの年金に関すれば最大の情報源になっていますから、リンク先のホームページを拝見することをお勧めします。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。