2007年03月06日

生活保護の不正受給

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日は一つ気になる記事があったので、紹介したいと思います。

(Yahoo News−読売新聞より)

生活保護不正受給、4年で1・5倍に増加…厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070305-00000415-yom-soci

2005年度の生活保護費の不正受給額は、前年度を約10億円上回り、約71億9000万円だったことが5日、厚生労働省のまとめでわかった。

 01年度(約46億7000万円)と比べ、約1・5倍に増加している。

 厚労省によると、件数も1万2535件で、前年度比で1624件増加。内訳を見ると、働いて得た収入をまったく申告していなかったケースが53・4%と最も多く、働いて得た収入を過少申告していたケースも加えると、63・5%だった。「各種年金などの無申告」も15・5%あった。

(ここまで)

生活保護を受給するにあたっては、ミーンズテストという資力調査が要求されます。各自治体はちゃんとミーンズテストをしたからこそ生活保護を支給したのでしょうが、実際には不正受給が増加しているというのが現実のようです。このような事態が続いてしまうと生活保護に関する政策もより厳しくなってしまうのではないかと思ってしまいます。

この記事を読んで思い出したのが、昨日紹介した慶應義塾大学商学部・権丈善一教授の下記の論文です。

勿凝学問41 肥満訴訟よりは勝ち目があると思う年金未納推奨訴訟

この論文の4〜6ページ(追記:9ページも)を暗記するまで読んで欲しいと思います。(年金保険料を支払うことなく)生活保護に頼りきってしまうことに対する警鐘が記載されています。私も生活保護に対する受給者の度が過ぎてしまうと上記論文の4〜6ページのような事態を招いてしまうのではないかと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金制度を正しく理解してもらうためのカギ

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

「年金制度を正しく理解してもらうためには何が必要なのか?」ということについてあれこれ考え、いろいろな文献や書籍を読んでいるのですが、現時点での結論としては「これだ!」ということを挙げておきます。

「年金制度の目的・存在意義を理解してもらうということ」

です。

いろいろな書籍等では年金(制度)のことについてほとんどが以下のことを書いてあります(ニュアンスは違えど大体共通ではないかと思っています)。

「年金は、老後の所得保障である」

確かにその面はあるので正しいといえば正しいことにには間違いありません。しかし、絶対的な正解であるかといえばそうではありません。国民年金保険法の第1条と第2条、厚生年金保険法の第1条には次のことが記載されています。


国民年金法第1条

国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によって防止し、もって健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。

国民年金法第2条

国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行なうものとする。

厚生年金保険法第1条

厚生年金保険法は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とし、あわせて厚生年金基金がその加入員に対して行なう給付に関して必要な事項を定めるものとする。


というように、年金制度は老齢はもちろんのこと、障害や死亡に対するリスク回避のために国が設けた社会保障制度です。当然老齢が一番メジャーなのですが障害や死亡といったリスクについても考慮されるべきなのです。各種書籍では老齢のことばかり記載され、障害や死亡に対するリスクについてはほとんどといっていいほど記載がないように思います(あくまでも私が読んだ限りの書籍では)。老齢のことしか記載されていないからこそ年金加入の損得論などが経済学者を中心に論じられているのかなというのが実感です。

ということで、年金制度を正しく理解してもらうためのカギは上記に記載した年金法の目的を理解してもらうことであると思っています。在職老齢年金などのテクニカルな部分も重要なことは間違いありませんが、それ以上に目的を理解してもらうことが大事だと思っています。この分野であれば1〜2時間くらいの話はできそうなので(4月に川越支部の協力事業で実際に話をするかもしれませんが)、もし話が聞きたければオファーをお願いいたします。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。