2007年03月01日

確定拠出年金、転職者の6割が運用放棄

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

日本のプロ野球はいよいよオープン戦が始まりました。主力選手は公式戦が始まるまでの調整の場として、一軍ボーダーラインにいる選手は限られた出場機会でアピールする場であり、これが約1ヶ月続きます。怪我をできるだけしないように選手の皆さんには頑張ってもらいたいものです。

今日は確定拠出年金のことを書こうと思います。日経新聞の1面の記事ですが、転職者の6割が運用を放棄してしまっているようです。

(NIKKEI NETより)

確定拠出年金、転職者の6割が運用放棄

 確定拠出年金を転職先に持ち運ばず、運用を放棄している人の数が、転職者全体の約6割にあたる7万4600人いることが分かった。厚生労働省の外郭団体の国民年金基金連合会が1月末時点で調べた。雇用の流動化に合わせ年金も持ち運びしやすい仕組みをつくったが、手続きが必要で、十分活用されていないことが浮き彫りになった。厚労省は転職者が自動的に年金を移せるよう転職者の積立金を専門に運用するファンドをつくることなど新たな制度の検討に入った。

 確定拠出年金は確定給付年金など他の企業年金とは異なり、企業を窓口にするが、企業ではなく個人が金融機関と運用の契約を結ぶ。従来の企業年金は転職すると、年金制度が終わってしまい、積立金を精算する必要があるが、確定拠出年金は転職先が導入していなくても、一定の手続きをすれば引き続き加入できる。2001年に発足し、1月末で8000社が採用。加入者数は06年12月末で218万人いる。導入企業が増えたことで05年3月末と比べ2倍程度に増えている。

(ここまで)

確定拠出年金制度を導入しているのは主に大企業であると思います。大企業であれば企業の財務部などから運用に関する情報が当たり前のように提供されますから運用の判断も容易にできるものと思われます。それが転職して確定拠出年金制度のない会社に転職したりすると、手続きをすれば引き続き以前の制度に加入できるようですが、おそらくその手続きが複雑で面倒なのではと推測されるし、運用情報の面でも自力で情報収集しなければならなくなるために結局放棄してしまうのでは、と推測されます。

上記のことはあくまでも推測ですが、結局はこれまでの企業年金と同様に確定拠出年金を導入したとしても企業をアテにし過ぎていたということが考えられるのではないでしょうか。今後企業年金研究会という厚生労働省が組織する研究会で制度の見直しを検討するようですが、確定拠出年金はあくまでも個人の運用が原則ですからその意識を徹底させるような制度を考えるべきではないかと考えています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。