2007年01月17日

ホワイトカラーエグゼンプション、今国会での法案提出断念

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

皆さんご承知のように社長が辞任に追い込まれてしまった不二家の問題ですが、(悪い)情報の隠蔽が明るみに出てしまったことで大事件になってしまったという格好の例であると思います。こういったことは一度明るみになってしまうと芋づる式に隠蔽の事実が出てしまうことが特徴です。昨年の社会保険庁(社会保険事務所)による国民年金保険料の不正免除問題、高校による必修科目に履修漏れが最終的にほぼ日本全国で行われていたことが判明してしまったことは記憶に新しいと思います。不二家にとっては次期社長が誰になるかはわかりませんが、消費者の信頼回復という重い課題を背負わされることになるので、ここは腹をくくって経営再建に取り組むしかないと思います。

今日は、ホワイトカラーエグゼンプション制度が結局今国会での法案提出を断念するという記事を紹介したいと思います。

(NIKKEI NETより)

労働時間規制除外法案、首相が通常国会提出を断念

 安倍晋三首相は16日夜、一定条件を満たす会社員を労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入するための労働基準法改正案について「現段階で国民の理解が得られているとは思わない。働く人たちの理解がなければうまくいかない」と述べ、25日召集の通常国会への提出は困難との認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 労働時間規制除外は勤務時間の長短で成果を評価しにくい業務に携わり、年収が一定以上ある会社員が自らの裁量で労働時間を決めることができる仕組み。政府・与党は7月の参院選などを控えて野党側が「残業代ゼロ制度」などと批判を強める中、法案を提出しても国民の理解を得るのは難しいと判断した。

 厚生労働省は同制度導入のための労基法改正案のほか、最低賃金法改正案などを労働市場改革関連法案として今国会に提出する方向で検討していた。今後、労働市場改革関連法案すべての提出を見送るのかどうか調整を急ぐ。

(ここまで)

労使の対立はともかくとして、経済団体でも意見が分かれ、与党内でも意見が分かれ、政府内でも意見が分かれて意見が一本化できていない法案を提出したとしても十分な議論はできないに決まっています。当然国民の理解など得られるはずもないので今回については法案自体を提出しないことを決めたのは賢明な考えであると思います。

ただし、「今国会については」法案提出を断念するのであって、次回以降の国会では必ず論点になることは間違いありません。逆に考えればホワイトカラーエグゼンプション制度に関するもっと深い議論ができる時間が増えることになりますが、ホワイトカラーエグゼンプション制度自体がなくなったというわけではないので、その点は注意が必要です。

ホワイトカラーエグゼンプションばかりが目立ってしまいましたが、この制度を含めた労働基準法をはじめとした労働関連の改正法案はどうなってしまうのかも非常に気なるところです。ホワイトカラーエグゼンプションの議論については今後も続けられるのでしょうが、月曜日にこのブログで紹介した日経新聞のウェブサイトに記載されているソフトブレーンの宋文洲氏のコラムを議論に入る前に一度は読んでおいて欲しいと思います。

(追記)

ホワイトカラーエグゼンプション制度以外の労働法に関する改正法案(残業による割増賃金の引き上げなど)は予定通り国会に提出するそうです。果たして議論は成り立つのでしょうか・・・。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。