2007年01月15日

宋文洲氏曰く「日本はもともとホワイトカラーエグゼンプションの国」

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

やっと、事務所のホームページを年金専門のホームページへ改装する作業を始めました。まずはあいさつ文の変更と年金制度に関することをアップしました。年金制度に関することについてはかねてからこのブログでも主張してきたことを中心に書いていますので、一度見ていただけたらありがたいです。まだまだ完成形からは程遠いですが、徐々に完成形に近づけていきます。年金相談や年金制度に関することについてのオファーは受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

今日は、日経新聞のウェブサイトで非常に面白い記事を見つけたので紹介したいと思います。ソフトブレーンの宋文州氏が日本において意見がバラバラで結論の全く見えない「ホワイトカラーエグゼンプション」について痛烈な一言を述べているコラムです。

日本はもともとホワイトカラー「エグゼンプション」の国だ

宋文州氏は、中国人という視点から日本の経営に関する様々な本を書いていますが、このコラムについても同様で「中国人」という視点から「ホワイトカラーエグゼンプション」についてコラムを書いているように思います。そういった視点があるから今回のコラムのタイトルやリンク先の冒頭で「日本はもともと(実質的に)ホワイトカラーエグゼンプションの国である」と感じて書いたのだと思います。

このコラムですが、全ての経営者・労働組合・人事労務に携わる人・労働者・政治家・一般人に読んでもらいたいと思います。これまでの「ホワイトカラーエグゼンプション」に関する議論がいかに細部にとらわれすぎていたのかということを実感させられると思います。




人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。