2007年01月10日

ホワイトカラーエグゼンプション、導入見送りか

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日の未明にApple(Apple Computerから改称)が独自の携帯電話機「iPhone」を発表したことで、今日はこの話題一色といった感じです。日本には2008年に導入されるということなので、Appleファンとしては「その日」が来ることを心待ちにしていることでしょう。日本の携帯電話業界にも影響を及ぼすことも確実だと思われます。

参考記事:アップルの携帯電話「iPhone」、気になる日本での展開は?(CNET Japanより)

今日もホワイトカラーエグゼンプションについて取り上げますが、結局今度の国会では法案を提出しない公算が高まったようです。

(NIKKEI NETより)

労働時間規制除外制は導入見送り、選挙控え政府与党方針

 政府・与党は9日、一定条件を満たす会社員を労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を当面見送る方針を固めた。野党が「残業代ゼロ制度」などと批判しており、4月の統一地方選、7月の参院選を控え、政策の是非を冷静に議論する環境にないと判断した。

 政府は労働市場改革の関連法案を通常国会に提出すべく法案づくりを進めてきた。労働時間規制除外の先送りに伴い、今後は制度周知のために法案を提出したうえで継続審議にするのか、法案提出自体を断念するのかを話し合う。

(ここまで)

何が何でもホワイトカラーエグゼンプションを導入させたい経団連の御手洗会長は「労働政策審議会で議論してきたのだから、国会でも議論して欲しい」というコメントをしたようですが、政治レベルでは引用記事のように「選挙」というそれぞれの政治家の思惑としては、ホワイトカラーエグゼンプションはネガティブな要素にしかならないということ、他にも優先すべきことはたくさんあるということなのでしょう。

このままの状況でいけば、法案自体も提出できない状況になる可能性が高いものと思われますが、ホワイトカラーエグゼンプション自体の議論自体がなくなってしまうというわけではないので、理解が得られるかどうかは別としてもっと深く議論していくしかないのではないでしょうか。今回については見送るとしても、労働問題としては今後も出てくる問題でしょうから。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 16:37| Comment(0) | TrackBack(3) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。