2007年01月07日

ホワイトカラーエグゼンプションと政治

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

これまで何度もホワイトカラーエグゼンプションについて取り上げてきましたが、今年に入っていよいよ国会で議論に入るのかと思ったら、ある程度の予想はしていましたが政治が絡むとこれほどの泥沼になるものとは想像していませんでした。これで国会で議論に入るのかどうか怪しくなってきたように思います。

(Sankei Webより)

ホワイトカラーエグゼンプション 中川幹事長が慎重姿勢

 自民党の中川秀直幹事長は7日のNHK番組で、労働時間規制を一部撤廃する「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」について「デフレから脱却した局面で導入するのがふさわしいという感じがする」と述べ、現段階での導入に慎重姿勢を示した。公明党も同制度の導入に反対姿勢を示しており、通常国会への関連法案提出は困難な情勢となった。

 同制度は一定以上の年収がある事務系職員を対象に1日8時間、週40時間の労働時間規制を適用除外とするもの。厚労相の諮問機関「労働政策審議会分科会」が昨年末に導入を求める報告書をまとめ、厚労省はこれに基づき通常国会に法案を提出したい考えだ。

 中川氏は「サラリーマンが家庭にいる時間が長くなる。仕事の成果があがれば短時間労働でもいいという考え方は方向性として理解できる」と述べながらも、「長時間労働による過労死を招いたり、賃金抑制の手段に使われたりするのではないかという懸念がある。経営者側や政府による説明責任は十分ではない」と語った。

 同制度をめぐっては、公明党の太田昭宏代表が昨年末、「ただちに法制化を急ぐという拙速な対応であってはならない」と発言。自民党内にも、サラリーマン層の反発が強い同制度の導入を強行すれば、参院選に悪影響を与えかねないとの懸念が広がっていた。

(ここまで)

このように語っているようですが、「何で今更」という感じがします。そのために労働政策審議会が何度も(議論で労使の溝は埋まらなかったものの)行われてきたし、その動向を見て法案にするかどうかということを考えることはできたはずです。それをいざ国会にという前段階で政治レベルでも意見の一致がないということは、国会でも議論が成り立たなさそうなことが十分に予想できます。

労使レベルで意見が一致しない(というよりは一致するわけがない)、政治レベルでも上記のような有様ですから、いっそのこと継続審議として法案として出すのはもっと後にしてからでもおかしくないような気がしてきました。

昨日投稿したように首相ですらこの制度をよくわかっているのか疑問に思う発言が出たことを考えると、政治家はどうもこの制度に対する認識不足・理解不足であるような気がします。導入するか先送りにするかということも今年の参議院選挙を睨んでの発言を意識して、どうも気に入りません。ホワイトカラーエグゼンプションについて政治家はもっと勉強して国会の議論に入るかどうか決めてもらいたいものです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:12| Comment(0) | TrackBack(3) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。