2006年10月22日

【速報】社会保険庁改革法案、廃案へ

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

昨日、箱根駅伝の予選会が行われ、早稲田大学他9大学が本番の出場権を獲得しました。その中には私の出身大学である明治大学も含まれています。先日投稿したようにラグビーは出口の見えないトンネルに嵌ってしまっていますが、駅伝については昔の水没状態から予選会を突破できるレベルに這い上がってきたのでOBとしては嬉しい限りです。あとは本選で結果を残し、常にシード大学になれるように努力してもらいたいものです。

今日は労災の記事を取り上げようか、と思いましたが、社会保険庁改革法案が廃案の方向になったということがネット上で表われたため、急遽こちらを取り上げたいと思います。

(Yahoo NEWS-毎日新聞より引用)

<社保庁改革法案>審議未了・廃案へ 政府・自民党が調整

 政府・自民党は21日、継続審議となっている社会保険庁改革法案について、臨時国会の会期末に審議未了・廃案とする調整に入った。同法案は、社保庁の年金業務を国の特別機関「ねんきん事業機構」に引き継ぐことが柱。しかし国民年金保険料の不正免除問題を受け、同党は「社保庁職員が国家公務員のまま新組織に移る案では、来年の参院選で勝てない」と判断した。年金運営組織の職員を非公務員化する法案に練り直す意向だ。

 今年の通常国会に提出された同法案は、08年10月に社保庁をねんきん事業機構と、医療保険を運営する全国健康保険協会に分割する内容。同協会職員は非公務員だが、同機構職員は「公的年金への信頼回復のため、国の新たな行政組織として再出発することが重要」として、国家公務員の身分を維持させる。

 ところが今年3月に不正免除問題が発覚した。法案を継続審議とした与党は今の臨時国会で現法案を修正する考えだったが、世論の反発を警戒し断念。再び継続扱いとすれば参院選に影響するとみて、廃案とすることにした。近く自民党の中川秀直幹事長と丹羽雄哉総務会長が会談し、こうした方針を打ち出す見通し。

 社保庁改革をめぐっては、安倍晋三首相が9月の自民党総裁選で「解体的見直し」を主張。首相就任後も「すべて公務員でやらないといけないのかを含め、もう一度見直す必要がある」と再三強調している。

 自民党は、年金運営組織を非公務員型に改める新法案を、来年の通常国会以降に提出することを念頭に置いている。だが、公的年金を非公務員に委ねることに対する議論は不十分で、自民党が志向する法案が実現するかどうかは不透明だ。

(引用ここまで)

参院選で戦えなくなるという政治的判断で法案を廃案にしてしまうのは消化不良の感じがしないでもないですが、それだけ全国に蔓延した(国民)年金保険料不正免除のスキャンダルによるダメージが大きかったのでしょう。社会保険庁(社会保険事務所)の職員はとりあえずはホッとしているでしょう。当面は現状維持になることが明らかになったわけですから。

問題は今後の新法案の提出でしょう。こうなった以上全く新しいものを用意するしか選択肢がないわけですが、国民が納得のいく、年金制度について安心を持つことができる新法案を作り、話し合いの代表の場である国会でしっかりとした議論をして欲しいと思います。年金というのは今まで以上に重要な政治・経済・社会問題ですから、その点も意識して欲しいと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。