2006年10月05日

年金制度を広めること

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

今日は、私の社労士のこれからの業務範囲について書こうと思います。

私の業務範囲も他の社労士と同様に基本的には企業向けの顧問契約や就業規則の作成などを業務範囲としています。ほとんどの社労士が企業(特に中小企業を対象)向けに業務範囲をアピールして何とか顧問契約を結んでもらおうと努力しています。ただし、大半の社労士が実感しているように、顧問契約を結んでもらうのはなかなか大変です。よほどのメリットがないか、あるいは価格(特に低価格)的メリットがないと結んでもらえません。私の1件目の顧問契約先は運よく相当の条件で合意しましたが、なかなか相当の条件で結んでいただけるところはかなり限られるのでは、と思っています。下記の本でも、顧問契約を結ぶことの難しさが簡潔ではありますが書かれています。



そもそも私は、社労士に合格したてのころは「年金のプロになる」ということを名刺に書いていました。ちょうどその頃が各種年金問題・年金制度が話題になり始めていたからだと思います。他の方が企業向けのことをやるのであれば、私は年金を専門にやろうとその当時は思っていたのですが、意志が弱かったのか、結局は他の社労士と同様の企業向けの業務範囲をホームページにアップしています。

いろいろと迷いが生じてしまいましたが、社労士合格当初の「年金のプロになる」という気持ちを思い出し、これからは徐々に企業向けからほぼ年金専門に業務をシフトしていこうと考えています。特に重要視したいのが、「年金制度の正しい知識と理解」というものを広めていく業務です。

年金はもはや政治・経済・社会・法律といった複合的問題になっていますから、単なる持論だけでは通用せず、複合的な知識を理解し、かつ実務上の経験をベースにした「年金制度の正しい知識と理解」というものを広めていくことが重要だと考えました。今の持論としては「憲法に生存権がある以上、それがベースになっている国民年金や厚生年金は破綻させられるわけがない」ですが、この持論にもっと深みを持たせて講演・セミナーができるレベルにしていきたいと思っています。

もし、年金制度について私の話を聞きたいと思った方は、今は無理ですが必ずお引き受けしたいと思っているのでご予約ください(笑)。それまでにしっかり準備はしておきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。