2006年09月19日

年金制度に関する知識は浸透している模様

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

本来であれば、当初予定していた労働政策審議会の傍聴に行く予定だったのですが、厚生労働省の審議会のページ数日後にチェックしたところ、すでに傍聴の申し込みが締め切られていました。残念・・・。こういうレアな情報については常にチェックしていなければダメだということを痛感させられました。日程と時間が合えば必ず審議会は傍聴に行こうと思っています。

今日も年金のことについて書きたいと思います。朝日新聞のWEBサイトで、年金制度に関する知識が浸透してきているという記事が載っていたので、紹介したいと思います。

(Asahi.comより引用)

年金制度に関する知識アップ 社保庁の不祥事続きで

 国民年金の加入者の間で、年金を受け取るのに必要な加入期間など基本的な制度についての理解度が大幅に向上していることが、社会保険庁の05年全国調査でわかった。年金改革や社保庁の不祥事に関する報道を通じて、制度への理解が進んだと同庁は見ている。

 調査は同庁が3年ごとに実施しており、05年11月、年金制度の知識について尋ねる質問票を5万5千人の被保険者に送った。回収率は39.4%。

 「国民年金を受け取るには、保険料の納付期間と全額免除となった期間の合計が25年以上必要」ということを「知っていた」と答えた人は、02年の前回調査より16ポイントアップの76%。国民年金の未納保険料を過去2年分までさかのぼって納付できることを知っていた人は19ポイント増の71%だった。保険料の納付期間が短いと年金の受給額が減ることを知っていた人は、14ポイント増えて89%に達した。

 6項目の質問のうち、前回より理解度が下がったのは「基礎年金の3分の1が国庫負担で賄われている」だけだった。

 年金制度について同庁は、以前はテレビCMでも広報してきたが、年金改革の最中の04年3月、CMに起用した女優が国民年金に未加入だったことが発覚して「未納・未加入問題」が大騒動に。その後は、インターネットやチラシを通じての情報提供を行ってきた。

 今回、理解度の大幅な向上について同庁は、「自分たちで行った広報活動よりも、不祥事や国民年金の未納問題がマスコミで取り上げられた効果の方がずっと大きかった」と分析している。

(引用ここまで)

年金に関する不祥事についてマスコミがたくさん取り上げたからという面もあるでしょうが、国会でも最大のトピックになった直近の年金改正でも多数のマスコミがこの件について多く取り上げていたし、それに伴って多数の書籍・雑誌出版もありましたから、以前と比べたら年金制度に関する知識が浸透するのはある意味必然的なことであったかもしれません。

もっとも、何度も書いていますが一般の人にとって年金制度に関する興味・関心は圧倒的に「いくら受給できるか」ということと、自分自身の、基本的には間違いなく起こる将来(基本的は老後)のことですから、いくら受給できるかを自分で確かめるために自力である程度勉強するようになった、ということも影響しているかもしれません。

残念なのは、「社労士が年金制度に関する知識のアップに貢献した」ということが書かれていないことです。我々社労士もそれぞれの地域で知識の啓蒙に努めればそれが全国的な啓蒙につながるはずですから、一度にかつ爆発的に啓蒙できるマスコミとは比較にならないかもしれませんが、地道に行っていくことで「社労士も年金制度の知識の啓蒙に貢献している」と宣伝されるように頑張ってほしいと思います。当然私も頑張ります。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。