2006年07月01日

社会保険庁職員の大量処分

こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。

昨日から始めたブログ・ホームページの「大手術」は何とか終了しました。とにかく誘導(及びその疑いがあるもの)は全て削除・修正したつもりです。時間を見計らって、またGoogle Adsenseの審査をしてもらおうと思います。

今日は、社会保険庁職員の大量処分の記事が日経新聞に載っていたので、この記事を取り上げようと思います。

(NIKKEI NETより引用)

社保庁、2000人超処分へ・年金不正免除

 国民年金保険料の不正手続きが相次いだことを受け、社会保険庁は2000人を超える職員を対象にした大量処分に踏み切る方針を決めた。業務上のルールを逸脱した事実を重くみて、個々の事情を問わず不正手続きに関与した全職員を一律で処分対象にする。悪質なケースには刑事告発を検討。大規模な人事異動や民間人起用などによる組織改革も急ぐ。

 処分内容は、社保庁の「実態解明チーム」による真相究明作業の結果を待ち、7月中旬にも正式決定する。

(引用ここまで)

国民年金保険料の不正免除申請はほぼ日本全国レベルにまで蔓延してしまったわけですから、これだけの大量処分になってしまうのは仕方がないでしょう。でもこれだけ処分者が出ると、残りわずかとなっている(予定の)「社会保険庁」職員としての士気に影響は出ないものかと考えてしまいます。

もっともその一方で、「何を今更」という批判も出ることは間違いないと思います。当然ながらこの批判に反論できる余地などないわけで、この批判に対して真正面から受け止めなければなりません。

これで「膿」は全部取れたのか、まだまだ出てくるのかはわかりませんが、この大量処分が今後の年金運営などに影響をできるだけ及ぼさないようにしてもらいたいものです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。