2006年06月22日

ケンタッキーも労組結成

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

最近またブログをサボリ気味になってしまっていますが、前回の投稿で小冊子(というよりはミニレポートに近いもの)の執筆に時間を取られてなかなかブログに時間をかけることができませんでしたが、助成金に関するミニレポートがもう少しで完成します。完成した場合は近いうちにホームページやブログでも告知しますので、もうしばらくお待ちください。興味がある方のご連絡をお待ちしています。

今日は、先程飛び込んできたニュースを紹介します。ケンタッキーも労働組合を結成したという記事です。

(YAHOO NEWS-共同通信より引用)

ケンタッキーにも初の労組 マクドナルドに続き

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の店長らが同社で初となる労働組合を結成したことが22日、分かった。外食業界では先月、日本マクドナルドに初の労組ができたばかり。ほかの外食企業にも影響が広がる可能性がある。
 労組は横浜市内の店舗で店長を務める浜口徳之委員長(45)らが立ち上げ、組合員は約20人。今後、正社員約1000人に加入を呼び掛ける。21日に労働条件の向上などを求める要求書を会社側に提出した。
 浜口委員長は「事実上のサービス残業を強いられるなどの問題を会社との話し合いを通じて解決していきたい」と話している。
 これに対しKFCは「真摯(しんし)に要求を受け止め、誠意をもって対応していきたい」としている。

(引用ここまで)

引用記事のようにマクドナルドに労働組合が結成されたことは私のブログでも以前に投稿しております。

マクドナルド、労組結成

私のブログの中で「これを機に各フードサービス業の労働組合の結成が加速するかもしれません。」と結びに書きましたが、いきなりその傾向に進むとは考えてもみませんでした。この傾向はさらに進んでいくのではないかと思われます。

ただし、気になったのは、マクドナルドは正社員だけでなくパート・アルバイトも組合員の対象にしていくのに対して、ケンタッキーは引用記事で見る限りでは正社員のみが対象になっています。フードサービス業は圧倒的にパート・アルバイト労働者が多い業界である以上、正社員のみを対象にするのはこれから発言力を増していこうとする労働組合の姿勢としてはどうかな、と思います。

フードサービス業の労働組合結成化がこれから進んでいくとなると、次はどの業界が新たに労働組合結成に動くかということも非常に気になります。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking



にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 19:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。