2006年05月02日

電話の対応

こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。

昨日は気温30度くらいの暑さでクーラーを入れたと思ったら、今日は朝から雨・・・。この時期は気温の温度差がかなり激しい時期だと思います。中学1年生のときにこの気温の温度差に負けてしまい、肺炎で入院してGWはもちろん潰れ、学校生活も少し出遅れたことを思い出しました。それ以降は特にこの時期の体調の悪化はないですが、注意しなければならない時期でもあると思います。

今日は、昨日かかってきた電話で腹が立った(しかも2件)のでこのことについて書こうと思います。

1件目は、某ネットプロバイダーの売り込みで、売り込みそのものについてはいつもの調子である程度想定の範囲内ではあり、そういうことで腹を立てることはないのですが、この一言で腹が立ちました。

「私の家のお向かいさんの○○様においても〜」

こちらは電話に出たときに「はい、村上です。」と言っているので、間違えることはありえないはずです。それにもかかわらず人の話を聞いていないのか、何の注意も払わず事務的に「上記の言葉」が出たように思ったので、話をさえぎってガチャ切りしました。

2件目は、先物取引の電話でした。異業種交流会で名刺交換をしたことがあり、その翌日に名刺交換に対するお礼の電話があって以来音沙汰がなかったのですが、昨日その名刺交換を行った方ではなく、別の人が電話をかけてきました。電話をかけるのは別に問題はないのですが、会社からの電話であれば普通は「○○会社の○○と申しますが〜」と話し始めるところをいきなり「○○ですが、△△が名刺交換をさせていただき〜」と切り出しました。名刺交換した方のことは記憶にありましたが念のために「どちらの○○様ですか」と質問したところ、「先物取引会社の○○です」と答え、その後に怒涛の営業をかけてきました。いきなりクロージングをかけてくるような電話にさすがに腹が立って、タイミングを見計らって「不要」と言って電話を切りました。

こういう電話の対応を聞くと、私も電話の対応について「気づかぬうちに失礼な態度を取っていないか」ということを省みるきっかけになると思っています。2件目はよくあるケースではありますが、1件目は正直言って非常識だと思います。テレアポする側も「絶対にするな」とは言えないけれど、もうちょっと注意を払って行ってほしいものです。電話の対応一つで印象がガラリと変わってしまうわけですから、私も電話の対応には注意したいと思います。

(追記)

ブログのデザインを気分転換の意味も込めて変更してみました。カスタマイズはこれから徐々に行っていこうと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 11:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。