2006年03月21日

「開業ダッシュの会」 その2

こんにちは、「午後から社労士」です。

今日はお彼岸を済ませた後、ワールドベースボールクラシック・ファイナル(決勝)をずっと見ていました。もう知っている方も多いでしょうが、わが日本が記念すべき第1回目の勝者となりました。王監督をはじめスタッフの皆さん、選手の皆さん、本当におめでとうございました。パシフィック・リーグは今週の土曜日が開幕戦ということで休む間もなくシーズンが始まってしまいますが、この勢いを各チームに持っていってほしいと思います。

話を本題に戻します。今日は「開業ダッシュの会」2日目(19日)の参加報告と感想を書きたいと思います。

2日目の担当講師は社労士の下田直人さんと行政書士の丸山学さんでした。

下田さんは、実はTAC上級本科生(池袋校)の同級生ということでそのときからの知り合いです。しかし実際にまともな話(下田さん、ゴメンナサイ)を聞くのは今回が初めてでしたが、なるほどと思える話を聞くことができました。要約すると「人との縁を大事にすること」を中心に話をされましたが、そのためには「行動してチャンスをもぎ取ることが大事」であることを特に強調されていました。

具体的には社労士の開業講座における大先生といわれている人の講義に感動し、挨拶をした後にその大先生宛にお礼の手紙を書いたところ、最終的には合同事務所の紹介にまでたどり着いたということなのですが、その大先生宛にお礼の手紙を書いたのは数多くの講義を聞いた中でおそらく自分だけということでした。結局行動することで他の人との差がついてしまったわけです。これはいい話を聞いたなと思いました。

丸山さんについては、こちらから説明する必要はないほどの有名な行政書士ですが、今回は士業が常に向き合わなければならないことを話していただきました。つまり、例えば30歳で開業すれば約30年において他の士業と競合しなければならず、かつどうやって勝ち残ることができるかということの話でした。その中で経営戦略で有名なM
.ポーターの「競争の戦略」を例に出したのは以外でしたが、思い出してみると「なるほど」と思わせる内容でした。

やはりポイントは「差別化と特化」ということで、それらができないと価格競争に巻き込まれてしまうということでした。「絶対にこの事務所に依頼したい」と思わせるような経営戦略を立てることが重要だと実感しました。

昨日に続いて「大名刺交換会」が行われたのですが、今考えるとはっきり言って失敗しました。昨日と同じ名刺だったからです。昨日と同じ名刺では結局埋もれてしまうからです。お金をかけなければならないところは何が何でもかけなければならないということをあらためて実感しました。

計2日間で5人の講師の話を聞いたわけですが、講師全員に共通したメッセージは

「行動しないと、結果は出ないし、チャンスも生まれない」

ということでした。「いい話を聞かせてもらった」だけではダメで、そのうち一つでもいいから実行に移さないと結局ずっと「話を聞く側」になってしまうので、やれること、できることを一つずつ実行していくことを、ここに決意します。昨日も書いたように、すでに「あること」を実行しています。

最後に「開業ダッシュの会」主催者の森田さん夫妻、担当講師の方々、参加者の皆様、すばらしい時間をありがとうございました。この縁を無駄にしないように、上記のようにできることを一つ一つ実行していきます。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 17:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。