2006年03月03日

Winnyを介した個人情報漏洩対策

こんばんは、「午後から社労士」です。

今日は、昨日書いたとおり飯田橋まで中小企業福祉事業団の年度更新研修に参加しました。お土産(演習問題)まで頂いて非常にありがたかったですが、2時間という内容では少々詰め込みすぎの感があって、もう1時間くらいは時間を作ってもらってもいいかなと思いました。ちなみに私の隣の席に座っていたのが大江戸勉強会の司会担当・桑原さんでした。不思議な縁を感じました。

今日は何度か書いてきた個人情報漏洩について興味ある記事を日経新聞で見つけたので、紹介したいと思います。

(NIKKEI NETより引用)

トレンドマイクロ、新ウイルス対策ソフトにWinny削除機能

 情報セキュリティー大手のトレンドマイクロは2日、ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」の新版を発表した。最大の強化点は、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を“駆除”する機能を追加した点。ウィニーを削除するウイルス対策ソフトは初めて。

 ウイルスと同じように、ウィニーのプログラムの特徴を定義ファイルに登録しておき、合致するソフトをパソコンから削除する。ファイル名を変更してもパターンから探すため、亜種が登場しても対応しやすい。

(引用ここまで)

最近の個人情報漏洩の傾向として上記のファイル交換ソフト「Winny」を介した情報漏れが多いのが特徴で、しかも本来は社外秘で持ち出してはならないデータ等を持ち出して私用パソコンにデータを移送したところでウイルスに感染して「Winny」を通じて流出してしまうというケースがほとんどです。中にはとんでもないやり方で個人情報を流出させるケースもありますが少数派です。

さすがに「Winny」を介した情報流出が後を絶たないだけにウイルス対策会社も放っておけないと同時にビジネスチャンスとも感じたのでしょう。現在はトレンドマイクロだけのようですが、じきに私の入れているノートンやマカフィーなども追随してくるのでしょう。

もっとも、問題なのは本来持ち出してはならないはずのデータなどをどうして勝手に持ち出してしまうことを(結果的に)見逃してしまうのか、そして「Winny」というある意味危険なソフトを入れているパソコンにそのデータを移動してしまうのかということです。会社で仕事が終わらないためにその残った分を家でやろう、という気持ちなどもあるのでしょうが、あくまでも会社等の個人情報は会社の資産であるということを意識していれば勝手に持ち出すということは考えられないと思います。

会社等もしっかりとしたプライバシーポリシーを作っているわけですから、それをしっかりと運用するように心がけなければならないと思います。こういった問題が続いてしまうと「プライバシーポリシーって、周りが作っているから作っているだけなんじゃないの?」と不信感を持たれてしまいます。

ちなみに私は「Winny」は入れていません。というよりはこのようなニュースを見たり聞いたりすると、怖くて入れられません。今後も入れることはないと思います。

(追記)

投稿が終わったところでヤフーに戻ってみたら、全く同じケースの情報漏れ事件が出ていました。本当に怖いですし、信頼性の全く期待できないソフトを入れるだけで十分なリスクだと実感します。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 21:39| Comment(8) | TrackBack(1) | 個人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。