2006年02月24日

「根拠」のある・ないの違い

こんばんは、「午後から社労士」です。

もう皆さんご存知の通り、荒川静香さんが金メダルを獲得しましたが、ここで注目すべきなのは「逆転で」金メダルを獲得したことです。日本の選手は大多数が先行逃げ切り型で逆転勝ちタイプがあまり見られない傾向があります(あくまでも私の感覚ですが)が、その中で「逆転勝ち」したことは大いに賞賛されていいと思います。もちろん「逆転勝ち」するだけのメンタリティー、そのメンタリティーを確固たるものにするほどの「根拠のある」練習量が備わっていたことを忘れてはならないと思います。

その一方で、民主党の議員がある意味「一発逆転」を狙って証拠として出したメールが確固たる「根拠」が示されないことで大問題となり、結局その議員は休業(最終的には議員辞職?)に追い込まれ、ただでさえ今回の選挙で立場の弱まっている民主党の地位がさらになくなってしまうという惨状になっています。

ということで今日の投稿テーマは「根拠」としますが、上記の例でも明らかなように「根拠」のあるのとないのとでは大きな違いが表われてしまいます。4・5年前の社労士受験時にさかのぼりますが、その時の講師の先生が「問題に解答するときは単に正解・不正解を出すのではダメで、その根拠を明らかにして回答しないと実力は身につかない」と言われたことを思い出しました。私は2回目の受験で合格したのですが、問題を解くときに「根拠」を示して解くことを徹底して行ったことで実力がついたのが2回目の受験でした。

当然ながら実務をする上でも「根拠」というものは必要で、質問された場合に対してしっかりと法律の条文や判例、通達などの「根拠」を調べた上で回答するのと「根拠」のない自分の思い込みで回答するのとではその回答に対する信頼度が全く違うものになるはずです。我々士業は「その道のプロ」であるわけですが、プロだからといって「根拠」を示さずに質問に回答してしまうとプロとしての威信が揺らいでしまう可能性が大いにあるので、「根拠」をしっかり示した上で回答することを常に忘れずにいきたいと思っています。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:27| Comment(4) | TrackBack(1) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。