2006年02月10日

個人情報漏洩保険

こんにちは、「午後から社労士」です。

明日から3日間連続で東京へ行きます。明日は登録している大江戸勉強会への参加、明後日は飯田橋で行われるNPOのフォーラム、明々後日はオンリーワンフォーラムのオフ会へ参加します。一つでも多くビジネスに吸収できるものが見つかるようにしたいと思います。そしてそれぞれの参加報告をブログで更新していきます。

今日も日経新聞の記事の紹介です。個人情報漏洩保険料についての記事です。

(日経新聞より引用)

個人情報漏えい保険、大手損保が2―3割値下げ

 東京海上日動火災保険や三井住友海上火災保険など大手損保が、個人情報漏洩(ろうえい)に関する被害を補償する「個人情報漏洩保険」の保険料を、2004年春から夏にかけての発売当初に比べて20―30%引き下げている。当初の想定よりも保険金の支払いが少なく推移しているためで、損害保険ジャパンは一部業種で最大50%値下げしている。

 個人情報漏洩保険は、企業が顧客情報を漏洩した際に出す謝罪広告や、損害賠償請求などの訴訟費用を補償する保険。05年4月の個人情報保護法の施行に先立ち、損保各社が取り扱いを始めていた。

(引用ここまで)

日経新聞の記事では、企業等からの情報漏洩は相次いでいるものの、被害者から損害賠償を請求されるケースは多くない、と書いていますが、2日前の事件のことを考えると少しは考え直すかもしれませんね。このようなこともおそらくは想定していたとは思いますが、現時点のニーズがなかったであろうことを考えると各損害保険会社は驚愕したと思います。

社労士の損害賠償保険にも個人情報漏洩保険が新たに加わったと思いますが、実際に加入している人はいるのでしょうか?個人情報漏洩もそうですが、あらゆることに対するリスクはなるべく少なくしたほうがいいに決まっているので、今回の事件がきっかけになって保険に加入する人が増えれば各損害保険会社も「額が足りない」ということもなくなると思うし、加入した側も安心できるでしょう。そのときには保険料が発売当初の額に戻っているかもしれませんが・・・。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。